アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【努力ができない人間の末路】中学校でイケてる奴の20年後を漫画にしてみた男編(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20210319164921j:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

 

www.asitanowadai.com

 【努力ができない人間の末路】中学校でイケてる奴の20年後を漫画にしてみた男編(マンガで分かる)@アシタノワダイ

www.youtube.com

就職に失敗した後の選択肢とは?失敗の理由と繰り返さないコツ

記載されている内容は2017年04月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活の悩み・不安

このページでは、「就職に失敗した場合のその後の人生」をテーマにして、就職に失敗してからの人生の選択肢についてまとめています。また、就職に失敗してしまう原因、高学歴の人が就職に失敗する理由なども考察しているので、ぜひ参考にどうぞ。

就職に失敗したらどうなる?就職に失敗した場合のその後と人生

人生において、大きな転機となるイベントや出来事はたくさんありますが、就職は特に大きな出来事の1つとなっています。小・中・高、そして大学と、これまで学校に通って学んできたことを活かして、社会人としてこれから生きていく為の場所を見つける為の就職活動。就職活動を経て内定をもらい、会社に就職することは、学生生活のゴールであり、社会人としてのスタートでもあるのです。 しかし、企業から内定をもらうことは、容易なことではありません。どんなに強く志望している企業であっても、選考で落とされてしまうことはありますし、たくさんの企業に応募しても内定を得ることができないケースもゼロではありません。努力が必ずしも結果に結び付くとは限らないのが、就職活動なのです。 就職に失敗をすると、新卒として企業で働くことができないので、その後の人生にも大きな影響を与える可能性があります。今回は、上記のように就職に失敗した場合に注目して、「就職に失敗した場合のその後の人生」というテーマで、さまざまな情報を考察・ご紹介していきます。

大企業に入ってしまえば、それで安泰?

日本では、多くに就活生が、選考や就職活動の結果に一喜一憂しています。就活の期間中、就活生たちは、まるで就職をする最後のチャンスと言わんばかりに、就職活動に精を出しますが、なぜそこまで新卒への就職にこだわるのか、気になる所です。そこでまずは、就活生たちが就職活動に精を出す理由について、考えていきましょう。 日本では、大企業やのある企業に入社さえできれば、安泰の人生を送れるという考え方が、未だに根付いています。入社後の仕事や業績について考えることも大切なことですが、それ以上に新卒で大企業や企業へ入社することを重要視している人が、多い印象を受けます。「大企業や有名企業に入社さえすれば、後の人生は安泰」という考え方が主流なのです。 上記のような見解から、新卒で大企業や有名企業に就職することができれば安泰ではあるものの、反対に新卒での就職に失敗したり、就職浪人をしたりした場合、その後の人生も決まってしまうと考えている人も、少なくありません。そのような考え方の人にとって、就職の結果とは、人生の天国と地獄を分けるような大きなものなのです。 このような考え方から、「充実した人生を歩むには、就活で大企業から内定を貰わなければ」「何が何でも新卒で就職しなければ」と焦ってしまい、その結果新卒での大企業や有名企業への就職にこだわる人が多いのだと考えられます。

就職に失敗しても、人生終わりではない

日本では、高校や大学を卒業したら、就職して社会人として生活していくという流れが一般的です。その際、就職活動などを経て、企業から内定をもらうことで、晴れて社会人として企業に就職することができるわけですが、就職活動に失敗した場合は、充実した人生を歩めないと考えている方も、多い印象を受けます。 しかし、実際の所は、新卒での就職に失敗しても、さまざまな生き方や選択肢が存在しています。確かに、「新卒」として企業に就職できるのは、高校や大学を卒業した時のみとなりますが、最近では新卒でなくても、社会人として良い待遇で就職できたり、志望企業に入社できたりするケースもたくさんあります。 「新卒での就職に失敗したら、人生終わり」などという見解もありますが、実際はそうではなく、「新卒での就職」という1つの選択肢が減るだけです。新卒での就職に失敗した際に選べる他の選択肢や生き方もたくさんある為、就職に失敗しても努力や考え方次第で、充分輝かしい人生を歩ける可能性はあります。

