アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【電車で痴漢】痴漢冤罪にあうとどうなるのか?回避するための方法を漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20210302194253j:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

www.asitanowadai.com

【電車で痴漢】痴漢冤罪にあうとどうなるのか?回避するための方法を漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

www.youtube.com

 

交通事故の慰謝料交渉に強い弁護士 永和総合法律事務所

 初めての取り調べ…「やってない!」と訴えれば、警察や検察はわかってくれるか?

痴漢と間違われたあなたを待ち受ける「取調べ」とは?

 満員の通勤電車から、1人の男性が他の男性に手首を掴まれて引きずり出される。その後を追うように若い女性が降りてきて、そこに駅員が駆けつけてくる…。

 最近では、そうした光景を見ることもそう珍しくありません。

 もし、あなたが誰かに痴漢と間違われて、他の乗客や駅員などに身体を拘束されてしまったら、おそらくそのまま逮捕され、警察官や検察官から取調べを受けることが予想されます。

 「取調べ」と聞くと、犯人とされた人が個室で刑事からネチネチ質問される――そんなシーンを思い浮かべる人が多いかと思われます。
 ここでは捜査機関(警察官と検察官)が、痴漢の犯人として間違われた人に対して直接質問をすることで、回答(供述)得ようとする捜査手法と理解しておいてください。

気になる疑問①
警察官や検察官による「取調べ」の目的は?

 そもそも捜査機関が、不幸にも痴漢の犯人として濡れ衣を着せられてしまったあなたを取り調べる理由は何でしょうか?

 ひと言でいうと、捜査機関は「証拠が欲しい」からです。

 痴漢は、強制わいせつ罪(刑法第176条)や迷惑防止条例違反等にあたる犯罪で、最終的には裁判になる可能性があります。その裁判であなたを有罪にするために、必要な証拠を入手する目的で取り調べるのです。

 痴漢は、お互いに名前も知らない他人同士が乗りあわせた電車という密室内で、ごく短時間で行われる犯罪です。物的証拠や有力な目撃証言が発見さる保証はありません。

 ですから、裁判では、あなたが罪を認めない限り、

「被害者の供述とあなたの供述のどちらが信用できるか?」

 ということで、有罪・無罪を決することが少なくないのが現実です。そこで、捜査機関側にとってポイントになるのが、次の3点です。

  • 回答(供述)内容が被害者の話や目撃者の証言と重要な点で一致しているか
  • 犯人しか知らないはずのことを回答(供述)しているか
  • 回答(供述)をきっかけに物的証拠を集めておく…

 警察や検察は、「裁判で被疑者を有罪にするのに重要な証拠=被疑者の回答(供述)」が欲しくて、取り調べるのです。そのなかでも最も欲しいのが、あなたが痴漢をしたことを認める供述(=自白)という証拠です。

 もちろん、警察官や検察官は取調べをはじめとする捜査を通じ、事件の真実を発見していく立場でもあります。
 また本来、検察官は捜査に専念する警察とは異なり、収集した証拠を精査して事件の実態の把握し、犯罪の内容や被疑者の事情を総合考慮して、最終的に起訴するか否かを判断する機関です。ですから、

「自分は無実なのだから、一生懸命に真実を話せば、きっと理解してもらえるはず」

 と思うかもしれません。

 しかし、無実を証明する物的証拠が発見される保証はありません。しかも、卑劣な痴漢から酷い目にあった女性が涙ながらに勇気を振り絞って「この人が犯人です!」と訴えている…。

 こんな状況下では、「話せばわかるはず」という安易な期待はもたないほうが賢明だといえます。

気になる疑問②
取調べにはどのような態度で臨むべき?

