アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【ポケモンショック・ポリゴンショック】ポケモン史上最大の放送事故について漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20210330174908j:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

 

www.asitanowadai.com

 

【ポケモンショック・ポリゴンショック】ポケモン史上最大の放送事故について漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

www.youtube.com

 

【閲覧注意】ポケモン・フラッシュ【放送事故】自己責任

www.nicovideo.jp

「ポケモンショック」とは何だったのか。23年前に社会を席巻した騒動、当時の紙面が投稿され話題に

nicescene via Getty Images
ピカチュウ

23年前に新聞各紙がこぞって取り上げたある騒動が、ネット上で話題になっている。

「ポケモンショック」だ。

きっかけは12月17日、ちょうど23年前の新聞各紙の紙面写真がTwitterに投稿されたこと。ポケモンショックはどんな騒動だったのか。

「電脳時代の落とし穴」

騒動が起きたのは1997年12月16日。この日にテレビ東京で放送されたアニメ「ポケットモンスター」第38話「でんのうせんしポリゴン」を視聴した子供たちに、けいれんなど体調の異変が起きた。

翌17日付の朝日新聞夕刊によると、全国で680人の小中学生らが病院に搬送され、150人以上が入院。多くが軽症だったが、中には一時意識不明となった子供もいたという。

問題視されたのはアニメの終盤。ロケット弾が登場する戦闘シーンで、強い光の点滅や色調の激しい変化が続いた。この直後にけいれんを起こしたという報告が相次いだという。(1997年12月17日付朝刊)

時事通信社
テレビ東京系の人気アニメ「ポケットモンスター」を見た小中学生ら500人以上が身体の異常を訴え病院に運ばれたことで、記者会見を開き事情説明するテレビ東京の浦本紘広報部長(東京・虎ノ門、1997年12月16日) 

多くの地方局では、この回が後日放送される予定だったが、軒並み中止に。テレビ東京がアニメ自体の放送休止を決定し、再開までに4カ月を要した。

当時の見出しや記事では「電脳時代の落とし穴」「電脳時代の新たな現象なのか」などと表現され、混乱の様子が見てとれる。

厚労省が調査に乗り出す事態にも発展し、体調異常の原因は、頻発した赤・青色の点滅刺激などだったと結論づけられた。また、暗い部屋や1メートル以内の近い距離で見ていた人に体調異常が多かったことも明らかになった。

最終報告では「番組視聴によって光感受性がさらに高まり、コマーシャルの視聴によってけいれんを起こした可能性が推察される」と、番組だけでなくCMの影響にも言及した。

また、NHKと日本民間放送連盟は再発防止ガイドラインを作成。「1秒5回を超える点滅は禁止」「点滅時間は連続して2秒以内」といった基準が設けられた。(1998年4月4日付朝刊、4月9日付朝刊、6月26日付朝刊)

この騒動は、登場したキャラクターの名前をとって「ポリゴンショック」という呼ばれ方もしている。ネット上では、「ポリゴン」がそれ以降不遇の扱いを受けているという見方が広まっており、同情の声も寄せられている。

www.huffingtonpost.jp

第165回 ポケモンショック事件でできたガイド・ライン

第165回 ポケモン事件でできたガイド・ライン

 

