アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【秘密組織ヤタガラス】日本を本気で変えようとするとどうなるのか(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20210708182718j:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

 

www.asitanowadai.com

 【秘密組織ヤタガラス】日本を本気で変えようとするとどうなるのか(マンガで分かる)@アシタノワダイ

www.youtube.com

警察とパチンコ業界の癒着について

非常に遅いご報告となってしまいますが、先月「パチンコ72万台回収、業界の今」という記事を書いたところ、何を間違ってかYahoo!Japanのトップニュース扱いとなってしまいました。パチンコ業界は、普段、このような大きな報道に慣れておらず、また報道が為されたタイミングが業界にとって非常にセンシティブな時期であったのもありまして、業界は上へ下への大騒動。本記事がアップされた翌日には、朝から「業界関係者」を名乗る方々から弊社への凸電が相次ぎました。パチンコ業界の皆様におかれましては、正面玄関からの弊社への業務妨害に心より御礼を申し上げるところであります。

画像

一方、パチンコ業界以外の一般の方々の本ニュースへの反応を見てみると、その多くが警察庁の本件に対する非常に曖昧な裁定に対して批判的であり、「パチンコ業界は警察の天下り先だから、あのような甘い裁定となるのだ」といった意見が相次いでおりました。

画像

ただ、個人的に申し上げるのならば、実はパチンコ業界は警察庁にとってはそれほど大きな天下り先ではございません。奇しくもちょうど時を同じくして先月「週刊ダイヤモンド(2016/07/30日号)」に報じられた内容(左図)によりますと、警察庁の民間企業への業種別天下り人数は金融業が100人でダントツに大きく、2位に保険業(47人)、3位に旅客鉄道業(39人)と続きます。一方パチンコ業界への天下りは記載のある業種別ランキングのTop18にも入っていない状況。勿論「警察庁からパチンコ業界への天下りが全くない」とは言わないのですが(事実、業界団体の中に警察庁ポストはあるので)、相対的に見て天下りが少ない業種であるのは間違いありません。

では、なぜ今回、警察庁がパチンコ業界に対してこのような曖昧な裁定を行っているかというと…

という先の記事の後続となる解説記事を実は準備しておったワケですが、そのタイミングでオリンパス社の不正会計事件などをすっぱ抜いた事で知られる経済誌「FACTA」が以下のような警察庁とパチンコ業界のスクープを飛ばしまして、私の用意していた記事は台無しであります。以下、FACTAより転載。

パチスロ業界と警察のただならぬ「蜜月」

https://facta.co.jp/article/201608015.html

パチンコ・パチスロ業界と警察の「ただならぬ蜜月」はかねて取り沙汰されてきた。業界は、それを規制する警察のOBらを採用することで、少しでも射幸心の高い機種の認定を勝ち取ろうと画策。どの業界にもある癒着構造だ。本誌が取材を進める中で、業界トップの虜となった規制担当官の実態が浮かび上がってきた。6月に入って、パチンコ・パチスロ業界で数枚の写真が出回っている。男性2人が都内の居酒屋で密会するシーンだ。一人はパチスロの業界団体である、日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)理事長の佐野慎一氏。パチスロメーカー「山佐」の代表取締役でもある。山佐は、かつてのパチスロトップメーカーで、「バイオハザード」「ウルトラマン・ザ・スロット」などのヒット作を持つ。もう一人は、同業界を管轄・指導している警察庁において、3月末まで規制行政を担当していた生活安全局保安課のS氏 …

報道の詳細はFACTA本誌をご覧いただければと思うワケですが、概要だけ掻い摘んでご紹介すると先のエントリで私もご紹介した一連の不正パチンコ機蔓延の結果、警察庁側が新たに業界に向けて設置するようにと「実質的な」行政指導を行っている不正防止機能が、実はパチスロ大手メーカーである山佐社にコッソリと特許が抑えられており、その警察庁による行政指導の「ど真ん中」に今年3月まで居た警察庁生安局の課長補佐がその山佐の代表取締役である佐野慎一氏と密会を繰り返しているとする記事であります。当該記事によると、この特許の使用によって山佐側には数億円のパテント料が入るだろうとされており、ナントモ平らかな話ではありません。

