アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

(漫画)男でも女湯に入れる。江戸時代の湯屋の仕事三助について漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20201124094154j:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

 

www.asitanowadai.com

 

(漫画)男でも女湯に入れる。江戸時代の湯屋の仕事三助について漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

www.youtube.com

 

【男女混浴】江戸時代のお風呂事情を画像つきでまとめてみた【頻度は?】

せっかくなので、江戸のお風呂屋さんをバーチャル体験すると。


では、江戸っ子気分で湯屋へ行ってみましょう。
まず、湯屋ののれんをくぐると番台(ばんだい)があり、ここで入浴料を支払います。番台では手ぬぐいや歯磨き粉、体を洗うためのぬか袋なんかも販売・貸し出ししていました。

お正月だけの粋なお楽しみ

江戸時代のお風呂、正月の初湯

中央に見えるのが番台。これは正月の初湯の風景で、元日の初湯には特別サービスで福茶がふるまわれました。番台の右側に茶釜がありますね。

 

右側の三方の上に山盛りになっているのは、お客さんが入浴料とは別に置いた「おひねり」です。湯屋からもお年玉としてお客さんに貝柄杓をプレゼントしました(画像右端にある籠のなかにあるのが貝柄杓)。

番台で入浴料を払ったら、さあ、お風呂に入りましょう。

土間をあがればすぐに脱衣所です。脱いだ服は鍵付きの衣棚、今でいうコインロッカーにしまいます。空きがない場合は籠に入れておきます。脱いだ着物を盗む「板の間稼ぎ」と呼ばれる悪い人がいるので用心が必要。

流し場は板張りで、竹すのこを挟んで脱衣所と隣接しています。水はけをよくするためちょっと傾斜がつけられていたそうです。考えられていますね。入浴時のマナーが現在と違っていて、体を洗ってから湯船に浸かるのではなく、先に湯船に浸かって体を温めてからじっくり体を洗うのが一般的だったとか。

究極のバリアフリー!?

肌競花の勝婦湯(豊原国周 画)
(『肌競花の勝婦湯』豊原国周 画)
江戸時代後期の女湯のようす。にぎわっていますね。足をすべらせて転んじゃっている女性もいます。

この絵を見てると、なんだか不思議な感覚になります。われわれの知ってる銭湯とちょっと違う。

仕切りがないんですね。
画面左から番台→脱衣所→洗い場です。

つまり、銭湯の入り口から全見えです。

この”ぜんぶひと続き”という構造は現代人から見るとけっこう不思議な感じですね。

中央の女性がひものついた緑色の袋をくわえていますが、これは体を洗うぬか袋です。今でいうボディ石鹸といったところでしょうか。

女性の背中を流している男性もいます。彼は「三助」と呼ばれたサービス係りで、男女の区別なくぬか袋(石鹸)でお客さんの背中を洗い流したりマッサージをしました。

ただし、三助にサービスを頼むと別料金が必要となります。壁に目をやりますとなにやらポスターのようなものが。これは入浴マナーの張り紙や各種商店の広告、芝居のチラシなんです。

ケンカは江戸の華とはいうけれど

時世粧年中行事之内 競細腰柳風呂(落合芳幾 画)
(『時世粧年中行事之内 競細腰柳風呂』落合芳幾 画)
画面左を見てください。桶を手にケンカをする女性客が大乱闘。裸もなんのそのでつかみあい。女湯でのケンカは川柳にも詠まれていたほどなので、けっこう日常茶飯事だったのかも。

身分関係なしの湯屋ならでは。湯船に入る時のマナー


では、さらに奥へと入っていきましょう。
もういっかい上の絵を見てください。

絵の左上、奥の方になにか入り口のようなものがあり、そこにしゃがんで入っていく人、はたまたそこから出てくる人がいますね。

じつはここは「石榴口(ざくろぐち)」と呼ばれる湯船の入り口なのです。湯船の湯が冷めないように、また蒸気が逃げないようにするため鴨居を低くしてありました。

これも江戸時代におけるお風呂の特徴的な構造で、高価な薪を節約するためのアイデアです。この石榴口をくぐって一段ステップを上がると、湯船があります。鴨居が低く湯気もうもうの内部はとっても薄暗く、ほかのお客さんもはっきり見えないほどだったとか。