 人数は少ないがNHKで放送されていたアニメでも『ポケモン』と同じような事件が起きていた。
 しかも、その事実は報道されていなかった。
 もし、その事実が知らされていたら、『ポケモン』の問題を起こしたエピソードは、それなりの処理をして作られ、被害者は出なかったかもしれない。
 しかし、後で何を言っても遅い。
 起きたことは起きてしまったのである。
 事件の原因は、俗にパカパカというアニメ表現らしかった。
 その表現でTVを見ている視聴者が光感受性発作(強い光による刺激が、視神経を経て大脳皮質に伝わり、発作を起こす脳波が誘発される症状)を起こしたというのだ。
 この事件は他のアニメでも起こりうる事だった。
 いや、激しい明滅表現をすれば、アニメ以外のTV番組や映画でも起こるかもしれない事件だったのである。
 今までのTV番組は、「赤信号、みんなで見れば怖くない」状態だったのだ。
 マスコミの『ポケモン』バッシングはたちまち収まった。
 危険性のあるアニメはかたっぱしから修正処理された。
 『ポケモン』以外でも起こりうるという事は、マスコミの関係するあらゆるTV局にとって、明日は我が身に降りかかる事件だったのである。
 となると、マスコミの逃げ足は速い。
 「『ポケモン』は運が悪かったんだ」
 そんな気分が漂い始めた。
 だが、こんな声もあった。
 「「ポケモンのせいでひどい目にあった」
 事件の被害者ではない。
 『ポケモン』アニメの制作会社でもない。
 「パカパカ表現が使えなくなった」
 別のあるアニメ会社である。
 実は、パカパカは枚数を減らしてアニメを安上がりにして派手に見せる効果もあった。
 それが、使えなくなってアニメを制作するのにお金が余計かかるようになったというのである。
 「『ポケモン』には罪はない。悪いのは表現方法だ。それも、他のアニメでも今まで使っていた表現だ」
 『ポケモン』アニメを制作している側からも、そんな声が出てきだした。
 御前様の最悪の窮地は、あっという間に消えた。
 御前様は、すぐにアニメ制作を再開しようとした。
 視聴者の間にも放送再開を望む声が大きくなった。
 しかし、しばらくの間『ポケモン』は放送されなかった。
 『ポケモン』を放送したTV局は慎重だったのだ。
 しかし、夏には映画版の予定がある。
 焦れた御前様は、局の決定を待たず制作のGOサインを出した。
 再開時用に、人気のあるピカチュウがたくさん出てくる「ピカチュウの森」というエピソードが選ばれた。
 「やっと会えたね」というサブタイトルが用意された。
 事件を起こしたエピソードは、修正不能なのでなかったことにして、ビデオやDVDからもはずされた。
 結局、『ポケモン』は放送枠を前の火曜日から木曜日のゴールデンタイムに移し、4月16日に放送が再開された。
 4ヶ月のブランクだったが、再開時の視聴率は事件の起きたエピソードとさほどかわらなかった。
 タイミングもよかった。
 4月8日、NHKと日本民間放送連盟が、「アニメーション等の映像手法に関するガイドライン」というのを出したばかりである。
 それによると……

 1 映像や光の点滅は、原則として1秒間に3回を超える使用を避けるとともに、次の点に留意する事。
 (1)「鮮やかな赤色」の点滅は特に慎重に扱う。
 (2)この条件を満たした上で1秒間に3回を超える点滅が必要なときは、5回を限度とし、画面の輝度変化を20パーセント以下に抑える。
 連続して2秒を超える使用は行なわない。
 
 2 コントラストの強い画面の反転や、画面の輝度変化が20%を超える急激な場面転換は、原則として1秒間に3回を超えて使用しない。
 規則的なパターン模様(縞模様、渦巻き模様、同心円模様など)が、画面の大部分を占めることも避ける。

 更に、映像の影響から視聴者を守るためにはTVの視聴方法も重要。
 TVを見るためには、明るい部屋で、受像機から2メートル以上離れるなどの予防も必要である。
 NHKと民放連は今後、共同して視聴者への「TVの見方」に関する正確な情報提供を心掛けることにする。

