アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【派閥争い】女子社員ばかりの会社に就職した結果(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20210813091055j:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

【派閥争い】女子社員ばかりの会社に就職した結果(マンガで分かる)@アシタノワダイ

www.youtube.com

女性だらけの職場での人間関係は最悪?上手に立ち回る方法とは?

入った職場が女性だらけだった!女性ばかりの職場で起こる人間関係、ひょっとしたら既に職場に行くのが憂鬱な人も多いかと思います。人間関係は仕事において最も大切な要素の1つ。今回は上手に立ち回る方法と女性だらけの職場でも上手くやっていける人の特徴をご案内しています。

女性が多い職場は人間関係がごちゃごちゃ?

「女性だけだと陰口がすごそう」「お局との関係が面倒」など、女性だけ・または女性の比率が多い職場はこういったイメージが少なからずあるもの。 今回は、実際の女性だらけの職場の人間関係と、上手に立ち回る方法をご紹介します。

女性が多い職場の人間関係がドロドロしてしまう理由

「女性が多い職場はドロドロしている」と言いますが、なぜ女性が多い職場は人間関係が複雑と言われがちなのでしょうか? ここからは人間関係を複雑にさせてしまう可能性のある要因をまとめてみました。

女性は派閥を作りやすい

 
女性は男性と比較し、グループ単位での行動が多いです。 単独でどこかにフラッとランチへ行くよりは、特定のグループで外に出たりと男性よりも結束が強い一面があります。 これは古来から、グループ単位で仕事をし男性の狩りの帰りを待っていた生活スタイルが遺伝子レベルで現代にも受け継がれているからです。 それが現代では職場での派閥となっているとされます。

女性は噂話が大好きだから

 
噂話の好き嫌いは女性に限った話ではありませんが、女性の方が噂話に対して敏感です。 男性より女性の方が他人の評価を気にしやすい傾向にあり、グループ単位での行動が多いため拡散力もあります。 そのため何気ない噂話に尾ひれが付き、根も葉もないデマが広がる事も。 こうなってしまうと、仕事に支障が出てしまう可能性も高くなります。 仮にターゲットになってしまった場合、嫌な思いをしたり周りから変な目で見られたりすることから、ぎくしゃくすることになります。

マウンティングしたがる女性がいる

 

女性のマウンティングは人間関係を複雑化させる大きな原因の1つです。 メイクや髪型、持ち物など女性ならではのアイテムや恋人のステータスを比較しマウンティングで相手を嫌な気持ちにさせる…といった事が起こりがちです。 立場が上の女性からのマウンティングは指摘もしづらく、人間関係が悪化してしまいます。

男性を巡って争いが起きやすい

 
女性だらけの職場場合、男性を巡って争いが起きやすい事も人間関係が複雑とされる原因の1つです。 そのため、会社によっては社内恋愛禁止を掲げている所もあります。 異性絡みの争いは男性同士でも熾烈なもの。 特に女性の場合、相手の些細な変化も見抜く観察力を持っている人が多いため、男性が隠しているつもりでもいつの間にかバレていたりと油断ならないものです。

女性同士は嫉妬心を抱きやすい

 

仕事においても、女性同士は嫉妬心を抱きやすいです。 「あの人すごい!私も頑張ろう」ではなく、「私も頑張ってるのに、なぜあの人だけ定時で帰って給料も良いんだろう」とマイナスの方向に思ってしまう事が多いです。 また、個人的な事情から嫉妬心を抱く事もあるため嫌われる要素が明確でない事もしばしばです。 以前は普通の態度だったのに突然嫌われてしまい、扱いに困った人も多いのではないかと思います。

気に入らない相手を仲間外れにしたりする

 
「お菓子飛ばし」という行為を聞いた事がある人も多いかと思いますが、特定の人にだけお菓子を渡さない・お土産を渡さない等の事です。 気に入らない相手を仲間外れにしたり、わざと会議の予定を教えなかったり等不利益を被るような行為を平然と行う職場の人間関係は最悪と言えるでしょう。 嫌いな相手でもビジネスライクに接することの多い男性と違い、女性の場合は気に入らない相手を視界にすら入れたくない・公私関わらず関わって欲しくないという人が多いです。

女性は細かいことを気にしがちだから

 