こんなにある!就職に失敗した際の人生の選択肢

上記で、新卒での就職に失敗したからと言って、その後の人生を充実させることが不可能になるわけではないことをご紹介しました。確かに、就職は人生に大きな影響を与える出来事ですが、1度の就職を失敗したからと言って、それで人生が決まってしまうわけではありません。就職に失敗しても、その後の人生を充実したものにしていく為の方法や選択肢はたくさんあるのです。 そこで続いては、就職に失敗した場合、その後の人生の選択肢として、どのような可能性や生き方があるのか、具体的にご紹介していきます。

就職に失敗した際の人生の選択肢【1】:既卒での就職活動

新卒での就職に失敗したからと言って、就職活動までできなくなるわけではありません。就職に失敗してからも、就職活動は続けることが可能です。 新卒で就職に失敗してしまった場合、就職活動では「新卒」ではなく、「既卒」として扱われるようになります。中には、新卒以外に求人を行っていない企業や、新卒の方が選考が易しい企業も存在するので、確かに新卒での就職活動と比較すると、応募できない企業や我慢せざるを得ない部分はあるでしょう。 しかし、既卒でも募集している企業はたくさんありますし、既卒だからこそ応募できる枠や選考が存在する場合もあります。「既卒では採用されないだろう」「既卒では良い所に就職できない」といった先入観を捨て、どうしても正社員で就職したいのであれば、既卒として就職活動を続けてみるのも、1つの方法です。

就職に失敗した際の人生の選択肢【2】:就職留年

学費がかかることではありますが、就職に失敗した場合、「就職留年」という選択肢も存在します。就職留年の選択肢を選ぶことで、次の就職活動の際、再び「新卒」の枠で就職活動を行うことができるというメリットがあります。 上記では、既卒でも就職活動を続けていけることをご紹介しましたが、やはり新卒ならではの枠や求人情報も存在する為、既卒での就職活動は新卒での就職活動よりも、制限が多い場合もあります。多少学費がかかっても、どうしても入社したい企業の新卒枠に応募をしたかったり、新卒での就職にこだわったりする場合は、就職留年という選択肢も検討してみることをします。

就職に失敗した際の人生の選択肢【3】:中小企業へ就職する

就職活動をする際、大手企業や社名をよく耳にする有名企業の求人情報に応募する人は、やはり多いと考えられます。その為、大手企業や有名企業は倍率が非常に高く、選考に応募しても落ちてしまうことも珍しくはありません。 もし、大手企業や有名企業への選考に落ち、「就職に失敗したから、人生終わりだ」と考えている方がいらっしゃるようなら、それは早計と言えるでしょう。大手企業や有名企業以外にも、日本には優秀な企業や将来有望な会社が、たくさんあります。企業の規模や知名度にこだわらなければ、大手企業や有名企業の選考に落ちて就職に失敗した後でも、新卒としてエントリーしたり選考を受けたりすることも可能です。 ですから、「絶対にこの大手企業に入社したい」「有名企業でないと働きたくない」といった強いこだわりがないのであれば、ターゲットを大手企業・有名企業から中小企業や老舗の企業に変更して、新卒で就職活動を続けるのも、1つの方法と言えるでしょう。

就職に失敗した際の人生の選択肢【4】:フリーター

就職する企業や条件について、どうしてもこだわりがある場合は、アルバイトやパートをしてフリーターとして生活費を稼ぎながら、就職活動を続けるという選択肢もあります。 生きている以上、食費や光熱費はどうしても発生してしまうので、生活費を稼ぐ必要があります。しかし、同時にどうしても就職したい企業や、就職に対するこだわりがある場合、夢や理想を諦めて生活することになります。 そこで、取り敢えずアルバイトやパートでフリーターとして働くことで、生活費を稼ぎつつ、夢や理想の実現の為に就職活動を続けていくというのも、就職に失敗した際の人生の選択肢としては、です。 その際、パートやアルバイトとして働いているうちに、現状に満足したり妥協したりしてしまい、就職活動がおろそかになってしまわないよう、注意する必要があります。

