アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【感じるポイント】女はアソコ以外でもイクって知ってた?(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20210726084417j:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

www.youtube.com

 

1番感じちゃうのってどこ?【男女別】性感帯のアレコレ教えます♡

セックスをするとき、パートナーに気持ちいいと思ってもらえたらうれしいですよね!しかし、感じるポイントは人それぞれ違うもの。パートナーにどこが気持ちいいのかを尋ねたり、それに答えたりするのが言いづらい方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、男女の1番感じる性感帯はどこなのか、気持ちよくするときのポイントなどをまとめてご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね♡

 

そもそも性感帯って?

性感帯とは、身体に刺激を与えることで気持ちいいと感じやすい部分を指します。
感じる部分は人それぞれ違うもの。だからこそ、自分やパートナーがもっと気持ちよくなるためには、性感帯を知ることが大切です。そこで今回は、性感帯についてたっぷりご紹介します♡

【男女の性感帯】どうしても感じちゃう場所は?

”性感帯=デリケート部分”と、思っている方も多いのではないでしょうか?
実は性感帯は、男性も女性も身体中にあるもの。そこで、意外と知らない性感帯について男女別にご紹介します!

男性が感じる性感帯は?

【男性の性感帯1】男女ともに多い、耳…♡

五感の1つである耳は、男女ともに感じやすい性感帯の1つです。
息を吹きかけてみたり、舌を入れて舐めてみたりすると、くすぐったいけれど気持ちいい快感が得られます。目隠しをしたり、音を立てながら舐めると、よりとろけるような快感が得られますよ♡

【男性の性感帯2】背中は、ゾクゾク感がたまらない!

セックスのとき、背中は無防備になりがち。不意に触れられたら感じてしまいますよね。
背中は、舌先でなぞるように舐め上げたり、ゆっくり手で触るのがおすすめです。手で触るときは、触れるか触れないかがポイントです!

【男性の性感帯3】男性を焦らしたいなら、太もも♡

下半身を責めるなら、太ももがおすすめです。特に内ももは、男性器に近いので敏感な部分です。
手のひらでなでたり舌で舐めてみたり、唇で吸い付いてみれば、男性を焦らすことができるはずです♡

女性が感じる性感帯は?

【女性の性感帯1】唇だって感じるの♡

セックスをするとき、キスから始まるという方も多いのではないでしょうか?それくらいキスは、重要な愛撫の1つと言えます。
フレンチキスをしたり、舌を入れてみたり、時には唇を軽く噛んでみたり、快感を得る方法は無限大です♡

【女性の性感帯2】首筋は鳥肌もの…♡

首筋も性感帯の1つです。耳から首筋にかけて責められて、感じない人はいないのではないでしょうか?
首筋にキスをしたり、舌で舐めるのがおすすめです。また、首筋と言えばキスマークですよね。服で隠れる場所なら、たまには付けてみるのもいいかもしれませんよ♡

【女性の性感帯3】胸は女性の特権!

女性で、胸が性感帯という人はかなり多いです。中には、デリケート部分よりも胸の方が感じるという人も!
手で揉んだり、先端を指や舌で刺激するのが効果的です。大きさによっても感じ方が違うので、自分が気持ちいいと思う愛撫の仕方を見つけてみてくださいね♪

デリケート部分を愛撫するときのポイント♡

たくさんある性感帯の中で、「やっぱりデリケート部分が1番」という人が男女ともに多いですよね。そこで、デリケート部分の愛撫の仕方について男女に分けてご紹介します♡

男性の場合

男性のデリケート部分には、細かく分けると7つの性感帯があるそう。それぞれを舌で舐めたり、指や手で刺激すると大きな快感を得ることができます。他にも口の中にくわえたり、吸ったりする愛撫の方法もあります。
男性のデリケート部分を愛撫する上で、噛んだり、強く圧迫するのは、やりすぎに注意しましょう。

女性の場合

女性は、デリケート部分の内側と外側に性感帯があります。好みは人それぞれ違いますが、内側よりも外側の方が敏感で感じる人が多いです。
指や舌で刺激したり、口で吸ってみれば、気持ちいいと感じられますよ!しかし、ただやみくもにデリケート部分を触ればいいということではないので、自分の気持ちいいポイントを探してみましょう♪

もっと感じるために…♡

 

男女の性感帯について紹介してきましたが、いかがでしたか?
性感帯を知ることは、セックスをするときに、自分やパートナーがより気持ちいいと感じるために重要になります。みなさんも自分やパートナーの性感帯を見つけて、もっと感じられるセックスを目指してみてくださいね♡


※画像は全てイメージです。

arine.jp