アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

(漫画)絶対にかけてはいけない電話番号について漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20201201094732j:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

 

www.asitanowadai.com

 

(漫画)絶対にかけてはいけない電話番号について漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

www.youtube.com

 

中国からの電話|不審な国際詐欺に注意!対策方法5点

あなたの携帯電話に、中国から謎の国際電話の着信があったことはありませんか?

基本的には無視して欲しいのですが、うっかりかけなおしたら詐欺だった! なんてこともしばしば。どこから自分の電話番号が漏れてしまったのか気持ち悪いし、留守番電話を聞いてみたら謎な中国語が流れていた! なんてことも。

私は基本、留守電設定にしているのですが、これまで何度か中国語の留守電が残っていて「なになに!」となったことがあります。今回はそんな迷惑な国際回線からの不審な電話について解説していきます。

目次

知らない電話番号には出ない!&折り返さない!

最近では、知らない番号は出ないというのが一般的になってきたので、あまり出る人もいないかもしれませんが、基本的には知らない番号からかかってきたものは「出ない」ようにしましょう。もちろん折り返しも必要ありません。

もし本当にあなたと連絡を取りたいなら、LINEやメールにその人から一報がくるだろうし、留守番電話を設定していれば、そこに何かしらのメッセージを残しているはずです。もし高齢の両親で「詐欺にかからないか心配」ということであれば、予め家族でルールを決めておくのがよいでしょう。家の電話にかかってくる「オレオレ詐欺」はもちろん、携帯電話でも同じことですよ!

ちなみにこれまでどんな詐欺があるか、いくつか例を紹介してみましょう。

オレオレ詐欺:最近では名乗るパターンも! 家族になりすまし、お金を振り込ませる詐欺
預貯金詐欺:口座が悪用されていると電話があり、キャッシュカードや通帳を騙し取る詐欺
架空請求詐欺:有料サイトなど身に覚えのない請求をされ、支払いを要求する詐欺
還付金詐欺:医療費など「お金が戻ってくる」手口でATMを操作させ、金を振り込ませる詐欺
コロナ便乗詐欺:給付金受け取り手続きの代行、携帯がコロナに感染しているなどコロナに便乗した詐欺

 

 

もちろんこれらの特殊詐欺は、電話だけでなくメール等で誘導される場合があります。ちょっとでも身に覚えがあったとしても、念のため電話番号を検索してみたり、メールアドレスを調べてみて似たような詐欺行為がないか確認してみましょう。

お金の請求などがあった場合は、ひとりで考えて行動せずに周りの家族や友人に相談することが大切です。たとえ、エッチなサイトを見てしまった! 有料サイトを使ってしまった! などやましいことに身に覚えがあったとしてもATMを遠隔で操作したり、通帳番号を教えたり、暗証番号やマイナンバーを他人に伝えることは絶対にしないようにしましょう。

 

中国語でかかってくる詐欺電話。日本にいるのに、なんで?

いくつかの詐欺をご紹介しましたが、今年に入って急増しているのが「国際電話」の詐欺です。Twitterで「中国語 電話」と検索してみただけでもたくさんの人が「中国語で電話がかかってきた!」などと投稿している人が多数。

大阪府の警察の公式Twitterでも中国語の画像で注意喚起を促していました。

 

この国際電話で、中国語の音声が流れているというものは、在日中国人を狙った詐欺の可能性も高いと言われています。

色々と調べてみると、

9月10日に国際電話を受けた女性は、中国の大使館員と公安局員を騙る男女に「犯罪行為をした」などと脅され、411万円を振り込んでいます。
また、29日に国際電話を受けた中国語がわかる女性が、やはり中国の武漢の公安を名乗る人物に脅されて、4回にわたって250万円を振り込んでいます。

引用:https://news.yahoo.co.jp/byline/tadafumiaki/20200929-00200586/

というニュース記事もあったりして、すでに被害も発生しているとのこと。

他にも国際電話の「ワン切り」をされて、折り返してみると詐欺だった……なんてこともあるようです。

詐欺にかかりたくない! 対策方法は?

いつ・どこから・誰にかかってくるかわからないのが詐欺のコワいところ!