就職に失敗した際の人生の選択肢【5】契約社員・派遣社員から正社員を目指す

収入や生活が安定しやすい正社員を目指している人は多いと考えられますが、もし新卒での就職に失敗してしまったものの、どうしても入社したい企業がある場合は、正社員という形態にこだわる必要はありません。 最近では、契約社員や派遣社員といった働き方もメジャーなものになっており、募集している企業もたくさんあります。志望している企業に、契約社員や派遣社員で入社し、実践経験を積みながら正社員を目指すのも、就職に失敗した後の人生の生き方の1つと言えます。 企業によっては、契約社員や派遣社員の正社員への登用を積極的に行っている所もあります。また、契約社員・派遣社員として業績を残したり活躍したりすることで、正社員として採用されるケースも、ゼロではありません。 ですから、どうしても入社したい企業がある場合、最初は正社員ではなく契約社員や派遣社員として入社して、そこから正社員を目指してみるのも、選択肢の1つなのです。

就職に失敗した際の人生の選択肢【6】:資格の取得

希望している職種や業務で、特殊な資格や知識が必要な場合は、就職に失敗した後の時間を使って、就職に活かせる資格の取得や勉強をしてみるのも、1つの方法です。 やみくもに就職活動を続けても、内定を得ることができる確証はありません。それならば、一旦就職活動を休んだり、就職活動を続けつつ勉強したりして、就職に有利な資格などを取得した方が、最終的には早く内定をもらうことができる可能性もあります。 特に、取得するのが難しい資格であったり、志望している業界において役立つ資格であったりすると、その資格を取得しているだけで、自己PRや強みになる可能性があります。志望業界における自分の市場価値を高めることで、就職活動での自分の評価が上がりやすくなり、内定を得られる可能性が高くなるというわけです。

同じ失敗はしない!就職失敗例

上記では、就職に失敗した場合、その後の人生の選択肢として、どのようなものがあるのかご紹介しました。しかし、そもそもなぜ就職に失敗してしまうのか、原因や理由が気になる所でもあります。 そこで続いては、就職に失敗したケースや例をご紹介していきます。具体的な例やケースを見ていくことで、なぜ就職に失敗してしまうのか、原因や理由について考えていきましょう。

就職失敗例【1】:職種・業種を絞り過ぎる

就職活動をする際、ある程度の希望の職種や業界があるという方がほとんどでしょう。中には、子供の頃からの夢で「どうしてもこの業界で働きたい」といった、強いこだわりを持っている方もいます。働くことに対して、夢や希望、理想を持っていることは良いことですが、夢や理想にあまりにもこだわってしまうと、就職に失敗してしまう可能性があります。 「この業界でないと就職したくない」といった強いこだわりがある方は、こだわりのある業界や職種の企業にしか、応募やエントリーをしません。そうなると、幅広い業界や職種で就職活動をしている方と比較して、エントリー数や選考を受ける企業数は、大幅に少なくなってしまうことがあります。 エントリーする企業や選考を受ける会社が多ければ多い程良いというわけではありませんが、あまりにもエントリー数や選考を受ける数が少ないと、内定をもらえる確率も低くなります。また、第一志望の企業に内定をもらえなかった場合、第二志望・第三志望…と選考を受けるのが一般的ですが、その選択肢が少なくなる為、視野や行動が狭まりがちです。 上記のように、職種や業界を絞り過ぎてしまったり、希望の職種・業種以外の企業の選考を受けなかったりした場合、気付いた頃にはさまざまな企業の選考が終了しており、選考を受けることができる企業がほとんどなくなり、就職に失敗してしまう可能性があります。

就職失敗例【2】:楽観的・プラス思考

就職活動をする上で、全ての物事や結果とあまりにも正面から向き合ってしまうと、精神的にダメージを受けやすいと言われています。もし、面接や選考などに落ちてしまっても、「次の企業があるから大丈夫」「何とかなるだろう」と前向き且つ楽観的に考えることが大切です。 とはいえ、あまりにも楽観的に就職活動をし過ぎるのもまた、考えものです。「落ちても何とかなるだろう」「SPIや面接は、適当でも大丈夫」といった、根拠のない楽観的な思考を持ち続けてしまうと、選考を受けた企業からも就職に対する熱意を疑われ、内定を得られない可能性があります。 また、楽観的に物事を考えていった結果、就職に失敗した際の対応や対処法を考えておらず、後になって慌てることになるケースもあります。 あまりにも真っ正面から向き合い過ぎると、傷付いたり精神的にダメージを受けたりしやすい就職活動ですが、根拠のないプラス思考や楽観的な思考は、就職の失敗に繋がる可能性があるというわけです。

