アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【一家惨殺】世田谷一家事件が20世紀最大の未解決事件と呼ばれる理由@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20200717181942p:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

 

【一家惨殺】世田谷一家事件が20世紀最大の未解決事件と呼ばれる理由@アシタノワダイ

youtu.be

世田谷一家殺害事件

2000年(平成12年)12月30日深夜に東京都世田谷区上祖師谷で発生した殺人事件の通称で、警視庁による事件の正式名称は「上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件」である。

 

この事件では一家4人が自宅で何者かによって殺害された。しかし、未だに犯人の特定や逮捕には至っておらず、未解決事件となっている。

 

また、捜査特別報奨金制度対象事件にも指定されている。

 

事件の概要としては

2000年(平成12年)12月30日23時ごろから翌31日の未明にかけて、東京都世田谷区上祖師谷3丁目の会社員宅で、父親(当時44歳)・母親(当時41歳)・長女(当時8歳)・長男(当時6歳)の4人が殺害された。

隣に住む母親の実母が31日の午前10時40分すぎに発見し、事件が発覚した。

 

この事件は、20世紀最後の日に発覚した、大晦日に差しかかろうとする年の瀬の犯行だったこと、犯人の指紋・血痕など個人を特定可能なものや靴の跡(足跡)のほか数多くの遺留品を残している点、子どもまでもめった刺しにする残忍な犯行だった。

 

さらに殺害後に長時間現場に留まった可能性があり、パソコンを触ったりアイスクリームを食べたりするなどの犯人の異常な行動、これらの多くの事柄が明らかになっていながら、犯人の特定に至っていないことでも注目される未解決事件である。

 

また、年の瀬に発生した殺人事件ということもあり、一年を振り返る区切りとなる年末近くになると警視庁による情報公開が行われ、マスコミが話題に取り上げることが多い事件である。

 

f:id:neko7773:20200717183939j:plain

犯人の特徴・証拠品

犯人は犯行時に手を負傷しており、そのときに現場に残された血液から血液型はA型ということが判明している(殺害された一家にA型の人間はいない)。また、同じく血液から犯人の性別が男性であることも分かっている。

 

血液からは向精神薬や風邪薬、覚せい剤などの薬物反応は出ていない。

また、たばこも吸わない人物である。

 

被害者宅の冷蔵庫にあったビールには手がつけられていなかった(一方で、犯人は冷蔵庫の麦茶を飲んでいる)。

被害者の傷跡などから犯人は右利きの可能性が高いことが分かっている。

 

犯人の指紋は渦状紋である。指紋は被害者宅から十数個発見されている。

親指の指紋(渦状紋)は、中心に豚の鼻のような2本の線がある特徴的なものだった

 

服装などから犯人は身長170センチ前後の可能性がある。

また、ヒップバッグのベルトの長さから胴回りは70〜75センチのやせ型と推定されている。

 

警視庁がまとめた犯人像に1965年から85年生まれ(事件当時15歳から35歳)というものがある。

これは、犯人が2階の浴室の窓から侵入する際、公園のフェンスから2階の窓まで上っているなどの身体的理由によるものである。

一方、2018年5月には現場に残されていた遺留品のうち、犯人が長期間使用していた形跡のあるヒップバッグの販売期間(1995年9月〜1999年1月)・内容物(学生時代によく使用される蛍光ペンなどの痕跡)・ベルトの長さ(長さ83センチで胴回りは70〜75センチと推定)やマフラーのサイズ(長さ約130センチで10代半ばの平均的な首回りにフィット)などから、警視庁が犯人像を「事件当時15歳から20代[注 3]の細身の男性」に絞ったことが明らかとなった。

 

f:id:neko7773:20200717184004j:plain

また、警視庁より2018年5月に公開された情報の詳細については警視庁特捜本部サイト内の「ヒップバッグとマフラーの特徴は?」を参照のこと。

 

上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件 警視庁

警視庁の2,000を越える犯罪者指紋データからこの犯人が特定できないことから、この犯人は犯罪歴がない可能性があるとみている。

犯行時の行動などから、性格は大胆で図太いながらトレーナーを畳むなど几帳面な部分も持ち合わせている。

 

被害者の状況

f:id:neko7773:20200717184022j:plain

父親の遺体は1階の階段下、母親と長女は屋根裏部屋下の2階踊り場付近で発見されている。さらに、屋根裏部屋の布団から母親と長女の血液が発見された。

 

父親、母親、長女は全身負傷していた。長男は手で首を絞められたことによる窒息死とみられており、そのときにできた圧迫痕や鼻からの出血以外に外傷らしきものや犯人の血痕などは見つからなかった。

 

また、父親の頭部に柳刃包丁の破片が残っていたという報道もある。母親と長女は顔や首を中心に上から切りつけられていたが、父親は足(太もも)や尻なども切りつけられていた。

女性被害者は何度も刺されていたという情報もあり、被害者の性別によって殺され方が異なっていた可能性もある。

死後も執拗に何度も刺していることが明らかになっている。

 

現場に長女の血のついたティッシュペーパーが落ちていたことから、犯人は母親が負傷した長女の手当てをしているのに気がつき再び襲った可能性がある。

長男は二段ベッドの下段にてうつ伏せの状態で、布団が被せられていた。

 

殺害に使用した凶器

犯人が持ってきた柳刃包丁の刃が最初(父親殺害)の犯行時に数ミリ欠けたが、その後には完全に折れたことから被害者宅にあった文化包丁も凶器として使用されている。

血痕から母親と長女は先端の折れた柳刃包丁で傷を負わされた後に文化包丁で殺害されたことが分かっている。

 

f:id:neko7773:20200717184039j:plain

犯人は韓国人なのか?

事件後国外へ逃亡したのか?

事件からすでに20年がたち、進展・解決することを切に願う。

 

世田谷一家殺害事件 - Wikipedia

 

 アシタノワダイで削除された動画も掲載中

www.asitanowadai.com