アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【包茎治療】メンズクリニックの闇を漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20210213123021j:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

 

www.asitanowadai.com

 

【包茎治療】メンズクリニックの闇を漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

www.youtube.com

 

包茎男性287人にアンケート!包茎手術に関する意識調査

包茎手術に関する総合情報メディア「包茎ラボ(https://houkeishujutsu-hikaku.com/)」では、18歳以上の包茎男性287人に対し、包茎手術に対する意識調査をアンケートしました。

 

日本人男性の7割は包茎だと言われています。テレビCM等で「包茎手術」の存在を知っている人は多いでしょうが、「具体的にどんな手術をするのか」など、その実態を理解している人はどの位いるのでしょうか?

また、包茎手術は「費用トラブル」「手術失敗による後遺障害」など、国民生活センターに苦情や相談が寄せられることもあります。

そういったトラブルが発生してしまう原因として、一般消費者が包茎手術の実情を十分理解していないことが考えられます。

そこで包茎ラボでは、包茎で悩む男性に役立つ情報発信を行うため、包茎の男性287人に対して包茎手術に関する意識調査アンケートを実施しました。

 

アンケートの概要

 

■調査目的

包茎手術に対する意識調査を行い、有意義な情報発信に役立てるため

■回答者

日本国内に在住しており、18歳以上の包茎男性287人

■回答者の年齢分布

・10代 5人(1.7%)

・20代 64人(22.3%)

・30代 120人(41.8%)

・40代 72人(25.1%)

・50代 20人(7.0%)

・60歳以上 6人(2.1%)

■調査方法

選択式のWEBアンケート(ランサーズ・クラウドワークス)

■有効回答数

287名(回答数100%)

■アンケート実施期間

2018年8月30日~2018年9月10日

■質問内容

1.年齢を教えてください

2.あなたの包茎の種類を教えてください

3.包茎手術を受けたことがありますか?

4.包茎手術がどんな手術か(どのようにして包茎を治すか)知っていますか?

5.包茎手術を受けるとしたら、費用はいくらまで出せますか?

6.真性包茎の手術には保険が適用されることを知っていましたか?

7.包茎手術を受けるとしたら重視したい点を教えてください(複数選択可)

8.包茎手術を受けるとして、一番心配に感じるものはどれですか?

9.亀頭増大など、ペニスのサイズアップに興味はありますか?

 

アンケート結果

 

1.あなたの包茎の種類を教えてください

・仮性包茎 261人(90.9%)

・真性包茎 17人(5.9%)

・カントン包茎 9人(3.1%)

 

包茎男性の9割以上が「仮性包茎」という結果となりました。仮性包茎は自分で包皮を剥いて清潔な状態を維持することが出来ます。

しかし、残り2つの「真性包茎」「カントン包茎」は健康リスクがあるため、速やかに手術を受けることを望まれます。

 

2.包茎手術を受けたことがありますか?

・ない 251人(87.5%)

・ないが検討したことがある、検討中 27人(9.4%)

・ある 9人(3.1%)

 

アンケート対象者が「包茎の男性」なので、「ない」と答える人が多い結果となることは想定していました。この質問の意図は「ないが検討したことがある、または検討中」と回答する人がどのくらいいるのか?という点です。

結果、約1割の人が「包茎手術を検討したことがある、または検討中である」という結果になりました。

気になったのが、真性包茎と回答した17人中、「包茎手術を検討したことがある、または検討中である」と回答した人が一人だけだったという点です。

包茎は見た目の羞恥ばかりが話題になりがちですが、真性包茎は恥垢や雑菌によって病気のリスクがある症状です。「見た目」以外の問題点についても多くの人が理解する必要があると感じました。

 

3.包茎手術がどんな手術か(どのようにして包茎を治すか)知っていますか?

・なんとなく知っている 162人(56.4%)

・知らない 79人(27.5%)

・知っている 46人(16.0%)

 

「知っている」と回答した人がとても少ない結果となりました。

包茎の治療法には複数の術式があり、費用も仕上がりも異なります。もしそういったことを知らず、クリニックに言われるがまま手術をしてしまえば、高額な手術費用を請求される可能性もあります。

手術を受ける際にはそれぞれの治療法のメリットとデメリットを理解し、複数のクリニックに相談することを強くおすすめします。

 

4.包茎手術を受けるとしたら、費用はいくらまで出せますか?