就職失敗例【3】:準備不足

就職活動を楽観視したり、根拠もなくポジティブ思考になったりしているわけでなくても、計画性がなかったり行動を起こすのが遅かったりすると、準備不足となり、就職に失敗してしまうケースもあります。 就職活動では、エントリーシートや面接といった選考がメジャーですが、SPIなどを取り入れている企業もたくさんあります。情報収集を怠ったり、計画性がなかったりすると、SPIに対する対策ができず、準備不足で選考を通過できない可能性も考えられます。 また、たくさんの企業の選考を受ける場合、1社1社の準備に割ける時間が少なくなる為、必然的に準備不足になりがちです。内定の確率を挙げる為にさまざまな企業の選考を受けることにしたものの、それが裏目に出ていずれの企業の選考も広く浅くの準備しかできず、就職に失敗してしまうこともあります。

就職失敗例【4】:ブラック企業へ入社

就職活動のゴールは、企業から内定をもらい、入社することです。しかし、それは同時に社会人としての人生のスタートでもあります。社会人として、充実した人生を送ることが難しい職場や企業に入社してしまった場合、「就職に失敗した」ことになる場合もあります。 新卒での就職にこだわり過ぎたり、内定がもらえないことへの焦りから適当な企業に入社してしまった場合、確かに企業に入社することはできている為、一見すると就職活動に成功しているように思えます。 しかし、実際には所謂「ブラック企業」であった場合、心身共にストレスやダメージを負う可能性がありますし、入社してすぐに転職をする必要が出る可能性もあります。このような場合、企業に就職することはできていても、「就職に成功した」というよりは、「就職に失敗した」ことになる可能性もあるのです。 一般的に、「就職における失敗」というと、どこの企業にも入社することができない状態を連想しがちですが、企業に入社さえすれば、就職に成功しているというわけでもありません。企業から内定をもらい入社したとしても、すぐに転職や休職が必要となるようなブラック企業であった場合も、就職の失敗例の1つと言えるでしょう。

高学歴なのに就職に失敗する理由・原因

就職活動の選考では、人柄や能力などを評価されますが、学歴もまた評価の1つとして、チェックされる可能性があります。その為、有名大学などに通学している所謂「高学歴」の学生は、就職においても有利であると言われています。 しかし、高学歴だからと言って、必ず志望企業に就職できるわけではありません。どんなに良い大学に通っている学生であっても、内定をもらえず、就職に失敗してしまう可能性もあります。 そこで続いては、高学歴でありながら、就職に失敗してしまいやすい人の特徴や理由、原因について考察していきます。

高学歴でも就職に失敗する理由【1】:プライドが高い

高学歴であったり、有名な学校に通ったりしている人全てに言えることではありませんが、中には学歴の高さを誇りに思っており、必要以上にプライドが高い人もいます。そのような人は、「自分の学歴からすれば、これくらいは当然」「自分は他の志望者よりも学歴が高い」などと、学歴の高さにしがみついた言動が目立ちます。 学歴の高さを誇りに思うことは悪いことではありませんが、あまりにもプライドが高いと、他人を見下す姿勢や傲慢な態度になりがち。そのような態度や考え方が言動から滲み出ていると、企業も人間性や人柄に疑問を持ち、内定を得られない可能性があるのです。

