アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【蛭子伝説】芸能界1クズな人間蛭子能収を漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20210612182347j:image

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

 

www.asitanowadai.com

 【蛭子伝説】芸能界1クズな人間蛭子能収を漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

www.youtube.com

 

蛭子能収さん告白「認知症になったおかげで、女房に“ありがとう”と言えるのかもしれない」

昨年、自身が認知症であることを公表した漫画家・タレントの蛭子能収さん。認知症と診断されてからの葛藤や、家族・マネージャーへの思い、また妻・悠加さんから見た素顔の蛭子さんなどをまとめた異色の“認知症エッセイ”『認知症になった蛭子さん~介護する家族の心が「楽」になる本』が4月に発売された。 認知症になってからの周囲の反応や、自身の中に起きたある変化に戸惑う蛭子さんの告白を、同書から抜粋して紹介する。

認知症になって、周囲との間に「隙間」が空いた

写真:現代ビジネス オレは2020年7月に、軽い認知症と診断されました。その様子はテレビ東京系の『主治医が見つかる診療所』という番組でやって、それがネットでも話題になったから知っている人も多いと思います。 2014年に、認知症の一歩手前の「軽度認知障害」と診断され、そのまま放置しておくと、数年で認知症になると言われていました。女房が食事の献立を工夫してくれたり、運動したり心がけてきましたが、それでも認知症になってしまいました。まあ、仕方ありませんね。  ただ、レビー小体型認知症とアルツハイマー型認知症の合併症と言われてもよくわかりません。  今の時点では、たしかに、ボヤーっとする感覚というか、船酔いしているようなときがあります。それでも体は健康で、これまで内臓系の病気にもかかったことがありません。足腰も今のところはしっかりしています。たしかに物忘れはありますが、もともと記憶力がいいとはいえませんからね。  隠し事をするのが好きではないので、認知症になったことを公にしましたが、 実際は、オレのなかで何かが変わったわけではありません。  ところが認知症を公表してから、オレの周囲の空気がなんか変わったような気がします。考えすぎかもしれませんが……。  たとえば、診断された後に、親しい記者に「認知症って言われたけど、そうじゃないと思うんだよね」と話したら、その人は、すこし表情をこわばらせて 「大丈夫ですよ、大丈夫!」と言って目をそらしました。  オレは街を歩いていても、「おっ、蛭子さん、認知症になったんだってね」と気軽に声をかけられるかなと思っていました。よく競艇場で「おっ、蛭子さん、今日も負けたんだってね」と知らない人に声をかけられます。それと同じようなものだと思っていました。  ボケていると診断される前は、空気を読まないオレの言動が「おもしろい」と言われていました。それでテレビに出るようになりました。オレ自身は計算した発言や行動ではなくて、感情のおもむくままの姿。それを人が喜んでくれることが好きでした。 でもオレ自身は変わっていないけど、認知症になってからは、あまり笑ってくれなくなった気がします。ちょっと寂しいですね。 なんだか、認知症と診断された日を境に、オレとオレ以外にちょっとした隙間が空いてしまったような気がします。 

