アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【PSAS(持続性性換起症候群)】イクイク病になるとどんな生活になるのか?(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20210706113122j:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

 

www.asitanowadai.com

 【PSAS(持続性性換起症候群)】イクイク病になるとどんな生活になるのか?(マンガで分かる)@アシタノワダイ

www.youtube.com

もはや恐怖!1日100回以上もイッちゃう!イクイク病とは!?

彼氏とのセックスでなかなかイケない……というお悩みを抱える女性が多いなか、その逆の「イキすぎ」でしまう病気があるって知ってました?

 

なんて嬉しい病気!と思った方もいると思います。


しかし、この「イキすぎ」尋常じゃないんです!人によっては1日、なん百回もイッってしまうのだとか!!
この以上なぐらい1日に何回もイッしまう病気を「PGAD(持続性性喚起症候群)」通称「イクイク病」といいます。



一見、羨ましいとも思ってしまうこの病気、いったいどんな病気なんでしょうか?
 

「PGAD(持続性性喚起症候群)」とは?

性的興奮がまったくない状況にも関わらず、性的な快感が持続するというもので、
日本では2000年頃から存在を知られるようになり、通称“イクイク病”とも呼ばれている。

 

近年、少しずつPSASの症例が報告されつつあり、この症状が出ると、電車やヘアドライアーの振動、コピー機の音、人によっては携帯やフードプロセッサーの振動でもオーガズムに達してしまうのだとか!!


寝ているとき以外はほぼすべての時間帯にわたってオーガズムの津波に翻弄されてしまうというから、日常生活もままならない状態だとか!

世界に数千人しかいないといわれる珍しい病気ですが、その大半が女性だとか!?




イったことがない女性からは「うらやましい」という声もありますが・・・


実際、この病気になってしまった人はかなり辛い思いをしているんです。
 

自殺者まで!?発症患者の苦悩。

最初に紹介するのは、8歳の頃からこの病気に悩まされている女性。
フロリダ生まれのアマンダ・グライス(22)
日常で流れる音楽(激しい曲など)や騒々しい車の音や電車の振動、さらには携帯電話の着信音にすら反応し強制的にオーガズムを迎えてしまうといいます。1日に50回前後のオーガズムを感じてしまい、多い時には1時間に10回もあるのだとか。

彼女が最初に症状を感じたのはわずか8歳のころ。当時はPSASについて知られておらず、自分自身何が起きたのかわからなかったといいます。オーガズムは授業中であっても襲ってきて、彼女は椅子に座ってひたすら耐えることしかできなかったといいます。

さらにクリスチャンであった彼女は日曜のミサなどで性的思考やマスターベーションは罪であると教えられ、誰にも相談できずただオーガズムに苦しむ日々が続いたのだそうです。

彼女はこう言います。

「幼い時、私の身体に何が起こっているのかまったくわかりませんでした。しかしそれでもその状態を緩和させるにはマスターベーションをする他なく、その度に後ろめたい気持ちになっていたのです」
一日におよそ300回のオルガスムを感じる!という女性も!
持続性性喚起症候群患者のひとり、ミシェル・トンプソンは一日におよそ300回のオルガスムを感じるという。「家事をしているときにオルガスムを感じるなんておかしな話だと思うでしょう。だけど私にとっては、家事の最中に絶頂に達する事は、もはや生活の一部なんです。実際にどこでも絶頂に達します。一見すると愉快な話かもしれませんが、本当に恥ずかしいことなんです。」そして昨年、ミシェルはついに意を決して医師に助けを求め、PSASであると診断されたという。
「今のところ治療方法はありません。でも最近は人前で(オルガスムに達した事を)隠すのは上手くなりました。これまでで一番恥ずかしかった経験は、去年、スーパーマーケットで店員の男性と話しをしていた時のことです。彼と話をしているとき、突然、私は快感を感じ始めたので、彼からそれとなく離れようとしたんです。しかし、彼がなかなか私から離れようとしないんですね。そして結局、彼の目の前でイッてしまいまったんです。その時は彼の顔を見ることが出来ませんでした。」
そして、次に紹介するのは、
この「持続性性喚起症候群」と言う病気に苦しんで自殺という悲しい結末を迎えてしまった女性・・・
モランネンさんは23歳の時から、持続的な性的興奮状態に悩まされるようになった。性的興奮を取り除くことができたのは、数時間にわたる自慰行為だけだったが、数分後には、再び抑えがたい欲望に襲われた。
継続的な症状に対応する為に働くことを辞め、ほとんどの時間を、自室にこもって、バイブレーターと共に過ごすことしかできなくなってしまったという。

