アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【現実逃避?】クレヨンしんちゃんの都市伝説を漫画にしてみた@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20210127090219j:plain


信じるか信じないかはあなた次第

 

 

 

【現実逃避?】クレヨンしんちゃんの都市伝説を漫画にしてみた@アシタノワダイ

www.youtube.com

 

クレヨンしんちゃんの都市伝説!しんちゃん死亡説など怖いもの・泣けるものまとめ

みんなに愛されている国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」!クレヨンしんちゃんは、主人公のしんのすけがおバカな行動をして見ている人をクスッと笑わせてくれる心があたたかくなるアニメです。しかし、そんなクレヨンしんちゃんに都市伝説があるのを知っていますか?クレヨンしんちゃんにはファンの間で囁かれている都市伝説が怖いものから泣けるものまでたくさんあります。この記事ではそんなクレヨンしんちゃんの都市伝説を紹介していきます!

クレヨンしんちゃんの都市伝説!しんちゃん死亡説など怖いもの・泣けるものまとめのイメージ

クレヨンしんちゃんの都市伝説を知ってる?

 
 

みんなに愛される国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」!そんなクレヨンしんちゃんに都市伝説があるのをみなさんは知っていますか?この記事では、クレヨンしんちゃんの都市伝説や最終回を怖いものから泣けるものまで一挙に紹介していきます

クレヨンしんちゃんの都市伝説

 

みさえは声優だった

 
 

最初に紹介するクレヨンしんちゃんの都市伝説は、主人公しんのすけの母親であるみさえが実は声優だったという都市伝説です。みさえは結婚する前声優の仕事をしていて、ある日エッチな声を出して練習していました。そしてそれを聞いたひろしがみさえの虜になり、色々あって二人は結婚するに至ったというハチャメチャな裏設定です。

 
 

しかしこの裏設定には何の根拠もなくファンの間で噂されているだけなので、信憑性は全くありません。むしろこの裏設定には矛盾している点が多くあります。そもそもクレヨンしんちゃんの原作で若い頃のみさえがOLをしていたシーンがあり、他の副業をしていた描写が一切ありません。このようなことから、みさえが声優だったという噂はただの都市伝説にすぎないと考えられています。

 

ひろしは性転換して男性に

 
 
 

次に紹介するクレヨンしんちゃんの都市伝説もかなりぶっとんだ都市伝説です。それは、野原家の大黒柱である野原ひろしが実は性転換して男性になったという都市伝説です。このような都市伝説が生まれたのはなぜなのか全くわかっていませんが、女性だったひろし(ひろこ?)がみさえとどうしても結婚したくて性転換したというのは絶対にありえない話ではないのかもしれません。

 
 

しかし、この都市伝説にも矛盾する点があります。まず、テレビアニメで男性のひろしと女性のみさえが出会う話が存在しています。さらに、クレヨンしんちゃんという物語が誕生したとき、同性婚はありえない時代でした。このようなことからひろしが性転換して男性になったという噂は、都市伝説の域を出ないということがわかります。

 

ひろしのストーカー説

 
 
 

次に紹介する都市伝説もまたひろしにまつわるものです。それは、ひろしは若い頃みさえのストーカーだったという都市伝説です。これには根拠が全くないので都市伝説の域をでないものですが、こういう噂が出たのはそれだけひろしがみさえのことを愛しているとファンが知っているからではないでしょうか?ストーカーをするぐらいみさえが好きなひろしというのは、少し怖いですがあながち間違ってはいないかもしれません。

 

明かされないボーちゃんの本名

 

出典: https://anibu.jp

 
 

次に紹介するクレヨンしんちゃんの都市伝説は、明かされないボーちゃんの本名についてのものです。ボーちゃんは石が大好きなしんのすけの友達ですが、実は怖いことにしんのすけの友達の中でボーちゃん一人だけ本名が明かされていないのです。このことからボーちゃんの本名を巡ってファンの間で様々な説が飛び交いました。その中にはボーちゃんは実は中国人で「ボー・チャン」という名前だという説までありました。

 
 
 

たくさんの憶測が飛び交う中、最も信憑性の高い説が浮上しました。それは、ボーちゃんの本名は「井川棒太郎」だという説です。というのも、1993年に放送されたテレビアニメ「相撲大会でがんばるゾ」という回でトーナメント表にその名前があったからです。井川棒太郎が本当にボーちゃんの本名かはわかりませんが、かなり有力だとされています。

クレヨンしんちゃんの怖い都市伝説

 

しんのすけは死亡している

 

出典: http://cupie.biz

 
 

最初に紹介するクレヨンしんちゃんの怖い都市伝説は、しんのすけは死亡しているという怖いものです。これには一応筋の通っている話があります。しんのすけは妹のひまわりが車に轢かれそうになっているのをかばって、享年5歳という若さで交通事故で死んでしまいます。その事実を受け止めきれなかった母みさえは、悲しみに暮れながらしんのすけの遺品を眺めていました。

 
 
 