・5万円未満 168人(58.5%)

・10万円未満 103人(35.9%)

・30万円未満 11人(3.8%)

・50万円未満 4人(1.4%)

・100万円未満 1人(0.3%)

 

回答者全員が包茎手術に積極的ということもありますが、包茎の手術にお金をかける価値を感じていない人が多いという印象です。

包茎手術のトラブルで多いのが、「高額な請求をされた」という料金トラブルです。

「5万円未満、10万円未満」と回答した人が9割以上の結果となりましたが、その費用感で手術を受ければ高額な請求をされたと感じても無理はありません。

また、美容医療クリニックでの包茎手術は保険が適用されない自由診療です。クリニックによって費用はバラバラです。

適正価格で手術を受ける為にも複数のクリニックで見積もりをとって費用比較をし、不要と感じたオプション治療はハッキリと断ることが大切です。

 

5.真性包茎の手術には保険が適用されることを知っていましたか?

・知らなかった 237(82.6%)

・知っていた 50人(17.4%)

 

圧倒的に「知らなかった」人が多いという結果になりました。

健康のリスクがある真性包茎とカントン包茎は、泌尿器科病院であれば保険適用で手術を受けることが出来ます(一部の病院では対応していない場合もあります)。

保険が適用された場合の費用ですが、診察料や薬の処方料等を含めて約4万円程度です。ただし、手術跡の見た目への配慮は基本的にありませんので注意が必要です。

仮性包茎の方は美容医療クリニックで手術が受けられます。しかし、美容医療クリニックでは保険が適用されず全額自己負担となります。その分、手術跡が目立たないようにいった審美性に配慮した手術を行ってくれます。

 

6.包茎手術を受けるとしたら重視したい点を教えてください(複数選択可)

・手術費用 206

・医師の技術や実績 184

・手術跡の仕上がりの綺麗さ 171

・痛みや麻酔への配慮 149

・クリニック(病院)の口コミや評判 84

・クリニック(病院)の知名度 38

・医師やスタッフがすべて男性であること 33

・クリニック(病院)の立地 17

 

この質問は複数選択可能の質問です。手術費用を一番気にする人が多い一方で、「医師の技術や実績」「手術跡の仕上がりの綺麗さ」「痛みや麻酔への配慮」を挙げる人が多いという結果になりました。

一生に一度の手術ですから、後悔しないためにも技術が高く実績豊富な医師に手術をしてもらいたいですが、どのように見つければよいのでしょか?

大切なのは、包茎手術を専門に行っているクリニックで手術を受けることです。そして、クリニックの知名度ではなく、実際に執刀する医師にどのくらいの実績があるのかを見極めるようにしましょう。

 

7.包茎手術を受けるとして、一番心配に感じるものはどれですか?

・手術中や手術後の痛み 81人(28.2%)

・手術の傷跡が残らないか 78人(27.2%)

・高額な手術費用を請求されないか 69人(24.0%)

・手術後の日常生活の制限 33人(11.5%)

・手術したことが他人にバレないか 26人(9.1%)

 

「手術中や手術後の痛み」を心配している人が多いようです。敏感な部分の包皮を切除するのですから、不安を感じて当然です。

しかし、手術中は麻酔を使いますので無痛です。痛みのピークは手術後、麻酔が切れてからです。しかし、徐々に痛みは緩和され、3日後には痛みを感じることはほとんどないでしょう。

 

8.亀頭増大など、ペニスのサイズアップに興味はありますか?

