アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【持田孝】通報者を恨んだ犯人が出所後復讐した凶悪事件を漫画にしてみた【JT女性社員逆恨み事件】@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20210520090018j:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

 

www.asitanowadai.com

 【持田孝】通報者を恨んだ犯人が出所後復讐した凶悪事件を漫画にしてみた【JT女性社員逆恨み事件】@アシタノワダイ

 

日本たばこ産業OL逆恨み殺人事件


【事件概要】

  97年4月18日夜、東京・江東区大島の団地内のエレベーターホールで、日本タバコ産業の職員・K子さん(44歳)が殺害されているのが見つかった。
 8日後、船橋市の土木作業員・持田孝(当時54歳)が逮捕される。持田は事件の7年前にK子さんを強姦しており、それを警察に届けられたことを逆恨みしての犯行だった。


持田孝


【被害者の悔しさ・加害者の悔しさ】

 1997年4月18日午後9時半頃、東京・江東区大島の大島6丁目団地1号棟の4階エレベーターホールで、日本タバコ産業の職員・K子さん(44歳)が血まみれで倒れているのが発見された。K子さんは腹部など数ヶ所を刺されており、まもなく死亡した。

 K子さんは午後6時過ぎに渋谷区の同社東京支店を退出した後、渋谷区内で女性問題に関するサークル活動に参加、その後団地に帰宅したところを襲われたらしい。
 現場のエレベーターホールから、団地の内階段、300m離れた新宿線大島駅まで血痕が落ちており、犯人はK子さんともみ合ううちに負傷したと見られた。
 
 26日、船橋市の土木作業員・持田孝(当時54歳)が逮捕された。持田と被害者であるK子さんの間には、お互いに忌まわしい過去があった。

 89年に持田は当時36歳のK子さんを強姦、全治2週間の怪我を負わせていたのである。さらに卑劣なことに、強姦をネタにK子さんに金銭を要求していた。しかし、K子さんが被害を届け出、持田は逮捕され、東京地裁で懲役7年の実刑判決を受けた。
 このことから持田はK子さんを恨み続ける。「警察に言うな」と一方的に約束したが、届けられ捕まったからである。それは筋違いの恨みだった。

 また、持田には76年に女子高生を絞殺、翌年に懲役10年に処せられた前科がある。


【願わぬ再会】

 事件の2ヶ月ほど前、札幌刑務所で服役して出所した持田は特急電車に乗って、まっすぐ東京に向かった。出所2日目には女性宅を探し始め、あらかじめ包丁も購入している。

 4月18日、持田はようやくつきとめた江東区の団地階段の4階と5階の間の踊り場からK子さんの帰りを待っていた。
 午後9時ごろ、帰宅してくるK子さんの姿を確認した持田は急いでエレベーターで1階に降りた。エレベーターが1階に着くと、ドアの前には彼女がいた。持田は降りずに、そのまま2人きりとなった。この時はまだ、K子さんはあの時の強姦犯ということに気づいてはいなかった。

「俺のこと覚えているかい」
 密室の中で持田はそう声をかけた。K子さんはすぐには男の顔を思い出せず、首をかしげていたが、
「7年前のことを覚えているか」
 その言葉に顔は見る見る蒼ざめていった。狭い空間でももみ合いとなり、K子さんは悲鳴をあげながらも、持田の持つ柳刃包丁を一旦は果敢に取り上げている。

 エレベーターが4階に着くと、K子さんは飛び出し、住人に助けを求めた。しかし、どの部屋からも人は出てこなかった。後からわかったことだが、何人かの住人は在宅していて、もちろんK子さんの悲鳴も聞こえてはいたが、あまりに恐怖に満ちていた声だったため、ドアを開ける事ができずにいたという。
 持田はK子さんから包丁を奪い返し、左右の胸や腹部をメッタ刺しにして、またしてもハンドバッグを奪い団地を立ち去った。
 

 持田が逮捕された4月26日、警視庁はこの事件を受けて、再被害を視野に入れた凶悪事件の捜査を全国の警察に指示、再被害の恐れが強いと判断された場合は加害者の出所時期を被害者へ伝える場合もあるとする方針を発表した。


【裁判】

 97年12月4日、東京地裁の被告人質問中の出来事。
 持田は山室恵裁判長の問いに、
「警察に届けないという約束を破ったので、彼女に会って謝ってもらいたかった」
と述べた。
 これに対して、山室裁判長は、
「強姦された女性が警察に届け出たのは当たり前じゃないか!」
と声を荒げた。

 また別の日には弁護人が「被害者側にも落ち度があった」と述べ、傍聴席からは「ふざけるな!」という反発の声があがった。

 99年5月27日、東京地裁・山室裁判長は「筋違いの恨みを抱き、女性を殺害した犯行は、身勝手、理不尽で刑事責任は重い」としながらも、「被告人は人間性の一端が残っており、極刑がやむをえない、とまでは言えない」と持田に無期懲役を言い渡す(求刑は死刑)。検察側は控訴した。

 00年2月28日、東京高裁・仁田陸郎裁判長は「被害を警察に届け出るという当然の行為に対する筋違いの恨みから殺害に至った犯行は理不尽の極みで、動機や計画性、結果、重大性、社会的な影響などを総合的に評価すれば、やむを得ない」と一審を破棄、死刑を言い渡した。
 
 04年10月13日、最高裁・滝井繁男裁判長は「特異な動機による誠に理不尽で身勝手な犯行だ」と上告を棄却。死刑が確定した。


 2008年2月1日、持田の死刑が執行された。65歳。


リンク


≪参考文献≫

恒友出版 「法廷ドキュメント 23の事件と被告たち」 宇野津光緒
社会思想社 「20世紀にっぽん殺人事典」 福田洋 
新潮社 「新潮45 06年10月号」
東京法経学院出版 「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」 事件・犯罪研究会・編

 

yabusaka.moo.jp