アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【N番部屋事件】SNS史上最悪の事件の恐怖を漫画にしてみた(マンガで分かる)アシタノワダイ削除動画

f:id:neko7773:20200617160838p:plain

信じるか信じないかはあなた次第

www.youtube.com

【N番部屋事件】SNS史上最悪の事件 (アシタノワダイ削除動画)

youtu.be

youtu.be

 韓国で起こったSNS史上最悪の事件

『博士』や『カッカッ』という事件の首謀者が

まだ若い男性だったこともあり韓国に衝撃を与えた

n番部屋事件またはn番ルーム事件とは

韓国などで2018年後半から2020年3月までTelegram、Discordなどのメッセンジャーアプリ内で行われていた大規模なデジタル性犯罪(朝鮮語版)・性搾取事件。

 

発生した事件

「n番部屋」

2019年2月には、加害者が被害者たちを「奴隷」と呼んで性的搾取の写真をアップし、個人情報まで共有するテレグラムのチャットルームがあるという事実がDCインサイドの野球ギャラリーと修学能力ギャラリー、日刊ベストストアなどのコミュニティに知られた。「カッカッ」という人物は、「1番部屋」から「8番部屋」(俗に「n番部屋」)まで8つのチャットルームを作り、これに性搾取わいせつ物を載せ、その後「ケリー」というHNの人物に部屋を譲った。 また、「ウォッチメン」という人物は、「ゴッサム部屋」というテレグラムの部屋にリンクを載せてアクセスさせていた。

しかし、n番部屋は2019年9月に消え、代わりに他の部屋ができた。

「博士の部屋」

生まれた部屋の中で「博士」というニックネームが運営した「博士の部屋」が最も有名だが、これは性搾取物をテレグラムチャットを通じて流通し、仮想通貨決済でのみチャットルームに入ることができる専門的なモデルを作ったからである。

2019年7月に登場した「博士」は、女性を脅迫個人情報を把握し、サディズムな写真と映像を撮影して掲載させた。

報道が始まると、「博士」は記者の身の上情報を把握して流布した。

また、仁川(インチョン)広域市にある高校生は、児童わいせつ物と麻薬取引リンクが共有されるいくつかのテレグラムチャットルームを運営し、警察の捜査に備える要領まで共有した。

模倣犯罪

最初から第2のソラネットを自任し、一種の模倣犯罪として始まった事件として、n番部屋はこれを再度模倣した博士部屋を生み、その他にも無数の模倣犯罪が2020年3月現在まで発生している。

その規模も決して小さくないが、捜査が始まるとテレグラムからディスコードにプラットフォームを移したアカウントだけでも約30万人に達するという結果になった。

 

事件の詳細

2020年2月14日、テレグラム性搾取対応共同対策委員会が発足した。

性売買問題解決のための全国連帯、タクチン明日、韓国サイバー性暴力対応センター、韓国性暴力相談所の4つの団体が公論化及び諸問題に対する複合的対応のために共同参加した発足入場の場で、テレグラムで"n番部屋"興行後、知人の陵辱、合成写真、薬物性暴力映像、トイレ不法撮影物などをテーマにした部屋が雨後の竹の子のように現れ、共同対策委が約60室を発見し、該当部屋の参加者を単純に取りまとめて参加者が26万人と推定された。

そのうち1か所では2万人余りの参加者および平均オンライン人員1000人以上の大規模な活動が捉えられたと明らかにした。

 

2020年3月20日、テレグラム性搾取申告プロジェクトReSET(Reporting Sexual Exploitation in Telegram)の声明によると、"3月18日午後基準で、ディスコード内のデジタル性犯罪サーバーは112に達し、このサーバーを利用した加害者は、単純に推定すると30万人以上だった"とし、Resetは3月19日、100余りのサーバーデータベースとこれまで収集した記録をサイバー捜査隊に伝えたという。

2020年3月25日、国内の仮想・暗号通貨取引所は"n番部屋"主導者と加入者が仮想通貨で決済したことが把握され、今回の事件と関連して捜査当局に協力することにした。

 

ウォッチメン

2019年9月、ニックネーム"ウォッチメン"が拘束された。 ウォッチメンは38歳の会社員で、以前にもわいせつ物の流布で執行猶予を受けており、n番部屋の大衆化設計者として知られた。

元某は、違法撮影のインターネットサイトを運営した疑いで起訴され、検察により懲役3年6ヶ月を求刑されたが、裁判中、テレグラムn番部屋との関連性が明らかになったことから、弁論再開の申請がなされた状態だ。

ケリー

2019年9月、警察はニックネーム"カッカッ"からn番を受け継いだ元運営者シン氏(ニックネーム"ケリー"、30代男性)を拘束した。

シン氏は、児青法違反ですでに懲役刑の執行猶予を言い渡された前歴がある。 春川地検刑事1部は1審で懲役2年、就業制限5年、追徴2397万ウォンを求刑した。 一審の裁判部は懲役1年、性暴力治療プログラム履修40時間、児童青少年関連機関及び障害者福祉施設に各就業制限3年、2397万ウォンの追徴を宣告した。