 

わかっていても、かかってしまうのが詐欺の恐ろしいところ。対策方法としては、以下のような方法が考えられます。

1.知らない番号は出ない
基本的には登録していない番号からかかってきたものについては「出ない」が一番!

2.知らない番号からかかってきても折り返さない
「あれ? この番号怪しいな?」と思ったらまずググる!(笑)すぐに折り返すということをしないようにしましょう。

3.留守番電話の設定をする
留守番電話の設定をしておけば、折り返すべき相手かどうか判断することが可能です。また電話番号しか知らない相手と連絡がつかなくて困っているという人は、ショートメッセージや留守電を残すことで相手に存在を知ってもらえることができます。

4.どこからかかってきたかわかるようなアプリを入れる
「不審な電話かどうか」をジャッジしてくれるアプリを入れておくのも得策です。

 

5.なるべく電話を使わない
LINEやSNSのメッセージツールなど、顔がわかる人とのやりとりが簡単にできるようになりました。電話を使わずともやりとりができる時代なので、電話を使わない方がむしろ安全! ということもあるかもしれませんね。

大事なお金です。

知らない人に騙されてしまうくらいなら、大事な家族や自分のために使いたいもの。騙されないように正しい知識を身につけ、そして繰り返さないように心がけましょう!

andronavi.com

 

急に心当たりのない国際電話がかかってきたら要注意!「国際ワン切リ詐欺」かもしれない!

見たことのない市外局番や、国際番号がついた電話番号から急に電話がかかってきたことはありませんか?
不在着信や留守番電話で残っていたときは気になって折り返す人も入るかと思います。

しかし、それが詐欺の手口でお金を取られるかもしれません。

最近はこうした国際電話番号から着信がある詐欺が流行っています。
本日は「国際ワン切り詐欺」についてご紹介します。

番号の前に「+」がついてかかってくる電話は海外からの電話!

番号の前に「+」がついてかかってくる電話は海外からの電話!

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

最近急増しているのが国際電話を使った詐欺。
「+222」「+675」「+887」など、普段目にすることのない「+」がついた電話番号から着信がある詐欺が急増しています。
docomo、au、SoftBankなど携帯事業者各社は、海外からの着信に「応答」するだけで高額な通話料が発生する可能性があるため、「出ない」「折り返さない」を徹底して欲しいと注意を呼び掛けています。

この詐欺は、もしも着信があったとしても「ワンコール」で切れるのが特徴。
そのため、通話詐欺やワン切り詐欺とも呼ばれる手法。
もしも折り返しの電話をかけてしまった場合、30秒で250円という高額な通話料を負担させようとしてくることもあるのです。

海外から着信がある

多くは固定電話ではなく、スマートフォンやフューチャーフォンにかかってくるワン切り詐欺。
「+000」のように、+がついた電話番号から着信があるのが特徴です。

一体「+」にはどのような意味があるのでしょうか?

「+」がついている電話番号は「海外」を意味します。
たとえばアメリカやカナダからの着信なら「+1」が先頭に。

+1から始まる国際電話番号はどこから掛けられて来たの?

番号
+1 アメリカ合衆国、カナダ
+1-242 バハマ
+1-246 バルバドス
+1-264 アングィラ
+1-268 アンティグア・バーブーダ
+1-284 英領ヴァージン諸島
+1-340 米領ヴァージン諸島
+1-345 英領ケイマン諸島
+1-441 バミューダ諸島
+1-473 グレナダ
+1-649 タークス及びカイコス諸島
+1-664 モントセラト
+1-721 オランダ領セント・マーチン
+1-758 セントルシア
+1-767 ドミニカ国
+1-784 セントビンセントおよびグレナディーン諸島
+1-787 プエルトリコ
+1-809 ドミニカ共和国
+1-829 ドミニカ共和国
+1-849 ドミニカ共和国
+1-868 トリニダード・トバゴ
+1-869 セントキッツ・ネイビス
+1-876 ジャマイカ
+1-939 プエルトリコ
+1-670 北マリアナ諸島/サイパン島
+1-671 グアム
+1-684 アメリカ領サモア
+1-808 ハワイ諸島、ミッドウェー諸島

「+60」ならマレーシア、「+62」ならインドネシア、「+63」フィリピン、「+65」シンガポール、「+66」タイのように、各国にはそれぞれ定められた国際電話番号があります。
ちなみに日本には「+81」が割り当てられています。