 ……だそうで。

 あれからもう10年以上が経とうとしている。
 10歳の子が20歳である。
 ずいぶん昔のことのような気がする。
 アニメに「TVを見るときは部屋を明るくして離れて見てください」というテロップが出るが(出ないTV局もある)、それがあの事件の名残りである。
 僕自身は、この事件をなんとか自分自身に納得させるために、当時色々考えた。
 僕の子供のころは、14インチが普通だったが、今は20インチ以上である。
 核家族、少子化で、子供が1人でTVに集中している事が多い。
 昼の3時、4時ごろから、チャンネルを変えれば、ぶっ通しで子供番組をやっている。
 夕暮れから夜へ、外がだんだん暗くなるのに、それに気がつかずTVを見続けている。
 TVを見続けて、目が疲れた頂点の頃に『ポケモン』が放送された。
 ……などなど。
 しかし、あの事件の後、被害者の入院した同じ病院に偶然とはいえ入院して思ったのは、やはりこのままでTVはいいのだろうかという気持ちである。
 被害に遭われたご本人ご家庭や、当時の『ポケモン』アニメの製作者は、まさか忘れはしないだろうが、上記したガイドラインは、今守られているのだろうか?
 光感受性発作などと、特殊な病気のような片付け方でいいのだろうか?
 自分が光感受性発作を持病にしているかどうか、どうやったら分かるのだろう?
 夕暮時、子どもたちは、自発的に暗い部屋を明るくするだろうか?
 画面から2メートル以上離れろといっても、基準になるTVのインチ数はどれぐらいなのだろう。
 大人と子供では、視界の広さが違うはずである。
 4歳児にとってみれば、29インチでも、画面の中に飲み込まれるような大きさに見えるだろう。
 電気量販店にいけば、ハイビジョンなどを売りにして、薄型大型TVがずらりと並んでたたき売り状態である。
 地上波デジタル化されれば、そんな大型TVにどんどん買い替えが進んでいくだろう。
 Blu-rayなんていうのもいよいよ本格的に売り出されて、さらに鮮明で大型な画面が要求されていきそうである。
 宣伝になってしまうかもしれないが、『魔法のプリンセス ミンキーモモ』も、Blu-ray版が発売になるそうである。
 発売されるのは、脚本家としてはうれしいが、ファンとしては置き場所に困る。
 ビデオにLDにDVD……部屋がどんどん狭くなる。
 ところで、東京の渋谷には四軒も電気量販店がある。
 あ、ドンキ○○○などという安売り店もある。
 そんな店の1軒を覗いてみると、良心的というか親切にも画面に適正な部屋の広さが大型TVに、いちいち表示されていた。
 12畳以上、20畳以上などと書いてあった。
 12畳や20畳の部屋を持っている方が、日本にどれだけいるというのだろう。
 本当に40インチや50インチが売れるのだろうか。
 ちなみに他の店を覗いてみたら、適正な部屋の広さは表示されていなかった。
 店員は一所懸命フルハイビジョンの美しさを説明していた。
 客はどうしても、大きい画面に目が行ってしまう。
 ズラリと並んでいると、画面の大きさの感覚が麻痺してしまうようだ。
 僕も部屋に入りきれるなら大きい画面のTVが欲しくなる。
 もちろんお金があるのならだが……。
 先日読んだ映画雑誌で、橋本忍氏という脚本界の大御所が「私は貝になりたい」のリメイク映画のインタビューで映画とTVの違いを語っていた。
 映画は1秒24コマ、TVは30コマ……この6コマの違いが大きく、30コマより24コマのほうが、見る目に力が入り集中して疲れるから、3時間以上の映画には休憩を入れるというのだ。
 そういえば、子供の頃映画館で見た黒澤明監督の「七人の侍」――脚本に橋本忍氏が加わっている――は、全部で3時間はなかったが、それに近い上映時間で、途中に休憩が入っていた記憶がある。
 インタビューのテーマは映画とTVはそのコマ数の違いで演出法が変わるというものだが、僕は演出法のことよりもコマ数が少ないと見る目が疲れるということが気になった。
 ご存知のように、日本のアニメは1秒間に24枚も絵を使って動かしてはいないリミテッドアニメがほとんどである。
 それを、本来30コマのTVで見ている。
 TVに休憩はない。
 あるのはCM……動いている画像である。
 そういえば、2時間を超えるアニメ映画はほとんどない。
 恥ずかしながら、脚本を書いて40年近く経ち、いまさらながらに目から鱗である。
 アニメの大長編映画がないのは、内容がどうのこうのというより疲れるからなのか……?
 橋本忍氏の理屈が正しいとしたら、もしもアニメばかり3時間も見続けたらどうなるのだろう?
 そんなアニメの脚本を書き続けてきた僕は、TVで、もしかしたらとんでもないものを人に見せてきたのではないか?
 なんとなく、僕が「私は貝になりたい」気分になった。
 10年以上前の事件の後遺症かもしれない。

   つづく


●昨日の私(近況報告というより誰でもできる脚本家)