 恐らく、16年間にわたって続いた性的興奮状態からくる苦しみが、モランネンさんを自殺に向かわせたと思われる。モランネンさんの遺体は、週末に自宅で発見された。自殺手段については伝えられていない。
この病気は、その症状に羞恥心や嫌悪感を抱き、なかなか人に相談できない為、患者さん一人で症状を抱え込んでしまい。このような悲しい結末を迎えてしまった例もあるのです。


また、稀な症状である為に、広く認知されておらず、医療補助を受けることも困難だといいます。

このモランネンさんも、この病気で働く事も困難なため、2度障害者申請をしたが、2度とも受理されなかったそうです。

せめて、もっと多くの人が、この症状について知っていたら、グレッチェンさんの人生も、少しは違うものになっていたかもしれないと思うと、とっても残念な思いですよね。
日本でも隠れ患者は少なくないといわれていますが、日本での症例は、公式に報道されたケースはほとんどないようです。

おそらく、恥ずかしくて誰にも話すことができないのだと思います。ただ、あるフーゾク系の掲示板にはいくつか書き込みも見られています。
発覚したのは、近くのコンビニまで買い物に出た時、体がビクビクッとはずんで、なんともいえない快感が私を襲いました。その時は「あー、私、たまってんのかなー」ぐらいしか思っていなかったのですが、悲劇は更に続きます。
満員電車に揺られて会社に向かう時も、電車の振動にいちいち体が反応し、何度もイッちゃいました。会社にたどり着く頃にはヘロヘロで、とても仕事どころではありません。同僚に肩を叩かれたり、ポケットに入れておいた携帯が鳴っても、イッてしまい、さすがにこれはまずいなと思い病院に行き発覚。
その衝撃的な病名を告げられ、私は唖然とするしかありませんでした。誰にもできず、しばらく思い悩みました。しかし、普段からポジティブシンキングの持ち主だった私は、「ま、気持ち良いから別にいいか」と、無理矢理自分を納得させました。
しかし、これが大間違い。日常生活にはかなりの“振動”が潜んでいます。さっきも書いた、自転車、電車に携帯。更には、階段、地震、カラオケやクラブの音楽の震動でもイッちゃいます。もう、外を歩くのは恐怖でしかありませんでした。
普通の仕事はしてられないと思った彼女は、その感じやすさを活かしてソープで一稼ぎ狙ったものの、お客さんがつくたび何十回もイッてたら体がもたないと一日だけ働いて速攻やめたそうです。
彼女はポジティブだった事や運命的な彼との出会いもあり、苦しくも向き合う事が出来てるのかもしれませんが、恥ずかしい、恐怖など苦痛を訴えていました。
 

「イクイク病」発症理由は?

 

発症患者数が少なく、性的なことに関係しているため、発症しても相談しにくいことがある病気なだけに、実際の発症患者数や確定した治療法がなく、具体的な理由はまだあきらかではないようです。



ただ、数少ない症例から色々な原因が考えられています。
 

治療方法は?治るの?

この病気、的確の原因が分からないため、明確な治療方法がまだ見つかっていないんです・・・


しかし、最近新たに改善傾向があった研究報告データーがあったそうです!!