仕事においての衝突は、お互い真剣に業務をしているのなら避けられない事です。 ですが、女性には過去のミスを掘り返したり、大半の人が忘れていそうな細かい事を気にして批判する傾向が高いです。 確かにミスはいけないですが、寛容さも必要です。 その寛容さがない人が多く、結果としてミスも許されず活発な意見が生まれない閉塞感漂う職場となってしまう事も多いです。

女性の中の職場で上手に立ち回れる人の特徴

必ずしも女性だらけの職場がドロドロしているという事ではありませんが、やはり女性ばかりというと身構えてしまう人がいるのも事実。 でも、女性ばかりの職場にいてもイキイキとしている人はいるものです。 ここからは、女性の中の職場で上手に立ち回れる人の特徴をご紹介します。

周りに流されない

 
噂は聞くけれど基本的に信じない・流行に流されずに自分の道を貫いている人は女性だらけの職場でも上手く立ち回って行く事が出来ます。 このタイプはグループでの行動は嫌いではないけれど、陰口や噂話には参加しないなどの自分ルールを持っている人も多いです。 そのため、職場では年上・年下関わらず慕われやすいです。 その人気に嫉妬した他の女性からあらぬ噂を流される可能性もありますが、味方も多いため被害は大きくなく済むでしょう。

自分に自信を持っている

 
自信を持ってハキハキと発言する女性は同性から見ても非常に魅力的です。 発言にブレがないため、マウンティングも意味がなく、噂話のターゲットにもなりにくいです。 噂話やマウンティングをする女性は、本当に輝いている相手には何の手出しも出来ません。 むしろ手出しする事で自分の評価が下がるため、当たり障りのない行動を心がけるでしょう。

どんな人にも敵意を持たれない

 

いつも笑顔で愛想が良い人・突飛な事をせず上手く周りに溶け込む事の出来る人はどんな人にも敵意を持たれないため女性だらけの職場でも上手くやっていけるでしょう。 どの職場にも一定のルールがありますので、ルールに従っていれば特に大きなトラブルも起きません。 ただ、組織が大きくなればなるほど「どんな人からも敵意を持たれない」という部分では非常に難しいです。 ですが、相手に敵意を持たれないようにふるまう事は可能です。 味方を増やしてイレギュラーにも動じないような人間関係を築く事が出来れば悩みの種も減るはずです。

誰に対しても態度を変えない

 
社長や取引先、気になる異性にも、一貫して態度を変えない姿勢は女性だらけの職場でも好感を持たれやすいです。 女性でなくとも、人によってコロコロ態度が変わる人は関りたくないですよね。 誰に対しても態度を変えない、という事は人と比較してしまいがちな女性にとっては安心出来る存在です。 上司がこのタイプだと、女性だらけの職場でもあっても人間関係も良いと言えるでしょう。

サバサバした性格

 
竹を割ったようなさっぱりした性格の人も、女性だらけの職場であっても上手くやっていけるでしょう。 細かい事を気にせず、後輩たちの面倒見も良い人が部署内にいる場合、離職率が低く長続きする傾向があります。 多少のミスでも笑って許してくれる人がいると、思い切って色々チャレンジ出来る風土が出来るため活発な部署になりそうですね。 ただ、サバサバした性格が良いとはいえ「ガサツ」なのはNGです。 旅行に行った際は手土産を配る・褒められても調子に乗らずに淡々と仕事をこなすなど、女性ならではの気遣いも必要です。

仕事に集中できる

 

職場であれば、「仕事が出来る」という部分はとても重要になってきます。 いつも誰かと雑談していたり、集中力が続かずにミスが増えてしまうなどのトラブルがあると、いくら雰囲気の良い職場でも空気が張り詰めてしまうもの。 周りの環境に左右されず、目の前の仕事に集中出来る女性は職場での人間関係もスムーズにいきます。 頼まれた仕事もサッとこなしてしまえば、信頼も積み重なり昇進や昇給などの道も開けるでしょう。

割り切ることができる

 
仕事は仕事、と人間関係のドロドロを割り切る事も重要です。 人間関係は相手との距離が遠すぎても近すぎても息苦しさを感じるものです。 すっぱりと割り切って、「こういうものだ」と思う事で適度な距離を取れるようになり、結果として上手に生き抜いて行く道が開かれます。 言い方はちょっと悪いですが、程よく鈍感な方が女性だらけの職場では向いています。 仮に自分がターゲットになってしまった場合でも「なんか騒がしいな…」くらい鈍感な人の方が上手くやっていけるでしょう。

