アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【石巻3人殺傷事件】少年法に守られた未成年凶悪犯が死刑になるまで@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20200731200951j:plain


信じるか信じないかはあなた次第

 

 

 

アシタノワダイで投稿され削除された動画

 【石巻3人殺傷事件】少年法に守られた未成年凶悪犯が死刑になるまで@アシタノワダイ

youtu.be

 

石巻3人殺傷事件

 

f:id:neko7773:20200731201939j:plain

2010年2月10日午前6時40分頃、共犯の男(17)と石巻市にある交際相手の実家に押し入り、女性の姉と友人を牛刀で刺殺。居合わせた知人男性にも大怪我をさせ、女性を連れ去った。約6時間後に石巻市で男と次女一緒にいた17歳少年の身柄を確保、男と少年の2人を現行犯逮捕した。

 

事件当時は18歳だった少年Aこと千葉祐太郎死刑囚

 

f:id:neko7773:20200731201957j:plain

概要

本事件の死刑囚A(実名のイニシャル「C・Y」)は1991年(平成3年)7月2日に生まれた。

 

Aは2010年2月4日と翌5日、東松島市の元交際相手の少女の祖母宅で、少女を鉄の棒などで何度も殴り、火のついたたばこを額に押しつける暴行を加え、全治1か月の怪我をさせた

 

その後2010年2月10日午前6時40分頃、石巻市の元解体作業員の当時18歳の少年Aが、東松島市の無職の少年Bを共犯に押し立てようとしたが、少年Bが結局拒んだ為、少年Aは1人で石巻市内にある少女の実家に押し入り、2階で寝ていた少女の姉(当時20歳)と少女の友人の女子高生(当時18歳)を刃渡り約18cmの牛刀で複数回刺して殺害した。

 

さらに、その場にいた男性(当時20歳)の右胸を刺し全治3週間の重傷を負わせた。

 

当時4か月の少女の娘は無事だった。

その後、3人を目の前で殺傷されて恐怖に怯える少女の左脚を刺して全治1週間の軽傷を負わせ、無理矢理車に乗せて現場から連れ去った。

 

車を変えて逃走するも同日午後1時過ぎに少年2人は同市内で身柄を確保され、未成年者略取と監禁の容疑で現行犯逮捕された。少女は保護された。

 

同年3月4日、宮城県警石巻署捜査本部は少年らを、民家に侵入し女性2名を刺殺、男性に重傷を負わせたとして、殺人・殺人未遂などの容疑で再逮捕した

 

背景

少年Aと少女

Aと少女は2008年8月頃から交際しており、2人の間には子供もいた。

しかし少女はAから度重なる暴力を受けており、警察や家族に何度も相談していた。

少女は娘と共に実家に身を寄せ、破局後も「Aにつきまとわれている」と警察に相談していたが、仕返しを怖れて被害届を出せずにいた。

事件発生の前日、復縁を迫るAは少女の実家に押しかけるが、少女の姉に通報され、パトカーが駆けつける騒ぎとなっていた[3]。またAは犯行当時、実母に対する暴行で保護観察中だった。

 

殺傷された少女の姉と知人ら

少女からの相談を受けた姉は、Aに暴力をやめるよう何度も注意していた。

「妹が元交際相手とトラブルになっている」とアルバイト先でも話していたという。

姉は事件前日、自宅に来たAを少女に取り次がず、警察に通報する。Aは犯行前に「少女との交際に反対する少女の姉が邪魔だ。殺してやる。」と友人に話しており、姉らが自分と少女との仲を引き裂こうとしていると思い込んだ末、少女の姉への強い殺意を抱いたとされる。

刺殺された女子高生は少女の中学時代の同級生で、大学への入学を目前に控えていた矢先だった。

重傷を負った男性は少女の姉の知人で、たまたま居合わせ寝込みを襲われた。

 

警察の対応

石巻署は少女から12回に渡って相談を受けるなか、Aに少女に近づかないよう2回直接警告をしていた。

事件前日、少女方からの通報により駆けつけるもAは既に立ち去っていた。そのため少女を署に同行し、診断書と被害届を出すようにと説得。10日に提出させる予定だった。

 

少年Aと少年B

BはAに子分扱いされており、「『逃げたら殺す。家族がどうなってもいいのか』と脅された」と複数の知人に話していた。凶器の調達も含め、今回の事件についてすべてBの犯行とするよう命令されていたという。

後にBは「Aと一緒にいた時が、人生で一番つらい時期だった」と証言している。

 

 

実名報道

死刑確定判決により、「死刑の対象は明らかにすべき」「社会復帰の可能性が無くなった」「事件の重大性を考慮」などの理由で、読売新聞・朝日新聞・産経新聞・日本経済新聞・NHK・民放キー局などは匿名報道から実名報道に切り替えた。

 

地元紙の河北新報も実名報道した。

 

死刑囚A(千葉祐太郎)の現在

2019年現在、死刑囚Aは宮城刑務所仙台拘置支所に収監されている[1][33][34][35]。

 

2017年12月18日付で、Aの弁護団は仙台地裁に再審請求書を提出し、同年12月20日に記者会見で発表した。

 

再審請求理由で、弁護団は「殺人罪以外の未成年者略取罪と傷害罪については無罪が妥当」と主張した。

 

記者会見の際、弁護団・草場裕之弁護士は「死刑囚Aは死刑そのものを否定しているのではなく、『誤った事実認定のもとに死刑に処せられることが耐えられない』という趣旨の発言をしている」と説明した。

 

なおこの請求翌日(2017年12月19日、記者会見発表前日)には、市川一家4人殺人事件の死刑囚に対し、少年死刑囚としては永山則夫(1997年死刑執行)以来、20年ぶりに死刑が執行されている。

 

2018年4月29日、死刑制度に反対する任意団体「死刑廃止の会宮城」を中心とした実行委員会の主催の下、死刑制度の問題を考える集会が行われ、参加した市民ら約30人が「裁判員が死刑を判断するのは妥当か」などと議論を交わした。

 

石巻3人殺傷事件 - Wikipedia