アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【Cicada3301】CIAがネットで「スパイ募集?」@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20200709185613p:plain


 

 

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

 【Cicada3301】CIAがネットで「スパイ募集?」@アシタノワダイ

youtu.be

news.yahoo.co.jp

 

シケイダ3301

暗号解読者・言語学者を一般から募集するために、3回にわたって一連のパズルなどを投稿した組織に付けられたニックネーム。

 

1回目 2012年1月4日に始まり、約1か月間続いた。(インターネット上でのパズル)

 

2回目 2013年1月4日

 

3回目 2014年1月4日にTwitterへの新たなヒントの投稿が確認された後に始まった。

 

組織の目的は、一連の解読されるべきパズルを提示することによって「高度な知的能力を持った人物」を探すことであった。

 

2015年1月4日には新しいパズルは公開されなかったが、

2016年1月4日に新しいヒントがTwitterに投稿された。

2017年4月、「誤った道に注意せよ。

常に7A35090FからPGP署名を検証せよ」という内容の検証されたPGP署名付きのメッセージが発見された。

このメッセージは2017年4月以前のすべての署名の無いパズルの正当性を明確に否定した。

 

このパズルはデータの機密保護(英語版)、暗号理論、ステガノグラフィーに重点を置いている。

 

「インターネット時代における最も複雑でミステリアスなパズル」と呼ばれる。

 

「インターネットの最も不気味な未解決ミステリーのトップ5」の一つに挙げられる

その役割については様々な憶測が存在している。

 

多くの者がこのパズルはNSA、CIA、MI6、サイバー傭兵グループの人材採用ツール、または「フリーメーソンの陰謀」だと推測している。

また、シケイダ3301は代替現実ゲームであるという意見もある。

 

しかしながら手柄のために名乗り出たり、収益化を試みた団体や個人は存在しない。

 

目的

表明されているパズルの目的は「高度な知的能力を持つ人物」を募ることであるが、最終的な目的は謎。

 

シケイダ3301は暗号理論、プライバシー、匿名性の向上を目標に掲げる秘密結社であるという意見もある。

 

ある者は、シケイダ3301はカルトや宗教団体であると主張。

 

2012年のパズルを解読した数名の発言によると、3301は普段はパズルを使わない募集方法をしているが、暗号理論とコンピュータセキュリティのスキルを持つ人物を探していたため、セミ(シケイダ)のパズルを作成したと言われている。

 

解読

正体不明の人物がパズル解読の全行程を完了したと告げるたが、組織による検証がなされることはなく、申告した人物は情報提供に協力的ではなかった。

最初の2012年のパズルはマーカス・ワーナーによって解読されたと言われている。

彼によると、パズルを解読した者は情報公開、オンラインでのプライバシーと自由、検閲の排除への支持について質問された。

 

この段階で組織の満足のいく回答をした者はプライベート・フォーラムに招待され、グループの理念を深める為のプロジェクトを考案し完遂するよう指示を受けた。

 

彼は一般的な暗号解読法を用いたが仕事を終えることができず、そのウェブサイトは削除された。

 

どんな組織なのか?

違法行為の疑惑

チリのロス・アンデス県当局は、シケイダ3301は違法行為に関わる「ハッカー集団」であると主張している。

 

シケイダ3301はこの主張に対しPGP署名付きの声明を出し、違法行為への関与を否定した。

 

2015年7月、自らを「3301」と称するグループが、全米家族計画連盟をハッキングしたという声明を出したが、このグループとシケイダ3301は無関係と思われる。

 

後にシケイダ3301は「このグループとは全く関係が無く、彼らが私たちの名前、数字、シンボルを使用したことを許容しない」という内容のPGP署名付きの声明を出した。

その後このハッカー集団は、シケイダ3301とは無関係であることを正式に発表した。

 

カルトであるとの主張

このグループが悪評を得て世間の注目を集めると、シケイダ3301の一連のパズルは人々をオカルト主義に導くもの、あるいはカルトへの勧誘だと主張する声が高まった。

 

キリスト教右派の家族研究委員会(英語版)の上位研究員であるティム・デイリーはシケイダ3301の教えを分析し、「得体の知れないシケイダ3301は、ブラヴァツキー・クロウリー風のオカルトのダークウェブへと参加者を容赦なく引きずり込むようである。

 

その魔力の中心には究極の意義があるように思えるが、それは独り占いによる偽りの約束である。」と述べた[16][25]。また、シケイダ3301のパズルは西洋秘教伝統(英語版)や秘教学校(英語版)における悟りの旅が現代的かつ技術的になったものであるという意見もある。