高学歴でも就職に失敗する理由【2】:失敗を恐れる

高学歴な方の中でも、これまでスムーズな人生を歩んできた方の中には、失敗を極度に恐れたり、失敗することを避けようとしたりする人が多いと言われています。何事も、失敗するよりは成功した方が良いに決まっているので、失敗やそのリスクを回避しようとすることは、当然ですが、必要以上に失敗を恐れると、言動や考え方が制限されてしまう可能性があります。 失敗を恐れるあまり、面接などで模範的な回答しかできなかったり、失敗しない方法だけを考えてしまったりすると、人柄や性格の面で「面白みがない」と評価されてしまう可能性があります。また、いざという時に強気な行動が取れず、チャンスを逃してしまうケースも。さまざまなシーンで慎重な行動を取り過ぎた結果、いざという時にチャンスをつかめず、就職に失敗してしまうケースもあるのです。

高学歴でも就職に失敗する理由【3】:理想・目標が高い

一般的に、高学歴の人の中には、志望企業に対する理想や目標などが高い人が多いと言われています。せっかく、有名大学に入学したのだから、その学歴をフルに活かせるような職場や職業、企業でないといけないと考える方もおり、学歴に見合った職場や企業を追い求めるあまり、就職のチャンスを逃してしまうことがあるのです。 就職することに、理想や目標を持つことは大切ですが、それらがあまりにも高すぎたり、求めるものが多すぎたりすると、高学歴であっても就職に失敗する可能性があります。

高学歴でも就職に失敗する理由【4】:年収にこだわりを持ちすぎる

上記でもご紹介したように、高学歴の人の中には、企業や職種に対して、高い目標や理想を持つ方も多いと言われています。企業の規模や知名度などと同様に、高学歴の人がこだわりやすいのが、年収です。年収は、社会的にもステータスとなるものですし、年収が高い程豊かな生活を送ることができる可能性が上がるので、学歴に関係なく、年収にこだわる人はたくさんいます。 しかし、高学歴の人の中には、「年収1000万円以上」など、高額年収にこだわる方も多く、年収にこだわり過ぎて就職の機会を逃してしまうケースもあるのです。

高学歴でも就職に失敗する理由【5】:強調性がない

性格や考え方の問題もある為、「高学歴の人=強調性がない」というわけではありませんが、高学歴の人の中には自分に自信を持っている人も多く、「今まで自分のやり方で受験なども成功してきたから、自分の考え方は正しいはず」などといった思考を持ち、他人の意見を聞き入れなかったり、協調性がなかったりする人も存在すると言われています。 就職活動では、個人の能力や人柄も見られますが、他人との協調性やチームワークが重視される場合もあります。時には、集団面接やグループディスカッションなどが選考として取り入れられている場合もあるので、協調性がないと、それらの選考をクリアできないこともあります。

就職における失敗とは何かを明確にすることが大切

ここまで、就職で失敗する理由や原因などを中心に関連情報をご紹介・考察してきました。 しかし、そもそも「就職における失敗」とはどのような状態なのか、定義や意味は人によって異なります。企業から内定を貰えなかった状態を失敗と考える方もいれば、志望企業の選考に落ちた時点で、失敗と考える方もいます。 また、企業から内定を得られたり、志望企業に入社したりしたからと言って、就職に成功しているとは言えない場合もあります。職場や業務内容が自分に合わず、すぐに転職をしたり休職したりすることになれば、その就職は成功しているとは言えない場合もあるのです。 このように、就職における成功・失敗は、個人の価値観や状況によっても、大きく異なります。就職における成功や失敗について考える際は、自分にとって何が成功で、どのようになると失敗なのか、自分なりの価値観や基準を明確にすることが大切です。

就職に失敗しても、いくらでも挽回することができる

いかがでしたでしょうか?今回は、「就職に失敗した場合のその後の人生」をテーマにして、就職に失敗した後の人生の選択肢や、就職に失敗してしまう原因などを、ご紹介・考察しました。 どのような状態を「失敗」とするかは、人によってさまざまですが、どこの企業からも内定をもらえなかったり、志望企業に入社できなかったりした場合、ひどく落ち込む方は多いでしょう。 しかし、就職に失敗しても、挽回する方法はたくさんあります。就職は、確かに人生において大きな出来事ではありますが、長い人生で見れば、1度の就職の失敗は、大したことではないのです。 就職に失敗したら、自分がどうしたいのか、現状ではどうすることが良いのか、冷静に分析して、それに合った選択肢を選び行動に移すようにしましょう。

mayonez.jp