ありのままを、笑ってほしい

写真:現代ビジネス

頑張ろうとする自分と、面倒くさがる自分 実はオレは、認知症になることは、そんなに怖くありませんでした。年を取ったら物忘れが多くなるのは当たり前のことだと思っていたから、認知症と言われても、あまりビックリしませんでした。  でも、やっぱり、いろいろツラいことも出てきました。 最近、施設(ショートステイ〈短期入所生活介護〉)に泊まることがあるのですが、なんかしっくりいかないんですよね。  オレは、自分の家で寝るのがいちばん好きです。ソファでテレビを見るのも好きだし、とにかくフツーに暮らしていたいんですよね。  ところが、認知症になると、そんなフツーの暮らしが、思うようにできなくなってしまう。 とくに(ショートステイ先での)外泊が苦手。知らないところで、知らない人と過ごすのも、できればしたくありません。 それなのに、オレの中に、「好きなことやフツーのことができなくても仕方ないか」と思っている自分と、「フツーの生活に戻る」ために頑張ろうとしているもう1人の自分がいる、そんな感じがして……。 なんかチグハグな感じなんですよね。  それでいて仕事をしなきゃ、と焦る気持ちはどんどん強くなっています。とにかく生活費を稼がないといけませんからね。  テレビの仕事は「小さく働いて、たくさん稼げる」から、本当は、ずっとやり続けたいんですが……、なかなか難しいようですね。 テレビ局の人は、またいつか一緒に仕事をやりましょう、と言ってくれていますが、どうなるかわかりません。  だからこの前、看板屋でも見かけたら「オレ、昔、看板作っていたことがあるので、使ってもらえませんか?」と言おうかと思って、街中を探そうとしたこともあります。  お金が稼げなくなったら、人生終わりだということだけは、ずっと思っていて、今も変わりません。  それと、オレは漫画家なので、漫画を描くことも考えています。  ただ、「死ぬときは漫画家でいたい」と思うときもあれば、やっぱり漫画は 「仕事のわりに、稼ぎが小さい」から、面倒くさいと思ってしまうときも。 頑張ろうとするオレと、面倒くさいというオレが、自分の中で一緒にいる感。なんか思うようにならないんですよね……。 「おセンチ」になることが増えた あと、認知症になって変わったといえば、なんだか少し「おセンチ」になることが多いんです。前はそんなの、恥ずかしいことと思っていたのに……。  たとえば、この前(2020年12月18日)、取材で平和島の競艇場に行ったんですが、その帰りにゲートをくぐったらイルミネーションが見えたんです。 すごくきれいだったんですよね。豆電球がチカチカ光っていて。  たぶん、前だったら、見向きもしなかったと思います。  そんな、今までだったら感動しなかったことが「いいな」と思えることが増えたような気がするのですが、これは認知症のおかげでしょうか。  とにかく、そのイルミネーションがあまりに美しかったから、  「わ~、きれいやなあ」  と何げなくつぶやいたら、隣にいたマネージャーの森永さんだけが、  「本当ですね、きれいですね」  と言ってくれました。ちょっとうれしかったです。  森永さんは、すごく優しくて、ギャンブルという共通の趣味もあるし、これからも一緒に居てくれたらなと思っています。今まで言えなかった「ありがとう」

写真:現代ビジネス

 それと、そのときは久しぶりに行った競艇場だったんですが、なんだかすぐに女房に会いたくなってしまいました。前までは競艇を始めたら、家に帰りたいと思ったことはなかったのに……。  仕事でもそうですが、最近は、家から離れると、すぐに、早く帰りたい、早く帰りたい、と、たまらなくなってしまいます。  女房に、それを言うと「ズルい」と言われます。小遣いがあれば、すぐにギャンブルしにすっ飛んでいって、さんざん自由に遊んでいたのに……と。  これも認知症のせいかもしれませんが、とにかく、女房といろいろな話をしたり、笑い合ったりする時間が楽しいんですよね。  今、自宅とは別のところで寝泊まり(ショートステイ)することがたまにあるんですが、隣に女房がいないとすごく寂しいです。だから、「寂しい」と女房にちゃんと言うようにしています。「寂しい」もそうですが、「ありがとう」という言葉も、なるべく言うようにしています。 前までは、感謝したい気持ちがあっても、「ありがとう」と口にすることはありませんでした。照れくさかったし、言わなくてもわかるだろう、と思っていたかもしれませんね。  ありがとう、と言うと、女房は喜んでくれます。  オレは、女房が喜ぶ顔を見るのが、すごく好きです。  ありがとう、ありがとう、ありがとう。何度でも言えますよ。  今まで言えなかったことが言えるようになったのも、認知症のおかげかもしれませんね。

蛭子 能収(漫画家)

news.yahoo.co.jp

 

【これはひどい】都市伝説! 蛭子能収さんのクズすぎるエピソード7選

【これはひどい】都市伝説! 蛭子能収さんのクズすぎるエピソード7選

テレビでタレントとしても活躍している漫画家の蛭子能収さん。レギュラーで出演しているテレビ番組も多く、独特のキャラクターが幅広い層から人気を集めていて、今年に入って初主演映画が公開されるなどマルチに活躍されています。

 

実は“クズ”で有名?


ところが温厚に見える人柄とは裏腹に、実際はかなりの“クズ”であると言われていて、芸能人の間では『芸能界一のクズ』と呼ばれることもちらほら。人気番組『水曜日のダウンタウン』でも蛭子さんのクズっぷりを検証する企画が放送されたこともありました。

ネット上にはたくさんのクズエピソードが!