 間違って痴漢の犯人としてされてしまったあなたは、その後、どのような場所で、どのようにして取調べを受けることになるのでしょうか。

 逮捕とその後の手続きについては第1回(いきなり痴漢に間違われて逮捕されたら…いったいそれからどうなる?)にくわしく紹介されていますので、ここでは、実際に痴漢冤罪事件に直面した場面での留意点について、法律家の視点から見ていきます。

①駅舎

 まず、あなたは他の乗客や駅員に囲まれながら、駅舎に連れて行かれます。痴漢をされたと被害を訴える女性とは隔離されます。
 そして駅員から、「ここで待っていてください」「(警察が)事情はちゃんと聴くから」などと言われてなだめられるケースが多いのではないかと思います。

 このとき、周囲の人に自分の言い分を聞いてもらおうとする必要はありません。駅員に話をしたところで、捜査権限がない彼らが何かしてくれるわけではないからです。
 むしろ、駅舎で話した内容が、後に駅員の証言として証拠とされる可能性があります。

 突然、痴漢呼ばわりをされて駅舎に連れてこられ、冷静でいられる人などいません。
 そういうときは、黙っていること。何も話さないでいる(黙秘)に越したことはないのです。

 それよりも、最優先でなすべきことは、携帯電話で弁護士と連絡を取ることです。

②警察署

 駅舎にいると、間もなく警察官がやってきます。そして警察官が、あなたを所轄の警察署に連れて行きます。

 この時点で現行犯逮捕されているという扱いを受けることが多いと思います。
 事情を聞くからといわれ、無実を晴らすためにわざわざ警察署に行ったら、逮捕されていたということもあるのです。

 このときも、あなたがすべきことは、弁護士に連絡を取ることを求めることです。知り合いの弁護士がいなければ、当番弁護士制度を利用できます。

 そして、弁護士と面会してアドバイスを受けるまでは、何も話さない(黙秘)姿勢を貫くことです。

③検察庁

検察庁での弁解録取

 通常、逮捕されてから48時間以内に事件記録とともに検察庁に連れて行かれます(送検)。そして検察庁では、検察官からあなたの言い分を聞かれます(弁解録取)。

 検察官は,被害者の話とあなたの言い分を資料として、裁判所に対しては勾留(逮捕に続く身柄拘束)の請求をします。

 この時には、すでに弁護士と会ってアドバイスを受けているでしょうから、それを参考にして対応します。

 多くの弁護士は、無実を訴える被疑者に対して、「何も話さない(黙秘)」ことを勧めるはずです。それは、取調べにおけるあなたの回答(供述)が不利な証拠となるのを防ぐためです。

 その場合には「身に覚えがありません」というような内容の弁解録取書(調書)が作成されます。
 そして、検察官がその調書にあなたの署名と指印(印鑑の代わりに左手の人差し指で押印する方法)を求めてきますが、拒否するべきです。

 調書に署名・押印すると、その調書に証拠としての信用性が与えられます。ですから、何も検察の証拠づくりの作業に協力する必要はありません。

「自分には身に覚えがないという、無実を示す自分に有利な証拠の作成になるのだから、良いのでは?」

 そのように思う方も多いかもしれませんが、検察官が作る調書が「あなたにとって有利な証拠となる」という確証はないのです。

④裁判所

 次に、検察庁から裁判所へ連れて行かれます。
 裁判所では、裁判官が、検察官からの勾留請求に基づいて、あなたを勾留するかどうかをその場で判断します。現在、東京では送検の翌日に勾留質問をする運用となっており、それ以外の地域では、送検と同じ日に裁判所で勾留質問をする運用が多いようです。

 その際に、裁判官から直接、あなたの言い分を聞かれることになります。
 そこで何を答えるべきかについては、それぞれの事情によって違ってきます。弁護士からのアドバイスを参考にして、気持ちを落ち着けて臨んでください。

 あなたがやっていないということであれば、「黙秘」を勧める弁護士が多いと思います。

www.kigyoujitsumu.jp

痴漢冤罪で絶対にしてはいけないこと4つと「使える」対処法2つ

痴漢冤罪で対処を誤ると人生が崩壊することも

 「この人 痴漢です!」

 

