アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

(実話)全身脱毛症の現役アイドルを漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20200629173053p:plain

 

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

(実話)髪の毛がどんどん抜けていく現役アイドルを漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

youtu.be

 

髪の毛がどんどん抜けていく…“全身脱毛症”を告白したアイドルが明かす恐怖と苦悩

 

 

アイドルグループ【エレクトリックリボン】 pippi(ぴっぴさん)公式ブログ

lineblog.me

 

全身脱毛症=円形脱毛症(汎発型)に突然なってしまったアイドル

「ぴっぴさん」

少なくなる髪の毛に恐怖を覚えるが、上記ブログで告白

 

同じ病で悩んでいる方たちに勇気を与え続けている

 

まだ、確実に完治できる治療方法は確立されていない全身脱毛症 

しかし、下記に記載のある治療方法

ステロイド剤などで症状が改善する場合もある

 

円形脱毛症

頭に十円玉大の脱毛部分が出来る自己免疫病の1つである。

一般的に男性型脱毛症とは原因が違うため区別される事が多い。

俗に十円ハゲ(じゅうえんハゲ)、台湾ハゲ(タイワンハゲ)ともいわれる。

平安時代には鬼が舐めたあとと考えられ、鬼舐頭(きしとう)といわれた。

 

有病率は米国で0.1-0.2%ほどで、生涯有病率は1.7%ほど、男女差はなく、どの年齢でも罹患しうる。

 

主な治療は、ステロイドによる対症療法である。

 

 

種類

円形脱毛症にはいくつかのグループがある。

脱毛が進行中の箇所の毛は簡単に抜けたり、抜けた毛の毛先が尖っていたり切れ毛になっている事が多い。

また、円形脱毛症患者には頭髪や体毛だけではなく、爪に横筋や小さな凹みが無数に出来たり、爪自体が歪んだりする症例が見られることがある。

これは爪と毛が構造的に非常に類似しているからである。

 

単発型

円形脱毛症としては最もポピュラーな初期症状で、何の前触れもなく頭髪に丸い脱毛部分が出来る。大きさはさまざまだが十円玉サイズで発見されることが多い。

脱毛する前兆としてかゆみや大量のフケなどが生じる場合もある。

60%は自然治癒するが、下記の症状に移行するケースもある。

 

多発型

円形の脱毛班が2箇所以上になる症例。

単発型から症状が進んだ症例で脱毛部分同士が結合して大きな脱毛面積になる。

この段階から髪の毛に限らず全身のあちこちに出来ることもある。

 

多発融合型

びまん性

頭髪全体で平均的に多数の毛が抜ける症状。

難治性の一種で、全頭型や汎発型に移行するケースが多い。

 

蛇行性

蛇のように細長く脱毛する症状。

後頭部や側頭部の毛の生え際にかけて不整型に脱毛する。

主に小児にみられる症状である。

 

全頭型

多発型から症例が進んだもので、脱毛部分同士がいくつも重なり合って髪の毛のみ全て抜け落ちる。

近年、女性で急激に全頭性に脱毛し、頭部にかゆみが伴い、無治療で短期間に自然治癒するAcute diffuse and total alopecia of the female scalpという特殊なタイプも報告されている。

 

汎発型(全身脱毛症と呼ばれることもある)

ひげ・すね毛・陰毛など、身体のあらゆる体毛が抜けおちる症状。

単発型からみるとかけ離れた症状であるが、いくつもの脱毛部分が重なって全身に及んでいることから紛れもない円形脱毛症である。

治療の予後が悪いのもこのタイプである。悪性円形脱毛症や全身脱毛症(全脱)とも呼ばれる。

 

原因

本来、体の防御機能であるCD8陽性Tリンパ球が毛根部分の自己抗原(おそらくメラニン関連の蛋白)に誤って攻撃してしまういわゆる自己免疫反応によって引き起こされる自己免疫疾患である。

CD4陽性T細胞はCD8陽性細胞とともに自己抗原への反応を助ける働きをしている。組織学的には毛包周囲にswarm of bees(蜂の巣)といわれるリンパ球浸潤が見られる。

自己免疫反応の結果、脱毛部分の毛根組織は萎縮し障害されるが、リンパ球反応が消失すれば元通りの毛が再生される。

これらの反応にはHLA-DQB1 03など遺伝的背景があるとされる。

立毛筋付着部位にバルジ領域といわれる幹細胞がある。

この幹細胞から毛の組織のすべてが作られる。

円形脱毛症ではこの幹細胞は障害されないため永久脱毛になることはない。

 

なぜリンパ球が誤反応するのかは判っていないが、古くは精神的ストレスによって発症すると言われていた病気であることなどから体内でなんらかの影響を受けている可能性が高い。

しかし、ストレスを感じるとは考えにくい生まれたばかりの幼児などにも発症していることから、現在では精神的ストレスは誘因の1つではあっても主原因は体内のアレルギーが合併するなどによって自己免疫異常が引き起こされているのではないかと考えられるようになってきている。

また肉体的ストレス、ウイルス感染なども誘因の一つである。

 

また、体内に他のアレルギー症状がある場合、例えば花粉症では花粉シーズンには花粉症が酷くなる一方で円形脱毛症が治癒したりするなどアレルギー同士が相互に関与していると思わせる症例も多く見られる。

 

アレルギー性

円形脱毛症全体の8割を占めるタイプで、他のアレルギー疾患 (アトピー性皮膚炎や喘息など)と円形脱毛症との合併には統計的有意差があると言われており、これらのアレルギー疾患が円形脱毛症と深く関わっていると推測されている。

このタイプは発症が単発型でも次第に症例が重くなる傾向があり完治が難しいとされている。

 

非アレルギー性

アレルギーを持っていない患者の場合、ストレスなどによって自己免疫異常が一時的に発生して脱毛に至るのではないかとされている。

アレルギーを持つ場合でもストレスが引き金となり発症してアレルギーによって重症化する可能性も考えられている。

ストレスが原因の場合はストレスやプレッシャーがなくなれば治癒するため短期(6ヶ月程度以内)で完治することが多い。

 

下記参照

ja.wikipedia.org