そして、みさえはあることを思いつくのです。みさえはしんのすけの遺品の中からクレヨンと落書き帳を取り出し、ある物語を描き始めます。みさえが描いたのは、しんのすけが主役の野原一家の日常の物語だったのです。そう、怖いことにわたしたちをいつも笑わせてくれる「クレヨンしんちゃん」はみさえが「もししんのすけが生きていたら…」と想像した物語だったのです。

 
 

このようにみさえがしんのすけの遺品であるクレヨンで描いた物語だから、タイトルが「クレヨンしんちゃん」となっているのです。この話が本当であるという確証はどこにもなくあくまで都市伝説の域を出ない話ですが、もしかしたら最終回でこの真相が明かされるかもしれません。この話を聞いたファンの間ではいつも笑わせてくれるクレヨンしんちゃんが本当は泣ける話だったなんて、と大変話題になりました。

 

存在しない25話

 
 

次に紹介するのは、都市伝説というよりかはクレヨンしんちゃんの永遠の謎というべきものです。実はクレヨンしんちゃんの原作には、怖いことに25話が存在していないのです。1991年2月26日にクレヨンしんちゃんの24話の掲載された号が発売されました。そしてその次の号には当然25話が載るものですが、なんと25話が飛んで26話が掲載されたのです。なぜ25話が飛ばされたのか?ただ単に編集部が間違えたのかはわかりません。

 
 

その真相は作者が亡くなってしまった今闇に包まれたままですが、25話の内容があまりにも怖いもので子供向けではなかったため編集部にボツにされたという噂が存在します。ちなみに24話の内容はしんのすけが留守番をする話で、26話はみさえとしんのすけが一緒にお風呂に入るという話です。このことからは存在しない25話がどのような内容だったのかは推測することはできないようです。

 

しんこちゃんの正体

 
 

みなさんは、クレヨンしんちゃんに度々登場するしんこちゃんという女の子を知っていますか?しんこちゃんは黒い雲と一緒に突然現れ、突然いなくなる不思議でちょっと怖い女の子です。実はこのしんこちゃんの正体は、未来から来たひまわりだといわれています。しんこちゃん自身は自分は5年後の未来から来たひまわりの友人だと言っていますが、ファンの間ではしんこちゃんの正体はひまわりで間違いないといわれています。

 
 

というのもしんこちゃんは自分の名前を「ひま…」と言いかけたり、しんのすけのことを「おに…」と言いかけているからです。さらにしんこちゃんは初対面のはずなのに野原家の事情やしんちゃんの友達のことについても詳しく知っていました。このような不自然な点から、しんこちゃんの正体はひまわりで間違いないといわれています。

 

ひまわりは他の夫妻の子供

 
 

次に紹介するのも、ひまわりにまつわる都市伝説です。実はひまわりは、みさえとひろしの本当の子供ではないと噂されています。その理由は、前述したしんこちゃん(未来のひまわり)が未来から来た目的が「みさえが本当の母親かどうか確かめに来た」というもので、そこからひまわりはみさえとひろしの本当の子供ではないのでは?という都市伝説が生まれました。

 
 

さらに前述したしんのすけが死亡しているという都市伝説がありましたが、しんのすけが死んでしまったことで悲しみに暮れたみさえとひろしが養子をもらいそれがひまわりなのではないかともいわれています。たしかに、ひまわりは兄であるしんのすけとは顏があまり似ていないように見えます。

 

出典: http://besty.jp

 
 

しかしながら独特な笑い方などしんのすけとそっくりな部分もたしかにあることや、ひまわりが誕生するというエピソードも存在していることなどこの説には数々の矛盾点が存在します。このようなことから、ひまわりはちゃんとみさえとひろしの子供であると考えられています。

 

シロが捨てられていた理由

 
 

野原家の大事な家族の一員として忘れちゃならないのはシロですが、実はシロが捨て犬だったのは知っていますか?捨て犬だったシロを拾うエピソードは、泣ける話としてクレヨンしんちゃんのファンの間でも有名です。しかし、なぜシロが捨てられていたのか?という点については明かされていません。その理由について様々な憶測がありますが、中でもショッキングなのが「シロは癌だったから」というものです。

 
 
 

シロは癌だったから捨てられたというのは、社会性の高いエピソードをよく取り扱うクレヨンしんちゃんではありえる話だと考えれます。しかしクレヨンしんちゃんはあくまで子供向けの物語だったため、子供に見せるにはあまりにもひどすぎると理由でボツになったとも考えられます。シロが捨てられた理由は不明ですが、「癌だったから」というのは十分考えられる都市伝説です。

 

クレヨンしんちゃんの都市伝説が泣ける!