いったん女性に痴漢と決めつけられてしまうと、駅事務所に連れて行かれ、やってきた警察官によって車に乗せられ、最寄りの警察署に連行されます。

 

逮捕されれば懲戒解雇のリスクが生じます。実名報道されれば、仕事も家族の信頼も失い、取り返しのつかないダメージを受けることになります。

 

満員電車で通勤している男性であれば、誰しも痴漢冤罪と無関係ではありません。

 

痴漢冤罪の犠牲者にならないために、「痴漢冤罪に巻き込まれたときに絶対にやってはいけない4つのこと」と「現場で使える2つの対処法」を弁護士が紹介します。

 

ご参考にしていただければ幸いです。

 

【痴漢冤罪に巻き込まれたときに絶対にしてはいけない4つのこと】

 

痴漢冤罪に巻き込まれたら逃げてはいけない

弁護士の中には、痴漢冤罪に巻き込まれた場合、現場から走って逃げるようアドバイスする人もいます。

 

しかし、逃げることは決しておすすめできません。逃げようとして取り押さえられると、「痴漢をしたから逃げたに違いない。」と思われ、逮捕されてしまいます。

 

いったんは逃げられたとしても、警察の捜査によって身元を特定されれば後日逮捕される可能性が高くなります。

痴漢で後日逮捕されるケースと流れやタイミング

 

都市部の駅にはいたるところに防犯カメラが設置されています。また、現在では交通系ICカードが普及していますが、定期券の機能がついていれば、警察が鉄道会社に照会すると氏名などの個人情報もわかってしまいます。

 

逃げたという事実があれば、逮捕・起訴された後に「痴漢をしていない。」といくら主張したところで、検察官や裁判官に「じゃあなぜ逃げたのか?」とつっこまれ、不起訴や無罪判決の獲得が難しくなります。

 

逃げる際にホームや階段で通行人を転倒させてしまえば、暴行罪や傷害罪が成立します。傷害罪の最高刑は懲役15年で迷惑防止条例違反よりずっと重いです。

 

線路上に逃げると鉄道営業法違反にも問われます。電車がストップすれば鉄道会社から多額の損害賠償を請求されてしまいます。

 

このように逃亡することによって多くのデメリットが発生するため、痴漢冤罪に巻き込まれても絶対に現場から逃げないでください。

 

痴漢冤罪に巻き込まれたら女性に謝罪してはいけない

女性に腕をつかまれて「痴漢です!」と言われても、痴漢をしていないのであれば、決して謝罪してはいけません。はっきりと「私は痴漢をしていません。」と主張してください。

 

腕をつかまれた直後に、男性と女性との間でどのようなやりとりがあったのかは、後の刑事手続で、大きな意味をもちます。

 

☑ 大人の対応をしただけ

☑ 反射的に「すいません」と言ってしまった

☑ とりあえず謝れば騒ぎがおさまると思った

 

検察官や裁判官にこのようなことを言ってもとりあってくれません。彼らは、「悪いことをしたから謝罪する」という経験則に従い、あなたが痴漢をしていたから謝罪したと考えます。

 

被告人の話を前提とすると、被告人にとって痴漢をしたとの非難は全く予想外のことなのであるから、被害者に対してそのような事実を否定するはずであるが、被告人はホーム上で、被害者に対し「すいません」と痴漢したことを前提とするような発言をしている。

 

刑事裁判になれば判決書にこのように書かれてしまうでしょう。そのため、痴漢冤罪に巻き込まれても絶対に女性に謝罪してはいけません。

 

痴漢冤罪に巻き込まれたら供述調書に署名押印をしてはいけない

痴漢冤罪に巻き込まれたら、最終的には警察署に連行されてしまう可能性が高くなります。警察署では、取調べを受け、供述調書を作成することになりますが、決して調書に署名押印をしてはいけません。

 

署名押印をしなければ、後の刑事裁判で、検察官はその調書を証拠として提出することができなくなります。

 