さらに前述したように江戸の湯屋は性別・身分関係なし。そのため、湯船に入る時には先客に声をかけるという独特のマナーがありました。

たとえば、

  • 「ごめんなさい」
  • 「冷えもんでござい(体が冷たくてごめんなさい)」
  • 「枝がさわります(手足が触れたらごめんなさい)」
  • 「田舎者でござい(不調法があったらごめんなさい)」


など。
武士だろうがヤクザ者だろうが大商店の主人だろうが近所のおかみさんだろうが深窓のご令嬢だろうが、みんなこのマナーを守っていたのです。

身分制度の厳しい封建社会の江戸時代だからこそ、さまざまな身分の人が楽しいお風呂タイムを過ごすための知恵としてこうしたマナーが生まれたのでしょう。

石榴口はカラフルな装飾もみどころ!

江戸のお風呂 石榴口

擬人化された猫たちが湯屋でお風呂を楽しんでいるのがなんとも楽しい絵ですね。一番上中央に見えるのが湯船の入り口である石榴口ですが、金魚のイラストが描いてあります。

このように石榴口には美しい彩色が施されていました。今の銭湯の壁画に通じるような気がしますね。

 

熱湯を好んだ江戸っ子。湯の温度はなんと……


江戸っ子は熱い湯が好みだったとよく聞きますが、江戸時代の湯の温度は推定47度

これは熱いにもほどがある。

この度を越した熱湯にざぶりとつかり、熱さで全身を真っ赤にしながら、「おいおい、今日はちょっとぬるいんじゃないのかい。」ぐらいのことを言い放ち、ヤセ我慢がいよいよ限界をむかえたところでサッと出る。これが江戸っ子の粋だったとか。

なお、水が貴重な江戸時代。節水のため湯は繰り返し使われ、かなり汚れていても気がつかなかったとか……。

 

混浴だった湯屋。間違いは起きなかった?


ちょっと話しは変わりますが、江戸時代の銭湯は混浴が一般的でした。江戸だけでなく全国的にもです。ちなみに混浴は「入込湯(いりこみゆ)」と呼ばれていました。

1791年(寛政3)の「寛政の改革」をはじめ何度か「風紀が乱れる」という理由から混浴禁止令も出されましたが、男湯・女湯に分けるのは経済的に難しいなどの理由により定着せず、明治新政府の厳重な取り締まりにより絶滅するまで、禁止されては復活するを繰り返し、のらりくらりと混浴時代が続きました。

「風紀が乱れる」とはいえ、若い娘さんなどには母親やおばさんたちが鉄壁のガードでスケベな男性客から守ったそうで、威勢のよいおかみさんなどは触られようなら怒声を浴びせかけたとか。

日本の混浴に衝撃をうけた意外な人物

江戸のお風呂 石榴口

幕末、意外な人物が日本の混浴文化に度肝を抜かれました。その人とは、

 



ペリー提督

ペリー提督です。

黒船来航で日本中を騒然とさせたペリーですが、ペリーはペリーで日本の混浴文化を目の当たりにして絶句します。

上の絵はペリー艦隊の公式日記『日本遠征記』の挿絵で、下田にあった公衆浴場を描いたものです。ペリーは「日本人は道徳心に優れているのに、混浴しているのを見ると道徳心を疑ってしまう」と日記に残しています。

美的意識の高さは今以上!?イケてる男はお風呂屋さんで○○をする


熱い湯にサッと浸かったあとはじっくり体のお手入れをします。野暮(やぼ)を嫌った江戸っ子は身なりにもとても気を遣いました。

清潔感をとても大切にしたので、ふんどしを尻ッ端折り(しりっぱしょり)にした時に陰毛がモサモサとはみ出てしまうことを嫌い、湯屋で熱心に除毛したそうです。

みんなで一心不乱に陰毛の手入れをするというのは、江戸時代のお風呂の日常風景。その証拠に、どの湯屋でも男性用の毛抜きと「毛切り石」というものが置いてあり誰でも自由に使うことができました。