女性っぽさを感じさせない

 
異性がいる職場だと、少なからず男性の目を意識した髪型・服装になる女性も多いはずです。 特に内勤の場合は私服OKの所も多いですよね。 人によってはブランド物を使用して華やかに見せようと思う女性もいるかと思います。 それが女性にとって気に入らなかった・相手に媚びていると思われた場合、ターゲットになってしまう事も考えられます。 逆にボーイッシュな人・服装に女性っぽさを感じさせない人は受け入れられやすいと言えます。 職場の服装の系統がどんな感じなのか、入社初日に見ておく事が大事です。

女性だらけの職場で上手に立ち回る方法

「こんな事で人間関係がギスギスするの?」と驚いた方もいるかもしれませんが、女性だらけの職場で苦労している人は思ったより遥かに多いのが実情です。 特に女性の場合は結婚や出産など、仕事以外での経験も比較対象にされてしまう事もあります。 ここからは女性だらけの職場で上手く立ち回る方法を見ていきましょう。

悪口や陰口を聞いても聞き流す

 

悪口や陰口を聞いても、参考程度に聞き流しておきましょう。 寝も葉もない噂だったり、本来は些細な行き違いが大きく言われてしまっている場合もあります。 自分の耳で本人から聞いたり、信頼出来る情報が届くまでは聞き流しておきましょう。 悪口や陰口を聞いて、参加してしまうのは絶対にNGです。 仮に本人とトラブルになった場合、自分も加害者として槍玉に挙げられてしまう事もあります。 第三者から聞いた他人のネガティブな情報は正確さを欠く事も多いです。 聞くまでも、賛同はせずに流しておきましょう。

自慢をしない

 
彼氏自慢、ブランド自慢などは可能な限り控えましょう。 特に女性の場合、婚約や結婚の話などはマウンティングと捉えられかねず、突然無視されるようになった・陰口や噂が流された等のトラブルが発生する可能性があります。 相手から何かを聞かれるまでも、自分発信の自慢はしない方が無難です。 特に新人のうちは、一人前と認められるまではなるべく目立たず自慢せずに過ごしましょう。

張り合わない

 
女性が気にする事の1つに「張り合う」があります。 仕事で「あの先輩にようになりたい!」と思って努力をするのは構わないのですが、ブランド物や服装・髪型など外見で張り合ってしまうと、真似ばかりと反感を買う事もあります。 基本的に女性は他人と比較される・外見で優劣を付けられるのを嫌だと感じている人が多いです。 もちろん仕事は比較・評価というプロセスがあるため避けられない部分ですが、それ以外での張り合いはなるべく避けましょう。

人を馬鹿にした態度をとらない

 
これは女性だらけの職場でなくとも、絶対にやってはいけません。 馬鹿にしている訳ではなくとも、そう思わせるような言動・態度はとらない方が無難です。 あなたが誰かから嫉妬されている場合、その場面を見られてしまうと途端に噂として広まり、職場内の雰囲気が悪くなってしまう事があります。 「いじる」と「馬鹿にする」は紙一重です。 あなたが発言した些細な事が大きな渦となる場合もあります。 誰に対しても平等に、親切な態度で臨んで下さい。

敵意を見せない

 

女性だらけの職場には派閥が多い、と冒頭でも説明しましたが他の派閥の人間だからといって敵意を見せてはいけません。 些細な落ち度から、相手をはじめ自分のグループにまで被害が及ぶ事もあります。 同じ会社の人間ですから、仲間だと思って真摯に接して下さいね。 「この人とは合わないな」と思っても、付き合っていかなければいけないのが社会人でもあります。 誰にでも平等に接する事で、あなたの評判も上がります。 上手く合わせて自衛していきましょう。

まとめ

女性だらけの職場、あなたは上手く立ち回れていますか? ドロドロした部分が多いですが、必ずしも女性だらけの職場が陰口・悪口だらけという事ではありません。 中には、非常にさっぱりした性格の雰囲気の良い職場もあります。 でも、職場の人間関係は実際に入社してみないと分からない部分がほとんどですよね。 せっかく入社したけれど、女性だらけの職場で人間関係が心配…と初日からブルーになってしまう事もあるかもしれません。 そんな時はすぐの転職は一旦考えず、この記事を参考に上手に立ち回ってみて下さいね。

miror.jp