刑事訴訟法322条1項

被告人の供述を録取した書面で被告人の署名若しくは押印のあるものは、その供述が被告人に不利益な事実の承認を内容とするものであるとき、又は特に信用すべき情況の下にされたものであるときに限り、これを証拠とすることができる。

 

「自分の言いたいことは全て書いてもらったのでサインしても問題ない」と思うかもしれません。しかし、痴漢冤罪に巻き込まれる自体、精神的に大きなプレッシャーになります。

 

気持ちが激しく動揺しているため、その時点では「問題ない」と思っていても、後々よく考えてみると客観的な事実と矛盾した内容になっているかもしれません。

 

もし裁判になった場合、初期供述は、事件直後の記憶が鮮明なときにされた供述として非常に重視されます。

 

そのため、弁護士に相談するまでは、絶対に供述調書に署名押印をしないでください。取調官から「あなたが言いたいことは全部書いたのでサインしてください。」と迫られても、「弁護士に相談してからサインするかどうか決めます。」と回答してください。

 

なお、取調べ自体を拒否すれば、逮捕の可能性が上がりますので、不本意だとは思いますが、取調べには素直に応じるようにしてください。

 

取調べには応じるが供述調書に署名指印をしない

 

痴漢冤罪に巻き込まれたら警察に個人情報を隠してはいけない

痴漢冤罪に巻き込まれると、対応した警察官にあなたの氏名や住所、電話番号、勤務先を聞かれます。

 

その際、「何もやましいことをしていないのだから言う必要はない。」として、言わない方がいます。

 

しかし、氏名などの個人情報を隠していると、どこの誰かもわかりませんので、警察がいったん解放してしまえば、その後に連絡のとりようがなく、取調べを行うことができなくなってしまいます。

 

そのため、警察に「逃亡のおそれがある」と判断され、逮捕されてしまいます。警察は逮捕した後、運転免許証や名刺、携帯電話を押収し、個人情報を取得しますので、隠したところでメリットは何もありません。

 

こちらから勤務先を警察にいっても、通常は警察から勤務先に連絡がいくことはありませんが、勤務先を黙秘していると、押収した名刺等に基づき警察から在籍確認の電話が入ることもあります。

 

したがって、警察に個人情報を聞かれた場合は素直に答えてください。

 

【他の弁護士のアドバイスについて】

 

痴漢を疑われたときに名刺を渡せば立ち去れる?

弁護士のアドバイスとして「駅事務室に行ったらベルトコンベアー式に逮捕されてしまうので、事務室には行かず、名刺を渡して立ち去るのがよい。」というものがあります。

 

このアドバイスは痴漢冤罪の有効な対処法といえるでしょうか?

 

声をかけてきた女性も、勘違いであるとはいえ、「この男許せない!」と必死になっています。女性にとって、満員電車のなかで「この人痴漢です!」と声を上げるのは、非常に勇気のいることです。

 

一大決心をして声をあげた女性が、名刺を一枚渡されただけで「わかりました」と納得して、すんなり行かせてくれるとは思えません。

 

駅員もそのような女性の思いを受けて、何とかしてあなたを駅員室に連れて行こうとします。

 

そのため、あなたが名刺を渡して立ち去ろうとしても、最終的には、女性や駅員と押し問答になったり、もみ合いになる可能性が高いです。そのような状況で強引に立ち去ってしまえば、それ自体が「逃亡」とみなされ、逮捕のリスクが上がってしまいます。

 

したがって、このようなアドバイスは「現場で実際に使えるアドバイス」とはいえないでしょう。

 

【痴漢冤罪の2つの対処法】

 

痴漢冤罪に巻き込まれたら勤務先に電話する

なぜ勤務先に電話するのか?