この報道は業界内はおろか、現在警察庁の内部で大混乱を引き起こしており、佐野氏と密会を行っていたとされるS氏、ここではリアリティを持たせる為に仮に斉藤康裕・前課長補佐と呼びますが、その斉藤・前課長補佐(仮称)がこの4月に出向の決まったばかりの内閣官房から異例の3か月での差し戻しを受けており、現在、警察庁内で本件に関する査問が行われているとのこと。同様に本スクープ報道のもう一人の主役である佐野氏も業界団体は元より警察庁にも呼び出しを受け、本件に関する申し開きの真っ最中であるとの事であります。私のところに入っている情報によりますと、佐野氏および斉藤康裕・前課長補佐(仮称)は

・関連する特許を山佐が保有しているのは事実だが、本特許は開放特許(誰でも自由に使用して良い特許技術)として設定するつもりであった

・斉藤康裕・前課長補佐(仮称)と佐野氏は報道された日に初めて面会をしたものであり、以前からの付き合いはない

・当日の会場となった飯田橋の海鮮居酒屋での飲食代(7000円弱)すらも割り勘にしており、両者に間に利害関係はない

などという様な申し開きを行っている模様。個人的には、佐野さん超金持ちのクセに何で個室も使わずにその辺の安居酒屋使ってんだよ…、とツッコまざるを得ない状況であります。

一方、実は業界の極一部では同居酒屋会合での会話を起こしたものとされる、どう考えても当該スクープをFACTAにタレこんだ人物が出所としか思えない怪しげな文書が出回っておりまして、その文書がホンモノだとするのならば、現在、佐野氏と斉藤康裕・前課長補佐(仮称)が行っている申し開きとはかなり大きいズレが生じる内容も含まれているのが実情です。

【参考】現在、業界の極一部で出回っている資料

画像
画像
画像

私がざっと内容を見たところ、文書内に出て来る固有名詞は実在の人物ばかりですし、そこに描かれている人物像も基本的に間違っていない。また、上記の他に添付資料として持ち込まれている未公開の資料も含めて考えると、これらが「全くの事実無根」(by 鳥越俊太郎)とも言えなそうだな、とは思っておるところ。一方で、通常この種の文書を「黒塗り」にする場合には固有名詞が真っ先に消される事が多いワケですが、本資料に関しては寧ろ固有名詞は全力で開示しているにも関わらず、特定の会話内容のみをゴッソリと削除していたり、そうかと思えばそんなとこ隠してどうすんの?と思われる箇所が消されていたりと、黒の入れ方に非常に大きな違和感がある。即ち、特定の会話内容を「切り取る」事で特定の方向に向かって印象操作しようとしているのでは?と思われる部分もあり、まぁ正直、全部が全部真実とは思えないなぁという印象も同時に持っておるところです。

ただ、繰り返しになりますが本文書が100%創作であるとは様々な付随する状況証拠からは思えず、また佐野氏と斉藤康裕・前課長補佐(仮称)が行っている申し開き内容との間に「隔たり」があるのは事実でありますので、文春に過去の淫行疑惑をすっぱ抜かれた鳥越俊太郎氏と同様に、その内容が間違っているのなら間違っているでどこが事実と相違しているのかに関して改めて申し開きを行って頂きたいと思う所です。

ということで、本稿の結論としては警察庁のパチンコ業界への天下りは相対的に多いものではない事は数字として実証されている一方で、個別企業との間の癒着に関しては諸々の噂は絶えません、ということとなります。

news.yahoo.co.jp

橋本元首相、新聞記者ら 中国ハニートラップにハマった人々

ハニートラップは古来、中国の情報工作の一つ。女性工作員が男性を籠絡して機密情報を得る、または弱みを握って揺さぶる策謀だ。対象は政治家、官僚など多岐に渡る。

 有名なのは、橋本龍太郎元首相を籠絡した中国人女性通訳のケースだ。1996年、橋本氏に、中国政府関係者を夫に持ち駐日中国大使館への勤務経験もある中国人女性との親密な関係が発覚した。