海外から日本に電話をかけるときは、「81-0-0000-0000」のようにかけると通話可能です(0は日本国内の電話番号。ただし市外局番(03、05など)の最初の「0」は入力しない)。
日本にいる人が海外からの着信を受けると、スマートフォンの場合、「+62 0 0000 0000」と表示されるでしょう。
これはインドネシアからの着信を意味します。

冒頭に例としてご紹介した「+222」「+675」「+887」はよくワン切り詐欺でかかってくる国際電話番号です。
「+222」はモーリタニア、「+675」はパプアニューギニア、「+887」は未使用となっています。
万が一、これらが電話番号の先頭についている場合、出ないよう細心の注意を払いしましょう。

もしも、電話がかかってきたときは、どこの国から電話がかかってきているのか、Wikipediaなどで調べると良いでしょう。

参考

国際電話番号の一覧
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%9B%BB%E8%A9%B1%E7%95%AA%E5%8F%B7%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

折り返したら通話料はどのくらい?

「+222」のモーリタニアからの着信に折り返すとどのくらいの電話料金がかかるのでしょうか?

docomoの携帯電話を使っている場合、30秒で180円、auなら85円、SoftBank・ワイモバイルなら199円、UQモバイル85円、楽天モバイル180円などいずれも日本国内の料金よりもかなり高額です。
普通は特に海外通話の契約をしなくても海外に電話をかけられてしまうので、思いも寄らぬ高額請求につながるリスクがあります。
見覚えのない国際電話番号には「出ない」を徹底しましょう。

謎の島国からかかってくる電話は特に注意を!

謎の島国からかかってくる電話は特に注意を!

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

こうした電話は、今まで聞いたことのないような小さな国や島からかかってくることが多いのが特徴。
「+」がついた電話番号からの着信は、Wikipediaなどであらかじめどこの国の国際電話番号なのかを調べ、知り合いが誰も渡航していないことを確かめ、折り返さないようにしましょう。

なぜ、こうした電話を日本にかけてくるのでしょうか?

「塵も積もれば山となる」詐欺ともいえる手法

国際電話番号を利用したワンコール詐欺はなぜ行われるのでしょうか?
正直、30秒だけかけて180円くらいならそこまで痛手になる詐欺とはいえません。
会話が長引くこともありませんし、大抵は30秒を待たず、すぐに切ってしまうでしょう。

そうなると相手にメリットがあまりにも薄いと感じませんか?

実はこの詐欺、塵も積もれば山となるという発想で行われているのです。

国際電話を日本からかけると我々消費者は日本の携帯事業者に料金を支払います。
わかりやすいよう、ここでは100円としましょう。

我々が払った100円は日本の携帯電話事業者を通じ、着信先(外国)の電話会社に支払われます。
割合はわかりやすいよう50円にしましょう。

詐欺グループは海外の携帯電話事業者からキックバックを受け取る目的で、電話をかけているのです。
1件につき10円しか受け取れなかったとしても、延々とワンコールを続けて1パーセントの人でも折り返してくれれば、そこそこ利益を上げられます。
犯人側はワンコールだけなので通話料はかかりません。
着信があってはじめてキックバックを受け取れる仕組みだと推察できます。

 

こうした手口は今だけではなく、昔からあるもの。
時代によって電話をかけてくる国は変わるものの、今はモーリタニアからの着信が多いようです。

一度でも折り返しの電話をしてしまうと、詐欺に引っかかりやすい電話番号だ、と記録されてしまい、次々と電話がかかってきたり、別な詐欺に巻き込まれることも考えられます。
不明な電話には出ない、折り返さない、というのがスマートフォン時代の携帯電話の使い方といえるでしょう。

どのように対処すればいいの?

どのように対処すればいいの?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

このほかにも「アセンション島」からの着信が増えているようです。
アセンション島は人口1,000人未満の大西洋に浮かぶ孤島。
アオウミガメの産卵地として知られる場所です。

ここも国際ワン切り詐欺の拠点となっています。
アセンション島は「+247」から始まる電話番号。
iPhoneをご利用の方は、着信があるとどこの国からかかってきているのか表示されるので、「アセンション島」や「モーリタニア」という文字を見かけたら要注意。
絶対に出ない、折り返さないよう注意しましょう。

こうしたワン切り詐欺はまだ実行犯が捕まった事例がないため、詳しい仕組みは解明されていません。
しかし、前述の通り着信があったときにキックバックを詐欺師側に電話会社が渡す、と考えるのが自然。
これ以上詐欺を増やさないためにも「出ない」「折り返さない」の徹底を。

もし折り返したらどうなる?