「毛切り石」とはなんぞや、といいますと、その名の通り毛を切るための石なのですが、どうやるかというと余分な陰毛を2つの石で挟んで擦り切るのだそう。なかなかコツがいりそうですね。

江戸っ子のたしなみ

江戸時代の男湯の様子(『職人尽絵詩』鍬形蕙斎 画)
(『職人尽絵詞』より/鍬形蕙斎)
お客さんでごったがえす男湯のようす。桶に座って股間をのぞいている男性はアンダーヘアのお手入れ中? その横には軽石でかかとの角質除去をする男性も。

画面左奥の男性は爪を切っています。爪切りハサミは盗まれないように、ひもで板切れにつけられていました。

 

湯屋で髪を洗うのは禁止!?女性の洗髪頻度は月1回!


湯屋のようすを描いた浮世絵をよく見ると気がつくかもしれませんが、女性はみんな髪を結ったままで、洗髪している女性はひとりもいません。

じつは、湯屋では髪を洗うことはご法度だったのです。その理由は、水はとても貴重であり大量の水を必要とする洗髪はもってのほか!というわけです。

 


では、女性たちはどこでどれくらいの頻度で髪を洗っていたのでしょうか?

江戸時代の風俗百科事典『守貞謾稿(もりさだまんこう)』によれば、江戸の女性が髪を洗う頻度はなんと月に1~2度だったとか!夏場には回数が増えたそうですが、それにしても痒かったりしないのでしょうか?

なお、男性の場合はといいますと、「髪結い床(かみゆいどこ)」と呼ばれた床屋さんで数日に1回はお手入れをしてもらっていたそうです。月代(さかやき)がボサボサは野暮ですからね。

髪を洗うのも大仕事

『江戸名所 百人美女』より「今川はし」(三代歌川豊国 画)の拡大画像
(『江戸名所 百人美女』より「今川はし」三代歌川豊国 画)
金たらいに水を張り、肌脱ぎになって長い髪を洗う女性。ちなみにシャンプーとして使っていたのは、「ふのり」に「うどん粉」を混ぜたものだったようです。

長い髪は乾かすのもひと仕事だったため、天候も気にしないといけなかったというからたいへん。

男湯の二階は、男たちの憩いの場


女性客の場合は、体を洗って岡湯(入浴の最後に浴びる上がり湯)を浴びたら着替えて「あぁ、さっぱりした。さ、帰ろう」となるのですが、男性客の場合、ひとッ風呂浴びてからが長かった!

男湯から直通の階段を上がり二階に行くと、そこは男性専用の休憩所である座敷があったのです。もともとは前述した湯女(ゆな)が性的サービスを行うための座敷でした。

時代とともに、湯女がいなくなっても座敷だけが残り、やがて武士の刀を預かるスペースへ、さらに男性専用休憩所へと変化していきました。

この休憩所を利用するには入浴料とは別に10文(約150円)を支払います。男性客はここで碁を打ったり、将棋を指したり、のんべんだらりと世間話をしたり、本を読むなどして思い思いに楽しみました。

ちょっとした喫茶コーナーもあり、茶もふるまわれ、かりんとうや干菓子など甘味もあるのですから最高だったことでしょう。ちなみに、男湯の二階にある休憩所は江戸特有の文化だったそうです。

さぁ、これからがお楽しみ!