 

アメリカテキサス州のフェイゲンバウン神経外科病院などの、研究チームで実施された、仙髄根を圧迫する脊髄膜性嚢胞の治療の研究結果で、持続性性喚起症候群(イクイク病)が軽減されたとする研究報告がありました。



その報告とは・・・
脊髄膜性嚢胞の症状の患者1,045人を対象に、手術に関する大規模な研究を行った際に、持続性性喚起症候群と思われる患者出会い、更に因果関係について研究したようです。検査には疫学データの収集、脊髄膜性嚢胞のタイプや位置、数をMRIを使用して診断したものです。

対象患者の1,045人の内、持続性性喚起症候群と思われる患者はすべて女性、11名の患者が研究報告の対象となりました。

結果の報告は脊髄膜性嚢胞の手術後平均23か月の経過観察中のものです。報告が2015年なので、それよりも2年近くも前から研究されていたのですね
上記の研究結果は出ていますが、今現在もまだ、確実な治治療方法も確定せず、専門的な医療機関を探すことも困難な状態です・・・

私もそうでしたが、「イキまくれるなんてうらやましい」と誤解されてしまうこの病気。

発症してしまった患者さんは、何度も来るオーガズムで痛みをかんじたり、性的快感とつながりが強いことから、どうしても奇異の目で見られたり、日常生活がままならないと、

「辛い」「痛い」「恥ずかしい」など、日々苦しんでいるんです。


本来、イクと言う事は「気持ちいい」「嬉しい」など良いイメージなのにとっても悲しい事ですよね。


もっとこの病気がたくさんの人に知ってもらい理解してあげられたらなって思います。
そして、今まで「恥ずかしい」と、人に相談出来ず悩んでいる方達がその壁をやぶって前にでれるようになる事で、確実な治療法と専門的な医療機関ができる事に繋がるのかもしれません。


また、この病気を知ることで、いままでイケなくて悩んでた人も、
セックスはイケるからいい、イケないからダメ、ではなく、1回のオーガズムの質こそが大切。むやみに絶頂を迎えることよりも、互いに慈しみ合う愛情深いセックスの大切さに気づいて貰えるのではないでしょうか。

girlspolish.jp

アイスクリームやスナック菓子を食べると性的興奮を感じる病気にかかった女性(ガビ・ジョーンズ Gabi Jones)


アイスクリームをはじめとしたスイーツやスナック菓子など、高カロリーな食品を食べると性的興奮に襲われる極めて珍しい病気にかかった女性が、自分の肉体とその「症状」が現れる様子をウェブ上で公開しています。

彼女は自分の体形について悩みを抱えていたのですが、17歳のある日をきっかけに考えを変え、豊満な肉体の美しさを世に知らしめるために活動するようになりました。ファンからはお菓子が差し入れられたり、衣装をリクエストされたりと、一部の愛好家の間でアイドルのような人気を誇っているようです。

 


女性が病気にかかった際のエピソードや、彼女が公開しているウェブサイトの内容は以下から。

アメリカ・コロラド州出身のGabi Jonesさん(25)は持続性性喚起症候群(PSAS)という珍しい病気にかかっています。この病気は自身の性欲と関係なく持続性の高い性的興奮に襲われるというものなのですが、彼女の場合、さらに特殊なことにアイスクリームやピザ、ケーキといった高カロリーな食べ物を食べると性的興奮を覚え、オーガズムに達してしまうそうです。

彼女が最初に食事による性的興奮を覚えたのは10代後半だったといいます。「Wickedy Splits」というアイスクリーム・パーラーでアイスを口に運んだところ、体中がほてって、重力が体の中を通り抜けていくような感覚に陥り、彼女はオーガズムを迎えてしまったそうです。「私は何が起こったかよくわからず、頭が真っ白になりました。目の前に友人がいたのですが、おそらく私がアイスクリームで機嫌を直したように見えていたのではないでしょうか」と彼女は語ります。そしてその時以来、クリームを使ったデザートを食べると常に性的興奮を覚えるようになってしまったということです。


Jonesさんは「私はアイスを食べると絶頂を迎えることに気づいて、すぐにアイスクリームメーカーを買ってきました。そしてそう時間もたたない内に、私はいつでもひざが震えるほどのオーガズムを感じる体になってしまったんです」と、当時のことを思い返しながら語ります。アイスクリームは性的興奮のきっかけとして大きな役割を持っているものの、他の持続性性喚起症候群の患者と同様に、それ以外のちょっとしたきっかけでもオーガズムに襲われてしまうようです。