もしも折り返してしまったらどうなるのでしょうか?
出た人が外国人ならすぐに電話を切ってしまうでしょう。

 

相手も巧みなもので、「あなたの家族と友人が待っています。会話したければこのまま待機してください」のような日本語の音声が流れるそうです。
少しでも待機させて通話時間を長くさせよう、という狙いが感じられます。

出ない・折り返さない・着信拒否の3点セット

繰り返しになりますが、こうした電話は詐欺です。
絶対出ない、折り返さないを徹底しましょう。

また、着信拒否にしてしまえば今後電話がかかってくることはありません。
こうした着信があったときはすぐに着信拒否設定をしましょう。

slownet.ne.jp

 

秋田の無言電話の原因は?119番誤通報が「実家でもあった」体験談相次ぐ

秋田件秋田市で今年5月以降、119万通報の誤通報が相次いでいるといい、そのいずれも「人の手で発信されていない」ことから、「霊障?!」「リアルホラーでは」と慄きの声が上がっています。

誤通報の増加を受け秋田市はすでにNTT東日本に対し調査を依頼済である一方で、未だ公式には明かされていない原因について、体験談を元に迫ります。

 

秋田の無言電話の原因は?

今回問題となっているのは、無人の状態で勝手に「119番通報」のコールがかかり、消防局員が応じると、電話口で「ザー」「ガサガサ」という機械音が聞こえるというもの。

実際に通報があった場所にいっても、当の家では家主が不在であったり寝ていたケースもあるとのことで、有事の際には大事に至る可能性もあります。

この原因については解明されていないものの、

・119番という特殊電話番号の回線

・誤発信が起きた世帯には黒電話がある、あるいは現在使用していない回線だった

ことから、老朽化した電線が風によって誤信号を送った説などが上がっていますが、その信憑性については不明。

一方で、wikipedeiaにはもう一つ、興味深い誤作動の過去があります。

フックスイッチによる誤発信の可能性も

フックスイッチが何かと言えば、黒電話の受話器をガチャンと置くところに存在するあれのことですが、黒電話をかける際にフックスイッチをガチャガチャすることで、ダイヤルを回すのと同じ電気信号が送られてしまう「誤発信」が多くあったといいます。

出典:ビジネスホン大百科

当時このフックスイッチを、リセットする意味などからガチャガチャと押す「癖」がある人が多かったため、誤発信を0にするべく「112」から「119」という番号に変更されました。

しかし、では実際にこれが原因だったのかと言えば、回線を利用していない人もいたことや、家主が電話に触れず、そんなことが可能なのかはまた別問題であるため、決して現実的とは言い難いもの。

 

119番誤通報が「実家でもあった」体験談相次ぐ

一方で、実際に実家で誤通報の発信経験がある人の存在がTwitterでも見られ、

<<不在の家から119番、うちの実家でもあったな。正しくは母が家にいたんだけど、発信はしてない。その週数間前に119番かけていたから、勝手にリダイヤル発信になった!?とか思ってたけど、触ってないし、不思議な出来事。>>

<< これ実はうちでもあった 不具合だし、消防は仕事だから仕方ないけど 子どもは夜中に懐中電灯で窓から照らされて軽くトラウマになってた笑>>

<< 何年か前に家にも同じような事が一回あった。突然、通報してないのに救急車が家に来てビックリした。>>

<<これ、ウチのマンションでもあったよ。消防や警察が来て大騒ぎ。 原因を知りたいな。。。>>

といった声があり、実際に発信元となるとトラウマにもなりかねない状況であることがわかります。

いずれも原因は特定できていない上、この他には本物の霊障体験をしたという声も混じっていることから

<<風の仕業なんだろうけど霊障っていう事にしておくわ>>

<<前にも秋田の別荘であったし、これはリアルホラー>>

といった声も上がっています。

真相は果たして・・?

 

niconews55.com