式亭三馬の『浮世風呂』
(『浮世風呂』より/式亭三馬 画)
画面右に階段があり、武士が上っていますが、この先に休憩所があるのです。身分関係なく情報交換できるコミュニケーションの場でした。

時代とともに変わる銭湯

江戸時代から明治時代へと大きく時代が変わると、銭湯のようすも大きく変わりました。最大の変化は柘榴口(ざくろぐち)がなくなったこと。

『賢愚湊銭湯新話』より(山東京伝 著・歌川豊国 画)
『賢愚湊銭湯新話』より(山東京伝 著・歌川豊国 画)
画像左に見えるゴージャスな屋根のようなものが柘榴口。前述したように、江戸時代の銭湯には柘榴口があり、これをくぐって奥にある浴槽に浸かりました。

しかし、柘榴口に遮られた浴槽内は昼なお薄暗く、衛生的にも公序良俗的にも問題視されることがままあったのですが、明治時代になるとこの柘榴口を取っ払った銭湯が登場します。

さらに、洗い場の上に置かれていた浴槽は板間に沈められ、洗い場も広くなり、湯気を抜くための窓もつくられました。これにより銭湯はぐっと開放的で明るくなったのです。このお風呂は「改良風呂」と呼ばれたんだとか。

『猫乃入湯』(歌川芳藤 画)
柘榴口がなくなった明治時代の銭湯。ただし入っているのは人ではなく猫ちゃん。画像右端には「滝乃湯」という名前の打たせ湯を堪能する猫さんが(『猫乃入湯』歌川芳藤 画)
近代化を進めたい明治政府も1879年(明治12年)に柘榴口をなくすよう江戸時代タイプの銭湯を禁止する命令を出しており、次第に銭湯も近代化されていきました。
なお、ペリーもびっくりな混浴の風習については明治政府が厳しく禁止しやがて姿を消しました。

また、江戸時代には「湯屋」と呼ばれていた銭湯は、明治時代になると「風呂屋」と呼ぶ人が増えたんだそう。

大正時代になると、板張りだった洗い場や浴槽がタイル張りになっていきます。さらに昭和になると水道式のカランが設置され衛生面でも飛躍的に進化していくのです。

以上、今回は江戸時代のお風呂事情についてまとめてみました!

edo-g.com

 

 江戸時代の湯屋のほとんどは混浴だった。みんな意外と抵抗なかったってホントなの?

江戸時代、湯屋はほとんどが「入込湯」や「打ち込み湯」と呼ばれる混浴でした。初めの頃は、男性はふんどし、女性は湯文字をつけていましたが、いつしか裸で入浴するように。

江戸時代の湯屋事情はこちらの記事もぜひ!

痴漢や売春もあった?江戸時代は混浴だった銭湯や温泉はどうして減少していったのでしょうか

江戸時代の銭湯は混浴の時代も…それでも江戸の女子が銭湯に通う理由

■混浴は風紀を乱すため「入込湯厳禁」に

江戸時代の湯屋のほとんどは混浴だった。みんな意外と抵抗な...の画像はこちら >>



カップルにとって湯屋はデートスポットでもありました。また、男性が女性の体に触ろうとすることもしばしば。これを見逃さず、入込湯厳禁にしたのが、寛政の改革を行った松平定信です。

なんせ彼は禁欲主義者で、男女のまじわりは子孫を残すためのものと考える人なので、混浴なんてあってはならないと思ったのでしょう。この「入込湯厳禁」の町触れは、湯屋にとっては歓迎できないものでした。なぜかって?男女の入浴日を分けたり、男湯と女湯を分けると、客も面倒なのでしょう。どうしても客が少なくなってしまうのでした。

そこで、湯屋が考えたのは、混浴でなければよいのだということ。つまり、浴槽の中を仕切って、洗い場や脱衣所も男女別にしました。といっても、仕切りは粗末なもの。浴槽の下の方はトンネルになっており、そこを抜ければ男風呂から女風呂に行けちゃうのですね。

厳しく取り締まっているようで、実はそうでもなかったともいわれています。というのは、この入込湯の禁止令は、江戸のみ。ほかの地域では、混浴でも問題なかったのです。さらに江戸であっても、男のみの社交場になっている湯屋2階からは、女湯を格子越しに見下ろすことができたのです。

www.excite.co.jp