17歳のころ、医師から遺伝的に太りやすい体質だと伝えられたJonesさんは、それまでコンプレックスに思っていた自分の体形について悩むのをやめました。彼女は当時のことを思い返して、「それまで、自分はとんでもなく太っていると悩み続けていたのですが、ちょっと見方を変えて、私は体が大きくてキレイなんだと思うようにしたんです。こんな私のことを好みだと思う人もいることを知って、私は自分の体形とセクシュアリティを受け入れることができるようになりました」とコメントしています。

自分の体形に誇りを持った彼女は順調に体重を増やしていき、20歳前半にはおよそ123.8kgとなり、さらにこれまでの5年間でほぼ倍に体重は増加し、現在ついに200kgの大台を超え、約219kgとなったそうです。

Jonesさんは自身が置かれた状況を悲観するのではなく、彼女がオーガズムに達する様子を有料で公開する成人向けウェブサイトを開設して収入を得ようと決心しました。すると、全世界から何千人もの会員が集まり、彼らは1ヶ月10ポンド(約1358円)の会費を支払っています。時を選ばず襲ってくる持続性性喚起症候群の症状は日常生活に支障をきたすため、それ自体を生活の糧を得る手段にしたのかもしれません。


公開されているビデオの内容には、Jonesさんがファンからリクエストのあった、シースルーのぴっちりした衣装を身につけ、高カロリーのスナックを食べながらオーガズムに達する様子を記録したものなどがあるそうです。

熱狂的なファンも多く、彼女に食べ物の差し入れをサイト経由で行う人もいるのだとか。中でも彼女が特にうれしいと思う差し入れは、やはりアイスクリームだそうです。

彼女は男性を誘惑するためにサイトを開設したのではなく、自分の体形にコンプレックスを持つ女性を勇気づけるのが本来の目的であるとしています。そのため、彼女は今後ぽっちゃりした女の子が自分自身を受け入れられるようになるためのアドバイスを記したマニュアルを出版することも考えているとのこと。

しかし、彼女の体形を好ましく思う人がいる一方、「そんなに太っていて恥ずかしくないのか、不健康にも程がある」という内容の苦情が数多く寄せられているのも事実だといいます。

Jonesさんはそんな批判に対して、「何であんなに怒る人がいるのか理解できません。確かに私が極端に太っていることは認めます。でも、たばこも吸わないし、ドラッグにも手を出していないし、それにお酒だって飲んでいません。それから、キャンプやハイキングに出かけたりしますし、水泳もよくします。健康な生活を行った上で、私は適切な体形を保っているだけです」と反論しています。

「私は、太っていることは美しく、そして素晴らしいことだと世界が認めるまで、この活動をやめるつもりはありません」と豪語するなど、彼女は自分の美意識とウェブ上での活動に揺るぎない自信を持っているようです。

自分の置かれた状況をすべてポジティブに解釈して前進している姿には勇ましいものがありますが、確かにJonesさんの肉体を見ていると健康状態が心配になってしまうのも無理はないと思ってしまうのも正直なところ。こういう感想が出る限り、彼女は美意識の改革の手を緩めることはなさそうです。

彼女が自分のセクシーな肉体を公開しているサイトは以下のリンクから見ることができます。チャームポイントは「ハートの形をしたおなか」と「ふわふわのバスト」とのことですが、18歳以下閲覧禁止のアダルトコンテンツを含むサイトであり、かつトップページからかなりのインパクトがあるものとなっているので、閲覧には十分注意してください。

GainingGabi - bbw and feeding

gigazine.net

 

【衝撃】実在する奇病!「イクイク病」にかかって苦しんでいる人々3選

奇病

世の中には、私たちが想像もつかないような病気で悩んでいる方々も多くいます。

そこで今回は、実在する奇病「イクイク病」で苦しんでいる人々を紹介します。夢のような話を想像している方は、きっと彼女たちの苦しみを知って愕然とするでしょう。

持続性性喚起症候群(PSAS)

