アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

売りが合法の国で子供達に行われるとんでもない闇(マンガで分かる)

f:id:neko7773:20200609150950p:plain


信じるか信じないかはあなた次第

 

 

売りが合法の国で子供たちに行われるとんでもない闇

www.youtube.com

www.afpbb.com

バングラディッシュとは?

バングラデシュ人民共和国(バングラデシュじんみんきょうわこく、ベンガル語: গণপ্রজাতন্ত্রী বাংলাদেশ)、通称バングラデシュは、南アジアにあるイスラム教徒主体の国。イギリス連邦加盟国、通貨はタカ、人口1億5,940万人、首都はダッカ。

 

北と東西の三方はインド、南東部はミャンマーと国境を接する。

南はインド洋に面する。

西側で隣接するインド西ベンガル州、東側で隣接するインドトリプラ州とともにベンガル語圏に属す。

 

1971年にパキスタンから独立。

バングラデシュはベンガル語で「ベンガル人の国」を意味する。都市国家を除くと世界で最も人口密度が高い国で、人口数は世界第7位。

 

ベンガル湾に注ぐ大河ガンジス川を有する。豊富な水資源から米やジュートの生産に適し、かつて「黄金のベンガル」と称された豊かな地域であったが、インフラの未整備や行政の非能率から、現在はアジアの最貧国に属する。

しかし近年は労働力の豊富さ、アジア最低水準の労働コストの低廉さに注目した、多国籍製造業の進出が著しい。

 

経済

ダッカはバングラデシュ経済の中枢で、世界有数のメガシティである。

IMFによると、2013年のバングラデシュのGDPは1,413億ドルであり、一人当たりのGDPは904ドルであり世界平均の1割にも届いていない。

国際連合による基準に基づき、後発開発途上国と位置づけられている。

2011年にアジア開発銀行が公表した資料によると、1日2ドル未満で暮らす貧困層は国民の75%を超える約1億1800万人と推定されている。

 

同国はガンジス川の氾濫により涵養された、世界有数の豊かな土地を誇り、外からの侵略も絶えなかった。

「黄金のベンガル」と言われていた時代もあり、膨大な人口と労働力を持っていることから経済の潜在能力は高いが、洪水などの自然災害の影響で現在では貧困国の一つに数えられる。

我が黄金のベンガルよ - Wikipedia

バングラデシュは内外問わずに援助を受けているにもかかわらず、過剰な人口や政治汚職などによって未だに貧困を脱しきることが出来ないでいる。

バングラデシュの発展を阻害しているものとしては、多発するサイクロンやそれに伴う氾濫などの地理的・気候的要因、能率の悪い国営企業、不適切に運営されている港などインフラの人的要因、第一次産業のみでは賄い切れない増加する労働人口などの人口要因、能率の悪いエネルギー利用法や十分に行き渡っていない電力供給などの資源的要因、加えて政治的な内部争いや汚職などの政治的要因が挙げられる。

しかし近年は後述の通り繊維産業の台頭により2005年~2015年にかけては年平均6.2%と高い経済成長率を記録している。

また膨大な労働人口と安い労働コストが評価され、NEXT11にも数えられている。 

人口

詳細は「バングラデシュの住民(英語版)」を参照

バングラデシュは、シンガポールやバーレーンなどの面積の小さい国を除くと世界で最も人口密度の高い国である。

1平方キロメートルあたりの人口は2012年現在で1173人になり、しばしばインドネシアのジャワ島と比較される。

人口爆発が社会問題となり、政府は1992年より、人口調節を推進して人口の増加を抑えようとしており、一定の成果を上げつつある。

1992年に4.18あった合計特殊出生率は2001年には2.56に、2011年には2.11まで低下している。

 

人口増加率は独立当初3.4%(1975年)だったが、2.02%(1995年)、2.056%(2007年推計)、1.26%(2008/2009年)と急激に減少してきている。

近年は南アジアでも人口増加率は最低水準にある。

 文化

食文化 

食文化としては大量にとれる米を主食としている。

国際連合食糧農業機関の2011年発表の統計によれば、1人あたりの1日の米の消費量は世界一である。

ガンジス川流域や海岸、汽水域などで大量にとれる魚も重要な蛋白源となっている。

 

文学 

演劇や詩作もさかんである。

 

スポーツ

クリケットが最も人気のあるスポーツである。

2011年にクリケット・ワールドカップをインドとスリランカの3カ国共催で開催した。国内のプロリーグはバングラデシュ・プレミアリーグ。

国際クリケット評議会のフルメンバーである。

 

世界遺産

詳細は「バングラデシュの世界遺産」を参照

バングラデシュの世界遺産 - Wikipedia

バングラデシュ国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が2件、自然遺産が1件存在する。

www.bbc.com

バングラデシュ - Wikipedia

アシタノワダイは見つかりましたか?