 僕は金春智子さんをよく知っていた。
 『魔法のプリンセス ミンキーモモ』の中軸脚本家の1人で、『さすがの猿飛』も印象的なエピソードを書いていただいていた。
 『うる星やつら』の脚本家としては、他にいないほどぴったりな気がした。
 余談に近いが、原作者の高橋留美子さんとお会いしたのは、金春智子さんの結婚式だった。
 紹介してくださったのは、少年サンデーの当時の編集長・田中氏だったと思う。
 高橋留美子さんと金春智子さんは仲がいい。
 どうでもいいようでそうでもなさそうな事で、僕と金春智子さんと高橋留美子さんは共通点がある。
 野球の阪神フアンなのである。
 今年の阪神は悲惨だった。
 その今年の阪神の最も悲惨な対巨人戦を、なんと、金春さんと高橋さんは一緒に東京ドームで観戦したらしい。
 スポーツニュースで僕が泣いた試合である。
 現場のお2人は号泣だろう。
 東京にいる阪神ファンは、共通点がある。
 あまりに勝てないから、というか負け方が独特で、阪神が好きな東京在住の人は、内部に屈折したものがあり、そして何かに対してこだわりがあり、どんなに負けても阪神を見捨てない。
 『うる星やつら』の原作者が好きな野球チームはどこ? と考えたら、やっぱり僕は阪神しか思いつかないでしょう?
 金春智子さんは、外見や態度から想像がつかないほど気が強い。
 本読み(脚本の打ち合わせ)しているとよく分かる。
 もう1人、脚本家の筒井ともみさんも、金春智子さんと全く違ったタイプで、しかし気は強い。
 お2人は『魔法のプリンセス ミンキーモモ』、いわゆる空モモと、『さすがの猿飛』の女性ライターの両輪で、このお2人がいなかったら、両作品とも、全体のイメージがずいぶん変わったものになっていただろう。
 ともかく、このお2人の脚本には、ほとんど直しを頼んだ記憶がない。
 で、『うる星やつら』の脚本なら、僕がプロデューサーでも、金春智子さんに頼むだろう。
 作風を知っているからなおさらである。
 その2作目を僕がやるのはいくらなんでも変だろう? ……と思ったが、局プロデューサーと原作の編集部が『さすがの猿飛』と同じである。
 僕のことも金春さんのことも知っていての依頼である。
 「何かと色々あって、ともかく1作目を見てくれ」
 と、言われ、1作目「オンリー・ユー」を見た。
 コミックのアニメとしては結構面白くはできていたが、かなり引っかかった点があった。
 ラムもあたる(男の子)も、それらしくないのだ。
 おまけに女性がいないというか……つまり、金春流でない、キャラクターの形だけが高橋留美子風味なのだ。
 なんだか変だと思ったら、監督・脚色押井守とある。
 つまり、絵コンテで脚本が相当変えられて、何やらかにやらあった末、金春さんが怒って2作目の脚本を断ったらしい
 で、押井守氏がプロットを書いたら今度は原作とプロデューサーサイドがNOを出し、またまたなにやらかにやらあった末、だったら『さすがの猿飛』のシリーズ構成にやらそうということで、僕にお鉢が回って来たようである。
 こっちは『さすがの猿飛』で好き放題させてもらっているし『街角のメルヘン』のアニメ化もある。
 なんだか断りきれない状況になり、ただ、NOの出た監督のプロットが、友引高校の一同が自主映画を作るという話ということは聞いた。
 このプロットが『うる星やつら』の映画4作目に似ているというが、僕はNOになったプロットの内容を聞いただけで、4作目を見ていないのでよくはわからない。
 ちょっと、インターネットで検索してみたが、4作目に押井守氏の名はない。
 どうなっているのだろう?
 まあ、僕のプロットではないから関係ないが……。
 監督やスタッフとも、2度ほど会ったと思うが、ほとんど監督の印象がない。
 なんだか、ぶつぶつ要領を得ない世間話をしたような覚えがある。
 ともかく、監督は、ストーリーについては何も言わないのである。
 後の発言からすると、もうその時はすでに僕の脚本を使う気はなかったようである。
 監督は、僕のことを、他の人から印象を聞かれて「変わった人ですね」と言ったそうだが、僕のほうも監督のことを「変わった人だな」と思ったから、同じようなものである。
 「じゃあ、まあ、とりあえずプロットを書いてきます」
 ということになった。
 そんな打ち合わせに前後してだが、その監督を外国映画音楽で有名な渋谷のレコード店で見かけたが、声をかけなかった。
 監督はジャン=リュック・ゴタールの「アルファビル」を買おうかどうか迷っているようだった。
 知る人は知っているフランスはヌーベルバーグの旗頭ゴダール監督としては珍しい、SF映画である。
 SFといったって、特撮があるわけではなく、モノクロで、アンナ・カリーナという美人が未来のパリのようなところをうろうろするスパイものとしかいえない映画である。
 ようするに一言では言えない映画なのでネットで検索してください。
 ヌーベルバーグとは、新しい波という意味で、僕の10代あたりに流行ったまさにヌーベルバーグとしか言えない映画群で、今も熱狂的なファンがいる。
 なんだか嫌な予感がした。
 これで、アンドレイ・タルコフスキー監督の「惑星ソラリス」でも出てきたら、たまらない。
 2本の作品で僕の苦手な人物像が浮かび上がってしまう。
 でも、まあ、監督の趣向は分かったような気もした。