痴漢冤罪に巻き込まれたら、まずは勤務先に電話し、「気分が悪くなったので本日は休ませてください。」と言いましょう。

 

この時点では、あなたが逮捕されるかどうかわかりません。もしこの後に逮捕されれば、身柄が拘束されるため、電話をかけることができなくなります。つまり会社を無断欠勤したことになります。

 

仮に逮捕されなかったとしても、警察署で取調べを受けることになるため、会社に大幅に遅刻してしまう可能性が高いです。

 

あらかじめ体調不良で休みますと連絡を入れておけば、勤務先に余計な詮索をされないですみます。

 

いつ電話すればいいの?

逮捕されるまでは行動に制限はありませんので、あなたには「電話をする権利」があります。とはいえ、警察官がきた後は、警察官に制止されたりして、事実上、電話をすることが難しくなります。

 

そのため、できるだけ現場に警察官が来るまでに電話をしてください。LINEやショートメールで連絡すると、後から返信が必要なメッセージがくることもあります。電話をかけて1回のやりとりで完結させた方がよいでしょう。

 

休む日は当日だけでいいの?

痴漢冤罪にまきこまれた直後の時点では、あなたが逮捕されるかどうかはわかりません。逮捕されずに、当日中に解放される可能性もあるため、休む期間はとりあえず1日で大丈夫です。

 

もし逮捕されたら釈放は早くても翌日の午後になります。そのため、翌日も会社を欠勤することになります。それでは逮捕されたら翌日の無断欠勤は避けられないのでしょうか?

 

ここでみなさんに知ってもらいたいのは、「弁護士は逮捕直後から被疑者に接見することができる」ということです。

 

もし逮捕された場合は、当日中に弁護士が接見し、本人と欠勤の理由を打ち合わせた上で、ご家族を通して会社に欠勤を伝えてもらいます。こうすれば無断欠勤にはなりません。

 

弁護士がつけば、冤罪であるとして否認している場合でも、2,3日で釈放されることが非常に多いため、会社から疑われることなく職場に復帰できます。

 

痴漢冤罪に巻き込まれたら家族に電話する

家族に伝える3つのこと

痴漢冤罪に巻き込まれたら、勤務先に続いて家族に電話しましょう。家族には次の3点を伝えてください。

 

①痴漢冤罪にまきこまれたこと

②今どこの駅にいるのか

③弁護を依頼したい法律事務所の名前

 

どうして駅名を伝えるのか?

ご家族に電話した際、痴漢冤罪に巻き込まれたことを伝えるだけでは不十分です。もし逮捕された場合は、弁護士ができるだけ早く警察署に行って、ご本人と接見する必要があります。

 

接見に行く前提として、「どこの警察署にいるのか」を特定する必要があります。痴漢の捜査は、下車した駅を管轄する警察署が行いますので、逮捕された場合は下車駅近くの警察署に留置されます。

 

留置場がいっぱいの場合は、別の警察署に移送されますが、どこの警察署に移送されたかは、弁護士が下車駅近くの警察署にきけば教えてくれます。

 

駅名がわからないと警察署を特定することができず、弁護士が通勤ルート沿いの警察署にかたっぱしから電話をして確認することになり、スタートが遅れてしまいます。

 

どうして法律事務所の名前を伝えるのか?

痴漢で逮捕された場合は、当日中に弁護士がご本人と接見し、釈放や報道阻止に向けた活動をする必要があります。

 

逮捕されれば本人は当番弁護士を呼んで接見することができます。ただ、当番弁護士は弁護士会から出動要請を受けてから24時間以内に接見するルールになっていますので、必ずしも逮捕当日に会いにきてくれるわけではありません。

 

また、当番弁護士はさまざまな弁護士が登録しており、必ずしも刑事事件に精通しているわけではありません。そのため、弁護を依頼したい事務所があれば、あらかじめ携帯電話や手帳などに記録しておき、家族にお伝えください。

 

ご家族から法律事務所にアクセスしていただき、ご依頼を受けた後に弁護士が警察署に急行します。

wellness-keijibengo.com