アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【陰謀論?】マイケルジャクソンの謎の死について漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20210114111002j:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 


 

 

www.asitanowadai.com

 

 

 

 

 【陰謀論?】マイケルジャクソンの謎の死について漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

www.youtube.com

 

Michael Jackson Money Lyrics

www.youtube.com

[保存&拡散希望】マイケル・ジャクソンの真実(死の直前、盗聴されていた音声を流します。)

www.youtube.com

 

マイケル・ジャクソンの死

経緯[編集]

2009年6月25日、マイケルが自宅にて心停止・呼吸停止状態に陥り、マイケルのボディーガードが救急隊に通報。12時26分に救急隊が到着。13時14分にカリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) 付属病院へ救急搬送される。約42分間に及ぶ蘇生活動を行うも、カリフォルニア時間14時26分に死亡が確認された[1][出典無効]

8月24日、ロサンゼルス市警察の事情聴取に対する元主治医の宣誓供述書とされるものが報道された[2]。その宣誓供述書によると、元主治医はマイケルの不眠治療のため、6週間にわたって毎晩プロポフォールを投与したという[2]。依存症になることを懸念して、6月22日には処方はプロポフォールから催眠鎮静剤であるロラゼパムミダゾラムへと切り替えられた[2]

ところがその後マイケルは不眠の状態に陥り[2]、死の当日である6月25日には深夜から早朝にかけてロラゼパム、ミダゾラムやジアゼパムを断続的に投与するも眠りにつかせることができず、10時40分頃にはマイケルの度重なる要求により25mgのプロポフォールが点滴投与された[3]。それによりマイケルが眠りに就いた後、元主治医はトイレのため2分ほどマイケルの元から離れた。しかし、トイレから戻った時にはすでにマイケルの呼吸は停止していたという[2]

8月28日、ロサンゼルス検視当局が死因を公式発表。急性プロポフォール中毒とした上で、第一の死因はプロポフォールとロラゼパムの複合使用と指摘した。外的要因による死であることも断定した[4]

プロポフォールは、外科手術において全身麻酔の導入・維持に用いられる麻酔薬である。呼吸抑制作用があるため、設備の整った環境で麻酔専門医による適切な用法と常時監視の下で使用しなければ、呼吸停止・心停止を起こす可能性がある。プロポフォールの投与中は、患者の呼吸状態等を常に監視し続けることが義務づけられている。

2009年7月1日、マイケルの元専属看護師のシェリリン・リーは、ABCニュースのインタビューに答え、4月頃に深刻な不眠に悩むマイケルから睡眠導入のためにプロポフォールの処方を依頼されたが、マイケルがその薬剤の扱いに精通していなかったため、処方を断ったと話した[5]

ja.wikipedia.org