アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【井口和朋/巨人へ電撃移籍】中田翔の暴力事件の真相(マンガで分かる)@アシタノワダイ

 f:id:neko7773:20210831062309j:plain

 信じるか信じ寺ないかはあなた次第

 

 

 【巨人へ電撃移籍】中田翔の暴力事件の真相(マンガで分かる)@アシタノワダイ

www.youtube.com

 

日ハム「中田翔」暴行事件の被害者は「27歳中堅投手」 後輩イジりが原因か

これから後半戦という矢先、球界から衝撃的なニュースが飛び込んできた。8月11日、日本ハムは、中田翔(32)がチームメイトに暴力を振るっていたことが判明したため、出場停止処分を科したと発表した。被害者は入団6年目の中堅投手だった。

 ***

 

■「かわいがっていた後輩だったのに……」

 

「どうやら中田の後輩イジりがきっかけだったようです。イジりの度が過ぎて言い争いが起き、中田が手を出したと言われています」

 こう明かすのは球団関係者である。事件が起きたのは8月4日。函館で行われたDeNAとの練習試合前のことであった。

被害にあったのは、入団6年目の投手・井口和朋(27)です。東京農業大学在学中にユニバーシアードで活躍後、2015年にドラフト3位で日ハムに入団。1年目は中継ぎとして37試合を投げるなど活躍を見せました。その後、試験的に先発に回るなどしましたが、今は中継ぎとして落ち着いています。派手さはないものの、今季も19試合に登板し、防御率1.76とまずまずの結果を残しています」(同)

 井口はもともと中田を慕う後輩の一人だったという。

「“清原2世”とも称される中田はやんちゃで知られていますが、後輩を食事に連れていくなど面倒見はいい。井口もその内の一人だったので、いったい何があったんだとみんな訝しんでいます。よほど、ねちっこい後輩イジリをしたんじゃないか。慌てて周囲が止めに入ったが、井口は脳震とうを起こしてうずくまっていたという証言もあります」

 

■不調から八つ当たりか?

 

 だが、大事には至らなかったようだ。事件から4日後の8月8日に行われた巨人戦に、井口は登板している。

 中田自身は事件当日、一回だけ出場した後に交代させられ、以降、自宅待機となっていた。11日、球団は当面の1軍・ファーム全ての試合の出場停止処分を科したと発表した。

「今季の中田は成績不振で、素行も問題視されてきました。開幕直後の4月7日には、空振り三振後、ベンチでバットを叩きつけて破壊。さらにベンチ裏で転倒して右目を大きく腫らせる醜態を見せた。開幕から30試合で打率は2割台を切る不振で、5月17日に登録抹消されています。6月4日に一軍復帰したものの、しばらくして急性腰痛と診断され、また二軍落ち。7月27日から一軍に合流したばかりでした」(同)

 打撃不振への苛立ちから後輩に八つ当たりしたのだろうか。スポーツの場で暴力は絶対に許されることではない。

デイリー新潮取材班

2021年8月11日 掲載

news.nifty.com

中畑清氏 中田会見なし…日本ハム違うだろ!無期限処分が9日で解除にも違和感

中畑清氏
Photo By スポニチ

【キヨシスタイル!】日本ハムから巨人に電撃移籍した中田翔が、22日のDeNA戦で移籍1号を放った。受け入れた原監督ともどもホッとしたと思うけど、これで万々歳というわけにはいかない。ここに至る経緯には大いに疑問が残る。

 日本ハムが中田に1、2軍全試合出場停止の処分を科したと発表したのは11日。チームメートへの暴行という事の重大さから期間は「無期限」とされた。それがわずか9日後の20日に解除され、巨人へ無償トレード。驚いたのは、中田がいきなり巨人の入団会見に姿を見せたことだ。

 違うだろ。まずは日本ハムが記者会見を開いてトレードに至る経緯を説明し、中田はその席でファンに謝罪するべきじゃなかったのか。きちんとけじめをつけた上で処分を解除し、受け入れ先の新天地へというのが筋だろう。それなのに日本ハムはコメントを出すだけで、会見は開かなかった。自分の球団で起こした問題なのに、もう関係ありませんという態度だ。

 日本ハムだけじゃない。連盟やNPBの対応にも疑問が残る。選手の暴行事件という重大な案件なのに、連盟やNPBが関係者から事情聴取した形跡はない。しっかり調査して日本ハムの科した処分が妥当かどうかを検討し、場合によっては独自の処分を科すこともできたはずだ。

 今回の一連の流れで強い違和感が残るのは「無期限」だった処分が、移籍が決まった瞬間に、わずか9日で解除されたことだ。連盟やNPBが処分に関わっていたら、選手の所属先が変わってもすぐには解除できなかったと思う。

 ファンあってのプロ野球なのに、ファンに対する説明責任を怠った日本ハム。球界全体の問題として捉えるべき暴行事件を一球団の不祥事として報告のまま処理し、積極的な対応をしなかった連盟やNPB。ファンへの裏切り行為に思えてならない。怒りすら覚える。

 中田はすでに巨人の一員として試合に出ている。今さら元に戻すことはできないし、中田を責めるつもりはない。私が訴えたいのは、こうした問題が起きたときに球団、連盟、NPBが取るべき対応。ファン目線に立って球界全体で考えていただきたい。(スポニチ本紙評論家・中畑 清)

www.sponichi.co.jp