そんな蛭子さんのクズさをインターネットで検索してみると、驚くほどたくさんのクズエピソードが見つかります。もちろん中には確証のないものもあり、“都市伝説”だといえるものが多いことは間違いありません。

しかし蛭子さんはこれらを「まったく気にしない」とし、むしろ宣伝になってありがたいと明言しています。そこで、今回はインターネットで見かける蛭子さんのクズエピソードを7つご紹介! 果たして真実はいったいどのくらい含まれているのでしょうか!?

蛭子能収さんのクズすぎるエピソード7選


1. 葬式で笑ってしまう


人と笑いのツボが違うことで知られている蛭子さん。実際テレビでも変なタイミングで一人笑い出し、まわりからツッコミを入れられていることも多いですよね。そんな蛭子さんですが、なんとお葬式の雰囲気も笑いのツボに入ってしまい、参列者が神妙な顔つきをしている中でも一人ニヤニヤしてしまうのだとか。

そのため、遺族たちから激怒されてしまうこともしばしばあり、追悼番組の出演NGを食らったこともあるそうです。

2. 無類のギャンブル好き
競艇、麻雀、パチンコ、カジノなどなど、ギャンブルはひと通り手を付けている蛭子さん。少しでも待ち時間があるとパチンコをしたくなってしまうらしく、レギュラー出演中の番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』ではバスの待ち時間が長いとパチンコ休憩に行ってしまうのだとか。

また、1998年に麻雀賭博で逮捕されてしまったことがありますが、「あんなに安いレートで警察の御用になるなら、東尾さんなんか懲役もの」「二度とギャンブルはしません。賭けてもいいです」という発言をしたり、タレント活動の謹慎中にラスベガスへ旅行に行ったりしていたそうです。全然反省してなさそうですね……。


3. ムカついたら自身の漫画で殺す
現実世界でムカつく人がいたら、自身の漫画に登場させて悲惨な死に方をさせることがあるようです。とある漫画雑誌の編集長が蛭子さんから学歴を聞かれ、「東大です」と答えると蛭子さんは無言に。後日、蛭子さんの漫画を読むと同じシーンが描かれていて、編集長が「東大」と発言した後に日本刀で斬られていたそうです。

そのターゲットはたとえ子供でも関係ないそうで、自宅で大事にしておいたプリンを友人の息子が勝手に食べてしまい、やはり漫画の中で惨殺してしまったのだとか……。

4. 「あれ全部腐ってたらおもしろいね」
蛭子さんが難民キャンプで食料を配給している映像を見た際に「あれ、全部腐ってたらおもしろいね」と発言してしまったのだとか。漫画家ならではの発想ではありますが、あまりにも不謹慎すぎてビックリです!

5. 旅行番組で名物を食べない


『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』にレギュラー出演中の蛭子さんですが、海産物が苦手だということもあり、旅行先の飲食店で名物料理を注文せずに食べたいものを食べてしまいます。

共演者がご当地の名物料理を頼む中、一人だけカレーライスやオムライスを注文。旅行番組であることなど一切考えない行動をとってしまうのです。

6. 巨匠・手塚治虫から叩かれる
漫画界の巨匠・手塚治虫先生が蛭子さんについて「あんなのを野放しにしたら、僕の築き上げた日本マンガ全体が駄目になる」と発言したことがあるそうです。

蛭子さんの漫画の作風はいわゆる『ヘタウマ』と呼ばれる独特なもの。正統派からはよく思われないのも納得ですが……。

7. 笑っていいともを降板させられる
1987年に『笑っていいとも』のレギュラー出演者だった蛭子さんですが、とあるラジオ番組で『笑っていいともの名物コーナー』である『テレフォンショッキング』について「テレフォンショッキングは、こっちの話しても、タモリさんが自分の話に持っていくので面白くない」と発言。

それがきっかけで人気絶頂期だったのにもかかわらず、次のレギュラー改変期で降板させられてしまったのだとか……。

それでも国民から愛されている

 


いかがでしたでしょうか。他にもまだまだ蛭子さんに関するクズエピソードがインターネット上には溢れています。

とはいえ、どこまでがウソで、どこまでが本当かは本人にしかわかりませんが、そのクズっぷりも含めて国民から愛されていることは間違いないでしょう。これからも蛭子さんの活躍に期待したいですね!

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

news.merumo.ne.jp