アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

アシタノワダイ削除【飯島愛変死の真相、音事協に消された説】を漫画にしてみた(マンガで分かる)

f:id:neko7773:20200609144824p:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

アシタノワダイ削除【飯島愛変死の真相、音事協に消された説】を漫画にしてみた(マンガで分かる)

www.youtube.com

youtu.be

飯島愛 引退 本当の理由は音事協?死の原因とコンクリート事件犯人の真相がやばい | 独女ちゃんねる

元タレント・飯島愛さんが急死 - ウィキニュース

飯島愛

(1972年10月31日[1] - 2008年12月17日〈死亡推定日〉)

日本の元AV女優、タレントである。

本名:大久保 松恵(おおくぼ まつえ)。

本名が「大久保松恵」であることは、2007年4月8日放送分の『ウチくる!?』にて、中山秀征により公表された。

その後、2007年5月2日に自身のブログでも公表していた。

祖父の名前から一字取って名付けられたという。

株式会社Thesis元代表取締役。

東京都江東区出身。瀧野川女子学園高等学校中退。

元ワタナベエンターテインメント所属。

f:id:neko7773:20200604164547j:plain

人物・エピソード

AVデビューを果たして『ギルガメッシュないと』に出演し始めた頃は、当初新人という事もあり、若さを前面に押し出したアイドル的(いわゆるぶりっ子的)な仕草や口調のキャラクターとして振る舞っていたが、その中で徐々に等身大の本音の部分を垣間見せるような芸風を確立していった。

最初はアイドル的にしおらしく振る舞っているが、共演者から無茶なネタ振りをされた時などに「マジ、ヤバい」とギャル的な口調で本音をこぼしてしまう等

AV女優を引退してタレントに転身した後はアイドル的な振る舞いをする事はなくなったが、ギャル的な口調で等身大の本音を語る芸風はその後も継続された。

 

タレント転身後の飯島側は、飯島の元AV女優としてのイメージを払拭しようとする戦略を取っていたらしく、タレントに転身してから2000年に著書『プラトニック・セックス』でカミングアウトを果たすまでの間、飯島の元AV女優としての経歴は芸能界では公然の秘密となっており、飯島本人はもとよりテレビ番組での共演者もその経歴について触れることが一切なかった。

AV女優引退後、出演していたアダルトビデオはほとんどが絶版となったが、依然としてレンタルショップなどでは出演作品が流通し続けている。

更に90年代後半に『お宝ガールズ』『BUBKA』(いずれもコアマガジン)といった、いわゆる「お宝発掘系」の雑誌が相次いで創刊され、その誌面に飯島のAV女優としての経歴が記載されていた為、一般の人間が飯島の元AV女優としての経歴を認識するのは比較的容易なことであった。

2000年に著書『プラトニック・セックス』の中でAV出演の過去をカミングアウトしたことや、飯島が存命中に過去の出演作品が何本かDVD化されて発売されたりしていることから、飯島側が『プラトニック・セックス』でのカミングアウトを境に元AV女優としてのイメージを払拭するという戦略に見切りをつけた事が窺われる。

 

タレント転身以降のテレビ番組への出演の際は、露出の多い服装でボディラインや脚線美を魅せる「お色気担当」として活躍すると同時に、クイズ番組等では珍解答を連発する、いわゆる「おバカタレント」としても活躍した反面、芸能、政治、スポーツなどの各分野で本音や自身の主張を展開した。

 

ゲスト出演から準レギュラーを経てレギュラーになる事が多かった。例としては『スパスパ人間学!』『決定!これが日本のベスト』『ロンドンハーツ』等がある。

飯島愛 - Wikipedia

 

f:id:neko7773:20200604164338j:plain

音事協

一般社団法人日本音楽事業者協会(にほんおんがくじぎょうしゃきょうかい、英: Japan Association of Music Enterprises)は、日本の芸能事務所で構成される業界団体である。略称は、音事協(おんじきょう、英称:JAME)。タレントの引き抜きによる事務所間のトラブルの防止や著作権・肖像権などの権利確立、タレントの雇用環境の等を目的として1963年に創立された、最大規模の業界団体である。

 

音楽関連ではもう1つの業界団体として、日本音楽制作者連盟(音制連)が挙げられる。

音事協は音制連よりもマスメディアへの影響力が強いとされる。

www.jame.or.jp

役員一覧

※2019年7月現在

 

会長 - 堀義貴(ホリプロ)

専務理事 - 中井秀範

常任理事

神林義弘(長良プロダクション)

渡辺ミキ(渡辺プロダクション)

理事

相澤正久(サンミュージックプロダクション)

青木純一郎(芸映)

磯野太(太田プロダクション)

岩崎加允美(パーフィットプロダクション)

尾木敦子(プロダクション尾木)

小野田丈士(ホリ・エージェンシー)

坂内光夫(吉本興業)

関口登(プロジェクトスリー)

高木貴司(プロダクション オーロラ)

瀧藤雅朝(ジャパン・ミュージックエンターテインメント)

千頭啓紀(ボックスコーポレーション)

堀日出記(ビッグワールド)

森本精人(メリーゴーランド)

監事

中道秀夫(ミラクル・バス)

森山幸男(アーティストハウスピラミッド)

筒木勝(税理士法人新日本筒木)

顧問弁護士 - 錦織淳(錦織・新阜法律事務所)

日本音楽事業者協会 - Wikipedia

 

信じるか信じないかはあなた次第