 後に、この女性は北京市公安局の情報工作員だったことが判明。橋本氏と交流を持ちながら、中国へのODA増額などの働きかけを行なっていた疑いがある。

 2人の出会いは1970年代末、ホテルニューオータニのロビー。女性は橋本氏の前で、白いハンドバッグを落とし、それを拾ってもらう。橋本氏は、突如現われた女性の美貌に心を躍らせるが、あらかじめ仕組まれた工作の可能性が高い。

 2004年、上海総領事館員も巧妙な罠に嵌まってしまった。上海のナイトクラブで働くホステスと交際していた領事館員は、このホステスとの交際などをネタに中国公安の「協力者」になることを迫られる。中国公安は、領事館員が暗号電文を送受信する立場であることを既に知っていた。

 思い悩んだ領事館員は、領事館内の宿直室で自ら首を吊る。遺書にはこう綴られる。

<日本を売らない限り私は出国できそうにありませんので、この道を選びました>

 日頃、中国共産党を取材する立場のジャーナリストにもハニートラップの毒牙が及ぶ。

 昨年7月、大手全国紙で数多のスクープを飛ばしていたエース特派員とテレビ局の中国人スタッフの「禁断不倫」が週刊誌によって報じられた。

 記者は中国人女性と仕事で知り合う。その後、取材現場で顔を合わすうちに恋愛に発展していくのだが、これを“男の火遊び”と軽視することはできない。記者は、中国人女性を支局内に連れ込み、取材情報が集積されたパソコン端末を使用させていたと記事には綴られている。

 昨今、その大手紙は中国共産党の暗部を執拗に報じている。それらの情報源を割り出したい当局にとっては、新聞社の内部情報は何としてでも手に入れたいものだ。ちなみに、この女性は中国軍幹部の娘だという。

 狙われるのは民間のビジネスマンも同様だ。例えば国家間のプロジェクトに関わる財界人などは、ハニートラップの格好の対象になろう。

「中国進出メーカーの駐在員もハニートラップの被害者となることがある。ある現地支社長は、愛人兼秘書に若い中国人女性を雇い、奥さんの監視を逃れて、“我が世の春”を謳歌していた。この中国人女性に関係を家族や会社にばらすと脅迫され、多額の金銭を支払ったと聞きました」(大手メーカー・中国駐在員)

 心を許したが最後。中国人の策謀はしたたかで恐ろしい。

※SAPIO2014年9月号

www.news-postseven.com

友人と酒を飲むのもNG…自衛隊の秘密情報部隊「別班」をご存じか

プレッシャーで〝壊れて〟しまうエリートたち

身分を偽装した自衛官に海外でスパイ活動をさせている、陸上自衛隊の「別班」という非公然秘密情報部隊をご存じだろうか。

「別班」は、ロシア、中国、韓国、東欧などにダミーの民間会社をつくり、民間人として送り込んだ「別班員」にヒューミント(人的情報収集活動)を展開させている。日本国内でも、在日朝鮮人を抱き込み、北朝鮮に入国させて情報を送らせる一方、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)にも協力者をつくり、内部で工作活動をさせている。

たしかにアメリカのDIA(国防情報局)のように、海外にもヒューミントを行う軍事組織は存在する。しかし、いずれも文民統制(シビリアンコントロール)、あるいは政治のコントロールが利いており、首相や防衛相がその存在さえ知らされていない「別班」とは明確に異なる。

張作霖爆殺事件や柳条湖事件を独断で実行した旧関東軍の謀略を持ち出すまでもなく、政治のコントロールを受けずに、組織の指揮命令系統から外れた「別班」のような部隊の独走は、国家の外交や安全保障を損なう恐れがあり、極めて危うい組織といえるのだ。