・ない 164人(57.1%)

・ある 123人(42.9%)

 

予想していたよりも「ある」と回答した人多いという印象です。包茎よりもペニスのサイズにコンプレックスを頂いている人が多いように感じました。

しかし、亀頭増大の手術を受けた人が「亀頭が壊死した」と主張し、クリニックと争うケースもありました。因果関係は不明ですが、亀頭増大をする際にはリスクについても十分理解したうけで手術を受けましょう。

 

---------------------------------------------------------------------------------

包茎男性287人にアンケート!包茎手術に関する意識調査

https://houkeishujutsu-hikaku.com/houkei-questionnaire

 

※包茎ラボについて

包茎手術を行っているクリニックの料金やサービスを比較し、自分にあったクリニックが見つけられる他、包茎に関する様々なお役立ち情報を提供している情報メディアです。

https://houkeishujutsu-hikaku.com/

www.value-press.com

 

美容医療サービスにみる包茎手術の問題点

PIO-NET(パイオネット:全国消費生活情報ネットワークシステム)(注1)には美容医療サービス(注2)に関する相談が寄せられており、そのなかには施術によって危害(注3)を受けたという相談も寄せられています。2012年6月に国民生活センターでは消費者トラブルの未然防止のために注意喚起を行いましたが、件数は依然として多いままとなっています。

 美容医療サービスには女性からの相談が多くみられますが、他方、過去5年度分の契約当事者男性の相談件数2,131件をみると、包茎手術(注4)に関する相談が1,092件と半数以上を占めており、大きな減少はみられません(2016年5月27日までの登録分)。危害事例には手術後の痛みがひどい、機能障害など後遺症が生じたという相談もみられるほか、学術雑誌には、包茎手術を受けた後、縫合不全で尿道欠損し、尿道再建した症例も紹介されています。

 さらに高額な自由診療や、即日施術を強く迫られたケースのほか、不要と思われる手術を受けたケースや、保険診療だと思って受けたものもみられます。

 また、国民生活センター紛争解決委員会が解決を図り、結果の概要を公表した包茎手術に関する紛争が15件あるほか(2009年4月~2016年4月末)、東京地方裁判所で消費者契約法による契約の取消しを認めた判決(2009年6月)などがあります。

 そこで、包茎手術に関する情報を提供し、消費者に注意をよびかけます。

  • (注1)PIO-NET(パイオネット:全国消費生活情報ネットワークシステム)とは国民生活センターと全国の消費生活センター等をオンラインネットワークで結び、消費生活に関する相談情報を蓄積しているデータベースのこと。
  • (注2)PIO-NETに「医療サービス」として分類登録されているもののうち、「美容」に関連する医療サービスで、医療脱毛、脂肪吸引、二重まぶた手術、包茎手術、審美歯科、植毛などに関して相談があったものを美容医療サービスとした。
  • (注3)PIO-NETにおける危害とは、商品・役務・設備に関連して、身体にけが、病気等の疾病(危害)を受けた相談を指す。
  • (注4)本報告において「包茎手術」とよぶ手術には、包茎手術の際に男性器増大もしくは長茎手術を併せて受けたものを含む。

PIO-NETにみる包茎手術に関する相談概要

  • 契約当事者の年代別にみると20歳代が特に多く、包茎手術に関する相談1,092件のうち646件と全体の約6割を占めていました(図)。
  • 危害については、痛み、腫れなどが多くみられましたが、施術部分が裂けた、出血が続く、大量に出血した、組織の壊死(えし)という症状のほか、勃起障害や、射精障害などの性機能障害、排尿障害などの機能的な問題を生じているケースもみられました。
  • 病院に行く際に心づもりしていた費用額は、5万円超~10万円以下が最も多く、実際の契約購入金額は50万円超~100万円以下が最多でした。

図 男性の美容医療サービスに関する契約当事者年代別相談件数(n=2,055※無回答を除く)
10歳代、20歳代、30歳代、40歳代、50歳代、60歳代、70歳以上の男性の年代別相談件数のグラフ。グラフに続いてテキストによる詳細。

10歳代の相談件数は102件でそのうち包茎手術に関する相談は63件、20歳代の相談件数は938件でそのうち包茎手術に関する相談は646件、30歳代の相談件数は545件でそのうち包茎手術に関する相談は240件、 40歳代の相談件数は224件でそのうち包茎手術に関する相談は59件、50歳代の相談件数は99件でそのうち包茎手術に関する相談は14件、60歳代の相談件数は86件でそのうち包茎手術に関する相談は24件、70歳以上の相談件数は61件でそのうち包茎手術に関する相談は18件です。