この病気は突発的や持続的な性的興奮を引き起こす病気で、性的なこととは全く関係がない場所でも興奮を感じ、日常生活にも支障をきたします。

この症状自体は命に危険はないものの、精神的に落ち着かない状況で安定した仕事にもつけず、パートナーとの関係を悪化して、自殺してしまう方もいます。

では、実際にこの病気にかかった方を紹介します。

1.グレッチェン・モラネンさん



引用:https://www.youtube.com/watch?v=La2Ajq6Fyro&t=34s

グレッチェン・モラネンさんがPSASを発症したのは、23歳の時でした。

彼女は英語以外にフランス語やドイツ語、スペイン語も堪能だったため、翻訳の仕事を希望していましたが、病気のせいで1日に50回以上も発作が起きるため、一時的な仕事にしかつけなくなりました。

でも‥

引きこもり状態へ

発作が緩和されることはなく、その病気のせいで彼女は仕事もやめて引きこもり状態へ。

そしてついには水をいっぱい飲みに行くことさえできなくなり、体は痛くて心臓は動悸が続き、死に向かっていると感じたそうです。

障害者の申請を受けに行きましたが許可されることはなく、彼氏が支払いをしていました。

その後、グレッチェン・モラネンさんは‥

 

雑誌の取材で多くの寄付



引用:https://www.youtube.com/watch?v=La2Ajq6Fyro&t=34s

グレッチェン・モラネンさんは雑誌の取材に応じて、検査を受けるための資金提供を募った結果、多くの募金が集まりました。

でも彼女は、取材の1週間後に39歳という若さで自ら命を絶ちました。

 

2.アマンダ・グレイスさん



引用:https://www.youtube.com/watch?v=La2Ajq6Fyro&t=34s

アメリカ・フロリダ州に住むアマンダ・グレイスさんは、8歳の頃からこのPSASに苦しめられています。

アマンダさんは電車の振動や携帯の着信音、日常で流れている音楽などほんの些細な刺激でも発作を起こしてしまいます。

多い時には1時間に10回以上。この苦痛を想像できますか?

幼い頃のアマンダさんは‥

耐えるしかない



引用:https://www.youtube.com/watch?v=La2Ajq6Fyro&t=34s

8歳で発症したアマンダさんは、体に何が起きたのかわからず耐えるしかありませんでした。

さらに彼女はクリスチャンであるため、「性的思考は罪」と教わっていて誰にも相談できない日々を過ごしてきました。

それでも‥

家族やパートナーの支え



引用:https://www.youtube.com/watch?v=La2Ajq6Fyro&t=34s

アマンダさんは自分の病気について家族や信頼できるパートナーに告白して、支えられています。

その支えがあるからこそ、他人から「変な人」とみられても気にしないでいられる、と語っていました。

3.サラ・カーメンさん



引用:https://www.youtube.com/watch?v=La2Ajq6Fyro&t=34s

イギリス在住のサラ・カーメンさんは美容師としてサロンに勤務していますが、彼女は多い時で1日に200回もの発作を起こすそうです。

1日中その症状に翻弄され、仕事にも影響を及ぼして苦しんでいます。

相談できる人がいない

サラさんの身近には同じような症状の人はおらず、誰にも相談できずにいるそうです。

この症候群が発見されたのは2001年ですが、その発作の内容から他人には言えないと感じている人が多く、報告されないケースも多いようです。

治療法としては‥

心理療法やカウンセリング

PSASに対する治療方法は不明のままですが、心理療法や人間関係のストレスなどを緩和するカウンセリングが効果をもたらす場合もあるそうです。

実際は、もっと多くの方が苦しんでいるのかもしれません。

ネットの反応

「怖い病気ですね、物事に集中が出来ない、精神的に安まる時間が無い」

「いやいやまともに仕事 できないじゃん。 生きづらいな」

「普通にかわいそう。。。 誤解されそうだし相談しにくいのもわかる」

「こーゆーの見て、冗談ゆってるガキはマジクソだと思う ホントに苦しんでるのに」

というようなコメントが寄せられていました。

今回はPSASについて紹介しましたが、正しい知識が広まって少しでも多くの方が苦しみから解放されることを願います。

 

<参照元サイト>

引用:https://www.youtube.com/watch?v=La2Ajq6Fyro&t=34s

academic-box.be