春川地裁1審は"児童・青少年登場わいせつ物を大量所持し、捜査機関の追跡が難しいテレグラムを通じて流通させたため、罪質が重い"としたが、シン容疑者が捜査過程で捜査機関にテレグラムを利用したわいせつ物流通方式を知らせ、点組織形態の流布者を検挙したり追跡する手がかりを提供するなど、捜査に積極的に協力し寄与した点を特別酌量して懲役1年を言い渡したと明らかにした。

さらに、シン氏は1審で11回反省文を提出し、善処を訴えてきたという。 検察は控訴せず、シン某だけが控訴し、シン某は2審を進める春川地裁刑事部にも反省文を1回提出した。

2020年3月25日、検察は控訴しなかった理由について、"控訴基準や被告が犯行のすべてを自白し、点組織形態のわいせつ物の流布者などを追跡・検挙する手がかりを提供した点などを考慮して控訴しなかった"とし、"弁論再開を申請するなど、今後の控訴審公判に積極的に対応し、わいせつ物製作に関与するかどうかや、いわゆる'n番部屋'事件との関連性、共犯の有無などを補完捜査してその罪質に合致する刑事責任を問う"と明らかにした。

春川地裁は26日、検察の弁論再開要請を受け入れ、4月22日に公判期日が指定された。 ただ、裁判所が弁論を再開しても検察が追加容疑を発見できなければ、裁判所は1審で判決よりも重い刑を言い渡すことはできない。

ロリ隊長テボム

2019年11月、警察は"ロリ隊長テボム"(ペ氏、10代)を逮捕した。 ペ氏はn番部屋を模倣してテレグラムチャットルームを運営し、未成年者に対する性搾取不法撮影物を製作・流布した。

ペ氏は"ゴッド(笠)"の潜伏後、"プロジェクトN"という名で犯行を謀議し、被害者は女子中学生3人だ。

3月31日、春川(チュンチョン)地方裁判所で開かれた裁判で、自分の犯行を全て認めた。

「博士」

2020年3月17日、警察は"博士"と推定される容疑者を共犯14人とともに検挙した。

「博士」ことチョ・ジュビン(朝鮮語版、英語版)は、仁川(インチョン)のある工業専門大学を卒業し、学報社の記者として活動したという。

日刊ベストストアの会員としても活動した情況があるが、確実なものではない。

太平洋

2020年3月26日、テレグラム「博士の部屋」の運営陣だったが、「太平洋遠征隊」という性搾取物共有室を別途設置した16歳の被疑者・太平洋(テピョンヤン)を先月拘束し、検察に渡したことが確認された。

太平洋が運営したテレグラムの部屋では、わいせつ物は数百本から数千本ぐらい掲載され、被害者の性的搾取映像やセクハラ映像などが多数あったという。

イギヤ

2020年4月28日、警察庁身元公開審議委員会の決定に基づいて、陸軍一等兵の身上公開が決定した。

元社会公益勤務要員

ブッタ

2020年4月7日、「博士の部屋」の参加者を募集して得られた犯罪収益金(仮想通貨)をチョ・ジュビンに与えた疑いで、児童・青少年の性保護に関する法律違反などの疑いを適用して逮捕され、拘束令状が申請された。

4月16日、「博士の部屋」の共同運営者カン・フン(18)の身元が公開された。

カッカッ

2020年5月12日、一連のn番部屋の創始者であるニックネーム"カッカッ"ことムン・ヒョンウクを、児童・青少年の性保護に関する法律違反で逮捕、5月13日に本名が公開された。

 

社会への影響

n番の加害者の処罰を要求する大統領府国民請願が2019年11月29日に上がってきたが、同意者が133,313人を記録し、請願の回答を受けられなかった。 

以降、大統領府と国会に請願の受付が相次いだ。

 

3月26日、行政安全部の住民登録番号変更委員会は、"n番地"の被害者と認知される住民登録番号変更申請の件があった場合、"緊急処理案件"として上程し、できるだけ3週間以内に速やかに処理するという立場を明らかにした。

本来、法定処理期間は6ヵ月であり、通常3ヵ月がかかる。

反応

専門家らは、同事件の解決と再発防止のためには、第一に政府の積極的な国際協力捜査協力の要請、第二にデジタル性犯罪の専門部署の新設、第三に量刑基準の強化および不法収益還収のための強力な制度づくり、第四に艦艇捜査の許容、第五にプラットホームに対する処罰などが必要だと指摘する。

また、今回の事件を受け、"デジタル集団性暴力"、"性搾取"などの新たな概念や罪名の導入が必要との意見も示された。

n番部屋事件 - Wikipedia

アシタノワダイは見つかりましたか?