主な相談事例

【事例1】
 広告では、7万円~10万円とのことだった。クリニックで10万円くらいの手術を受けたい旨を伝えたところ、安い手術だと汚い仕上がりになると言われ、高い手術方法を勧められ総額約80万円の契約で、即日手術となった。2週間経つが術後の傷口がぱっくり割れてしまい、また、引きつれ感があり、陰茎部分が何も感じなくなってしまった。
【事例2】
 ネット広告を見て出向いた。医師とは思えない男性から説明を受け、手術台に上がらされ、医師から手術費用が65万円と言われた。また、「ヒアルロン酸を注射しないと包茎に戻る。15万円のものは一生残る」と言われ、約200万円の契約となった。痛みが引かず、泌尿器科を受診したら、一部が壊死していると言われた。

消費者に対するアンケート調査

  • 手術を受けた理由は衛生上の問題を意識した人が多くいましたが、包茎の状態により違いがみられました。
  • ネット上にある情報や雑誌の広告をきっかけに受けようと思った人が多くいました。
  • 手術を受けた人の約4割が施術後に何らかの不安・不満、不具合を感じていました。
  • 即日契約が多く、手術費用が100万円を超えるものもみられました。

国民生活センター紛争解決委員会における包茎手術に関する紛争について

 国民生活センター紛争解決委員会が解決を図り、結果の概要を公表した包茎手術に関する紛争は15件あり、これらでは以下の論点があげられました。

  • 事実と異なる説明があったために手術を受けたのではないのか
  • ホームページの記載や勧誘方法について問題はなかったのか
  • 説明を十分に受けた後に、施術を受けたのか

医師からのアドバイス

  • 仮性包茎では、多くの場合、清潔にしていれば問題はありません。
  • すぐに施術が必要なのは、カントン包茎で狭窄(きょうさく)部が戻らず疼痛(とうつう)や青く変色した場合以外ありません。
  • 緊急性のない施術に対し、医療機関を受診したその日に施術を受けるのはやめ、医者の説明、内容、金額に納得できたかを検討しましょう。
  • ヒアルロン酸など身体に吸収されるものの注入は、吸収されれば効果もなくなります。吸収されないものでは後遺症をもたらすリスクが高くなり、注入時に血管に入れば塞栓(そくせん)症を起こすことも考えられます。このようなトッピング治療は全く必要のないものです。

問題点

  • 即日契約・即日施術の事例が多くみられます。
  • 効果や必要性の説明を十分に受けていない施術が追加されていることがあります。
  • 施術後に痛みが残る、化膿した、感覚障害が生じるようになったなどの事例がみられます。
  • 医療機関ホームページガイドラインによりホームページに掲載すべきでない事項にあたると思われる表現がみられます。

消費者へのアドバイス

  • 効果だけでなく、リスクについてもしっかり説明を受け、理解して納得できるまで契約しないようにしましょう。不要な施術は断り、即日施術は慎重に。
  • ホームページや広告の情報を鵜呑み(うのみ)にせず、情報を集めましょう。
  • トラブルにあった場合は、一人で悩まず、早めに消費生活センター(局番なしの188(いやや))へ。

事業者への要望

  • インフォームド・コンセントの充実を要望します。
  • 不安を駆り立てて契約を急がせたり、不要な施術の契約をさせたり、必要ない即日施術は慎むよう求めます。
  • 広告やホームページへの掲載内容の適正化を要望します。

行政への要望

  • 十分なインフォームド・コンセントがなされるよう医療機関への指導を要望します。
  • 医療機関ホームページガイドラインの実効性が確保され、適正に情報提供がされるよう、指導を要望します。

要望先

  • 厚生労働省 医政局 総務課(法人番号6000012070001)
  • 公益社団法人日本美容医療協会(法人番号4010005016755)
  • 一般社団法人日本美容外科学会(JSAPS)(法人番号1010005013078)
  • 一般社団法人日本美容外科学会(JSAS)(法人番号7010005019920)

情報提供先

  • 消費者庁 消費者安全課(法人番号5000012010024)
  • 内閣府 消費者委員会事務局(法人番号2000012010019)

本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

www.kokusen.go.jp