www.style.fm

アニメーション等の映像手法に関するガイドライン

アニメーション等の映像手法に関するガイドライン

1998年4月8日作  成
2006年4月1日一部改訂
 
アニメーション等の映像手法について
 
日本放送協会
(社)日本民間放送連盟
 

 日本放送協会〔NHK〕と(社)日本民間放送連盟〔民放連〕は、1997年にアニメーション番組等の特殊な映像手法が、視聴者、それも多くの子どもたちの健康に影響を及ぼすという重い事態を経験した。
 本来、子どもたちに楽しんでもらうはずの放送番組が、一部でその逆の結果を招いてしまったことを、われわれは深く憂慮するとともに、これを放送界全体の問題として捉え、医学者や心理学者などの専門家を加えて真摯に原因を分析・研究しながら、再発防止のための具体的なルールづくりに向けて検討を重ねてきた。
 その結果、テレビは本来、明滅しているメディアであるため、視聴者、特に子どもたちへの影響を完全に取り除くことはできないものの、細かく点滅する映像や急激に変化する映像手法に関して、いくつかの点に留意することにより、こうした危険をかなりの程度、回避できることを確認した。

 このため、次の点について細心の注意を払う必要があることを喚起する。
 1.映像や光の点滅、特に「鮮やかな赤」の点滅
 2.コントラストの強い画面の反転や急激な場面転換
 3.規則的なパターン模様の使用

 われわれは、こうした認識に立って、各放送局が自主的に、運用上の内規等を定めることを促すとともに、その参考に供するため、放送界としての共通のガイドラインを1998年4月に示した。
 さらに、ITU〔国際電気通信連合〕において、2005年2月にITU-R勧告BT.1702“Guidance for the reduction of photosensitive epileptic seizures caused by television(テレビ映像による光感受性発作を抑えるための指針)”が成立したことから、同勧告を参考にガイドラインを一部改訂することとした。
 放送に携わるすべての者は、以下に提示するガイドラインが作られた意図を充分に配慮し、放送界の自主的な共通のルールとして遵守しなければならない。
 このガイドラインは、今後の分析・研究の結果等により、必要に応じて改訂する。


〈アニメーション等の映像手法に関するガイドライン〉

1.映像や光の点滅は、原則として1秒間に3回を超える使用を避けるとともに、次の点に留意する。
(1)「鮮やかな赤色」の点滅は特に慎重に扱う。
(2)避けるべき点滅映像を判断するにあたっては、点滅が同時に起こる面積が画面の1/4を超え、かつ、輝度変化が10パーセント以上の場合を基準とする。
(3)前項(1)の条件を満たした上で、(2)に示した基準を超える場合には、点滅は1秒間に5回を限度とし、かつ、輝度変化を20パーセント以下に抑える。加えて、連続して2秒を超える使用は行わない。

2.コントラストの強い画面の反転や、画面の輝度変化が20パーセントを超える急激な場面転換は、原則として1秒間に3回を超えて使用しない。

3.規則的なパターン模様(縞模様、渦巻き模様、同心円模様など)が、画面の大部分を占めることも避ける。


 上記ガイドラインの運用にあたっては、特に光感受性のリスクが大きいとされる幼児・児童・青少年の視聴実態等への配慮が必要である。
 また、連続する大量のカメラフラッシュや雷光、火災、火山噴火などの映像が健康に影響を及ぼすおそれがあることについて、制作者側の意識を高めることに努める必要がある。
 映像が視聴者に及ぼす影響をできるだけ少なくするためには、テレビの視聴方法も重要な役割を果たしていることが指摘されており、明るい部屋で受像機から離れて見るなど“テレビの見方”に関する適切な情報を視聴者に提供することは予防手段として有効である。

以 上

www.j-ba.or.jp

f:id:neko7773:20210331095528j:plain

f:id:neko7773:20210331095534j:plain