そうした組織の一員=別班員になるためには、陸上自衛隊小平学校(現・情報学校)の心理戦防護課程という、特殊な教育・訓練をするコースを修了する必要がある(このコースは、謀略・諜報・宣伝・防諜といった、いわゆる「秘密戦」に従事する特務機関員や情報将校を養成するための教育訓練機関として設置された、旧陸軍中野学校の流れをくんでいる)。

詳細については拙著『自衛隊の闇組織――秘密情報部隊「別班」の正体』(講談社現代新書)に譲るが、心理戦防護課程に入るための面接試験では、「休憩時間に行ったトイレのタイルの色を言え」と尋ねられたり、大陸の形だけが描かれた世界地図を示して「X国の位置を示せ」といった質問がされるという(いずれの問いも、中野学校の入試問題と酷似している)。

同課程を首席で修了した者のうち、一定の基準に達した人しか名を連ねることができないほどのエリート集団=別班には、厳しい掟があるともいう。いわく、出身校の同窓会や同期会には出席するな、友人と呑むな、年賀状は出すな、近所付き合いも禁止、自宅には表札を出すな、通勤ルートは毎日変えろ……。

外部との接触を完全に断つよう要求される別班員たちは、ものすごいプレッシャーを受けており、班員の半数ぐらいは、精神的に、あるいは社会的に適応できず、〝壊れて〟しまったという。誰にも言えない、違法な仕事をさせられているのだから無理もない。「こんな非合法なことはできない」と辞める別班員もいたようだ。

「痴漢にでっち上げられないよう注意しろ」

近年、元別班員たちの著作や証言により、別班の実体が徐々に明らかになってきていたが、その内容は1970年代までの情報にとどまるため、はたして別班がいまも存在し、海外で情報活動を展開しているのか、謎が残されたままだった。

しかし、私が勤務する共同通信の一連の取材では、陸上幕僚長、情報本部長という極めて責任が重いポストの経験者の証言によって、首相、防衛相にも知らせず、別班が現在も身分を偽装した自衛官に海外で情報収集活動をさせている事実が明らかになった。文民統制を完全に逸脱しているのだ。

『自衛隊の闇組織――秘密情報部隊「別班」の正体』執筆のきっかけとなった、共同通信の配信記事が新聞各紙に掲載された数日後、会った旧知の陸上自衛隊の将官からは、こんな忠告を受けた。

「隊内の反響が、凄まじいことになっている」「最低限、尾行や盗聴は覚悟しておけ」「ホームで電車を待つ時は、最前列で待つな」

また、配信記事を機に知遇を得た、元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏はこうアドバイスしてくれた。

「自衛隊は嫌がらせをするつもりだ。いつ何をされるかわからない。特に痴漢にでっち上げられることに注意しろ。酔っぱらって電車に乗るな」

長年、社会部で防衛庁、防衛省を取材してきたが、経験したことのない、「国家」と〝軍隊〟の恐ろしさを感じた瞬間だった。

自衛隊がそれほどまでに知られたくない「別班」は、帝国陸軍の〝負の遺伝子〟を受け継いだ〝現代の特務機関〟であり、災害派遣に象徴される自衛隊の〝陽〟の部分とは正反対の〝陰〟の部分といえる。

憲法第9条をめぐる本格的な改憲論争が始まろうとしているいま、自衛隊について考える材料の一つとしていただけることを願う。

(いしい・ぎょう 共同通信社編集局編集委員/「本」11月号より・一部改変)

gendai.ismedia.jp

 

民進・前原代表「北朝鮮ハニートラップ疑惑」ラブラブ写真に別の狙い

山尾志桜里衆院議員(43)に続き、またも民進党から醜聞が飛び出した。しかも今度は前原誠司新代表(55)だ。14日発売の「週刊文春」が、18年前の“北朝鮮ハニートラップ疑惑”を報じた。次から次へと飛び出すスキャンダルに、党内は「解党やむなし」の声が充満、離党者も絶えない。こうした状況に目を光らせているのが自由党代表で「政界の壊し屋」の異名を取る小沢一郎氏(75)。“最後の”野党再編構想を練っており、次期総選挙で「大勝負に出る!」と豪語しているという。

