アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

「家について行ってイイですか?」の出演者がとんでもない事件に巻き込まれてた話(マンガで分かる)アシタノワダイ削除動画

f:id:neko7773:20200609150457p:plain


信じるか信じないかはあなた次第

 「家についていっていいですか?」の出演者がとんでもない事件に巻き込まれた(アシタノワダイ削除動画)

www.youtube.com

www.excite.co.jp

 

「家についていってイイですか?」とは

f:id:neko7773:20200601094504p:plain

ロゴ

テレビ東京で放送されているバラエティ番組

街頭で「家、ついて行ってイイですか?」と番組ディレクターが声をかけ、同意を得られた人の帰宅路に同行し、住居を訪問してインタビューする。

番組出演の可否を確認する過程で『番組スタッフは腕章と身分証を提示しており、金銭を要求する事は無い』と字幕で表示される。

帰宅先が遠距離でも距離を問わず同行する。

同行ビデオの終盤、CM前、エンドロール、にそれぞれビートルズの「レット・イット・ビー」が流される。

本番組のプロデューサー・演出である高橋弘樹は、「ありのままの出演者の人生を番組側が肯定する」という意味からレット・イット・ビーを採用したと述べている。当番組は主にレット・イット・ビー、「悲しくてやりきれない」の2曲のみしか使用されておらず、出演者のありのままを放送するという演出から、一切ナレーションも使用していない。

 

2019年1月1日の3時間半スペシャルでは、番組初の一部生放送を行った。

 

高橋弘樹は、「100年後の研究者が平成という時代を知ろうとしたとき、生活スタイルや生き様、人生観は記録に残らない。柳田国男が当時の農村の生活や風習、思考を脚色無く書いた遠野物語のように、当番組は平成版の遠野物語を目指したい」と述べ、脚色無く描くことに対しては「テラスハウスとは対極にある番組」、「地味で平凡な普通の人の人生譚を見る、リアリティに拘る」とも述べている。

そのため、街を行き交う人々や看板、出演者の家にある私物や画面の映り込みからも時代を感じるよう、ほぼ同行ビデオにはモザイク処理をしない演出である。但し、出演者が若い女性の場合のみ、住居の外観にはモザイク処理がされている。また、男性出演者がフルネームテロップなのに対し、女性出演者は下の名前のみで、主にひらがな表記のテロップで紹介される。

ロケは月に400~500回、1日に10~15人のディレクターが行っている。取材は短い時で1時間、長くて5~6時間、平均2~3時間である。

サブタイトルには「衝撃人生」、「衝撃事件」、「衝撃暴露」、「波乱万丈」などが多く、主に衝撃を受ける同行ビデオが放送される。

番組のコンセプトに合わせて、MC陣がVTRを視聴・撮影する場所もスタジオでは無く、同意を得られた一般人の自宅を使用している。自宅を提供してくれた人もMC陣とのトークに加わっており、番組中盤に入ってからゲストが怪訝な顔をして「この人誰なんですか?」などと尋ね、改めて紹介を行うというくだりが定番となっている。

画面上について行った取材者の特徴や台詞を長々と記載する2行の黄色と赤文字のテロップが特徴であったが、2019年6月頃から通常の番組のような当たり障りのないテロップへ変更、ワイプも上左右2画面だったものから右上1画面へ変更されている。 

家、ついて行ってイイですか? - Wikipedia

 

事件当時の記事

f:id:neko7773:20200603151907j:plain

家、ついていってイイですか?出演場面

五十嵐友理さん・石原信明容疑者の自宅で死亡

f:id:neko7773:20200603151731p:plain

五十嵐友里さん(当時28歳)

去年、東京 渋谷区の住宅で、当時28歳の女性が死亡しているのが見つかり、警視庁が捜査を進めたところ、

一緒にいた69歳の会社役員の男が多量の覚醒剤を女性に摂取させ、死亡させたとして、

 殺人などの疑いで逮捕しました。調べに対し容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、東京 渋谷区神泉町の会社役員、石原信明容疑者(69)です。

f:id:neko7773:20200603152302p:plain

石原信明容疑者(69歳)

 警視庁によりますと、

去年7月22日、石原容疑者の自宅で板橋区に住む五十嵐友理さん(当時28)が死亡しているのが見つかり、一緒にいた石原容疑者が五十嵐さんに多量の覚醒剤を摂取させ、急性覚醒剤中毒で死亡させたとして、殺人などの疑いが持たれています。

 

石原容疑者は、平成28年の冬ごろに会員制の交流クラブを通じて五十嵐さんと知り合ったとみられ、捜査関係者によりますと、五十嵐さんの体からは致死量を超える多量の覚醒剤の成分が検出されたということです。

 

警視庁は、覚醒剤をどのように摂取させたのかや、五十嵐さんが死亡した詳しいいきさつを調べています。

 警視庁の調べに対し「覚醒剤を摂取させたなどということは事実ではない」と供述し、容疑を否認しているということです。

                             出典:NHK NEWS WEB

 パパ活でのトラブル一覧

www.jiji.com

www.news-postseven.com

www.sankei.com

www.asahi.com

 

youtu.be

 

アシタノワダイは見つかりましたか?