「もうどうにもならない。このままでは政権交代はおろか、党自体が埋没してしまう」

 そう嘆くのは民進党関係者だ。先週の山尾氏のダブル不倫疑惑に続き、今度は前原新代表に“文春砲”が炸裂。18年前の訪朝時に撮られた美女とのラブラブ写真が流出し、北朝鮮とのただならぬ関係が注目されている。

「コリアリポート」の辺真一編集長は「1999年当時は、米朝関係も南北関係も悪くなかった。98年8月に初めて発射されたテポドンが、日本を飛び越え三陸沖に落ちて大騒ぎになったが、それから今回の前原氏の写真が撮影された日までは10か月たってるから、日朝関係もほとぼりが冷めているころです」と語る。

 献金問題なども含めて、朝鮮半島との密な関係が長く指摘されている前原氏だが、辺氏はこうみている。

「前原さんは北朝鮮に厳しく、タカ派の立場。先日、テレビ番組で前原さんとご一緒したけど、北への制裁と圧力を強調していた。小渕政権下の国会でも、厳しい質問によって、北のミサイル基地について『叩くべき』という答弁を小渕政権から引き出している。鳩山、菅、野田の民主党政権下では拉致問題に強硬な対応を取った。対話・交流ではなく、制裁・圧力だった。北朝鮮は民進党に悪い印象を持っている。前原=タカ派の認識。だから拉致問題も全く進展しなかったのです」

 その意味で今回の前原氏の北朝鮮写真には別の狙いがあるようだ。

 前出の民進党関係者は「ずいぶん古い話を…とは思うが、それが写真とともに大きく掲載されたことが大問題。山尾氏のスキャンダルしかり、何者かが党をかき乱そうとしていることは明らかだ」とみている。

 山尾氏の不倫疑惑のリーク元は党内といわれているが、今回も「民進党内から出た可能性が高い。前原新体制を良しとしない議員らが怪しまれているが、当人は否定している」(テレビ関係者)との声も浮上している。“内ゲバ”ならば、相次ぐ醜聞は「早く解党しろ!」という党内からの声なき声にも聞こえてくる。

 離党者も相次いでいる。13日には鈴木義弘衆院議員(54)が離党届を提出。記者会見したが、終盤にはすでに民進党を離れた細野豪志衆院議員(46)がわざとらしく現れ「これから一緒に協力していければいい」と述べた。両者に加えてさらに複数の国会議員が、小池百合子都知事(65)と側近である若狭勝氏(60)らが進める新党に合流するとみられている。

 当初は10月22日投開票の衆院のトリプル補選が新生民進党の試金石になるはずだったが、すでに度重なる醜聞で失速。対照的に小躍りしているのが与党で「本来は来秋の自民党総裁選で安倍首相3選のタイミングで解散・総選挙を想定していたが、一気に早まる可能性が出てきた。事実、各マスコミの政治部は、都道府県別の小選挙区の当落分析をすでに始めている」(同)という。こうした波乱含みの政情で牙を研いでいるのが元民主党代表の小沢氏だ。

「昨年から小沢さんは野党再編構想を練っている。すでに民進党の一部の議員に接触を図り、民進党の分裂、もしくは解党後を見据えて動いている。あとはタイミングだ」(事情通)

“政界の壊し屋”と言われた小沢氏も御年75。普段は「午後9時までには寝ている」(事情通)というが、ここぞの時のパワーは健在。周囲には「年齢的にも次の選挙が集大成だ。野党躍進ではなく、政権交代までしなければ意味がない。その策ならある!」と豪語しているという。

 一部では10月に自由党を発展的に解党するという情報も出回っている。民進党内の反前原分子が小沢氏との合流を画策しているとしたら、混迷を極める時こそかつての“剛腕”の出番かもしれない。

www.tokyo-sports.co.jp

 

 

警察とパチンコ業界の癒着について

記事にしている週刊誌・メディアを発見することができませんでした。

 

記事にするといろいろな勢力に潰されるとということでしょうか・・・

 

文春砲で三点方式の闇を暴く日は来るのでしょうか。。。