 

みさえが病気に

 
 
 

最初に紹介する泣ける都市伝説は、みさえが病気になるというものです。ある日みさえが倒れてしまい、病院に運ばれたみさえは末期の胃がんだと診断されました。そのことを子供に伝えるかひろしは悩みますが、しんのすけに真実を伝えることにします。それを聞いたしんのすけは幼すぎて最初その現実を受け入れることはできませんでしたが、集中治療室に入るみさえを見て「オラが母ちゃんとひまを守るんだ」と決意したのです。

 
 

目を覚ましたみさえとともに、野原一家は医者の許可をもらい思い出作りにドライブに出かけます。ドライブの最後に訪れたのは、ひろしのプロポーズを受けた北千住駅。「父ちゃん母ちゃん、オラを2人の子供にしてくれてありがとうだゾ!」「俺たちの元に産まれてきてくれてありがとう」そして、最後に家族写真を撮ります。
これだけでも泣ける感動的なお話ですが、これには続きがあります。

 
 

それから、一年後。野原家には「しんのすけー!」と鬼のような形相でしんのすけを叱るみさえの姿がありました。そう、みさえは奇跡としかいいようがない程の回復を遂げていたのです。この思わぬハッピーエンドにさらに泣ける!という声が多く聞かれ話題になりました。

 

13年後のクレヨンしんちゃん

 
 
 

みなさん13年後のクレヨンしんちゃんのお話があるのを知っていますか?公式で発表されたお話ではなくネット上でファンの誰かが作ったお話ですが、このお話が泣ける!と話題になっています。このお話は、13年後のシロ視点のお話です。シロは最近、大好きなしんちゃんが自分に構ってくれなくなったことに寂しさを感じています。シロももう老犬になっていて、なんだか最近気持ちが悪くて眠いらしく寝ていることが多くなりました。

 

出典: http://jfdb.jp

 
 

そんなシロをみさえは動物病院に連れて診てもらうことにしました。そして、シロはもうあまり長くないということを知ります。それを聞いたしんのすけは怒り「母ちゃんが連れていったのはヤブ医者だったんだ!」とシロを連れて他の動物病院を駆けずり回ります。しかし、シロを救う方法はありませんでした。しんのすけは泣きながらシロを抱きしめて座り込みます。その場所は、シロと初めて出会った場所でした。

 
 

捨てられていた幼き日のシロは、ずっと待っていました。落ちているわたあめでも美味しいと言って拾ってくれる人を。そして、そんなシロを見つけてくれたのはしんちゃんでした。「シロ」と呼ぶしんちゃんの声が聴こえ、シロが顏を上げると泣きながら笑っているしんちゃんの顏がありました。「シロ、今度はオラが待ってるから。だからもう一度美味しそうなわたあめになって戻ってくるんだぞ」しんちゃんは言いました。

 
 
 

こうしてシロはしんちゃんに抱かれながら最期の夢を見るのです。このお話はあくまで一般の方が作ったフィクションなのですが、このようにとても完成度が高く泣けると話題になっています。今は元気にしんのすけと一緒にいるシロですが、いつかはシロも死んでしまうこんな未来が本当にくるかもしれないと思ってしまう泣ける都市伝説でした。

 

クレヨンしんちゃんには最終回がある?

 

クレヨンしんちゃんには22年後の話が存在

 
 

実はクレヨンしんちゃんには最終回があるのを知っていますか?しかしその最終回は公式のものではなく、ファンのひとりが作った非公式の最終回です。非公式なのですが、その最終回の完成度は非常に高くもしクレヨンしんちゃんに最終回があったらこうなのではないかと囁かれるほどです。その最終回は、22年後の春日部が舞台となっています。

 
 

22年後の世界ではしんのすけは27歳で立派な社会人となり、ひまわりは22歳になっています。みさえとひろしはしんのすけが中学生の時に不慮の事故で亡くなってしまい、家族はしんのすけとひまわりの二人だけとなってしまいました。それでもたった二人の家族であるしんのすけとひまわりは、立派に自立して生きていました。しかし、そんな時しんのすけは勤めていた会社をクビになります。

 
 

途方に暮れていたしんのすけでしたが、それを救ったのはあいちゃんでした。あいちゃんのボディガードとして再就職できたしんのすけでしたが、ひまわりに解雇されたことを黙っていたのがバレて喧嘩になってしまいます。仲直りできないままその後ひまわりは事故に遭ってしまい、車いすでの生活を余儀なくされました。そして、実はひまわりは事故の直前に風間くんと会っていたことをしんのすけは知ります。

 
 

ひまわりが風間くんと会っていたのは、以前から交際していたからでした。そのことを初めて知ったしんのすけは怒りますが、結局はひまわりと風間くんの交際を応援しようと思い直します。しかし、ここで風間くんの海外赴任の話が持ち上がります。ひまわりは風間くんに一緒に来てほしいとプロポーズを受けるのですが、ひまわりは「お兄ちゃんを一人にはできない」と断ってしまいます。

 
 

それを知ったしんのすけは、「ひまわりには幸せになってほしい。ひまわりが幸せじゃないと自分も幸せになれない」とひまわりに告げます。それを聞いたひまわりは、自分の気持ちに正直になり風間くんと結婚して春日部を去ることを決意します。ひまわりが旅立った後、野原家にひとり残るしんのすけは感慨に耽ります。自分たちの物語はこれからも続いていく…いや、これから始まるんだと。

 

クレヨンしんちゃんには都市伝説が沢山あった!

 
 
 

さて、ここまでクレヨンしんちゃんの様々な都市伝説や最終回を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?最後に紹介した最終回の通りになるかはわかりませんが、これに近い最終回になる可能性も十分あります。では、これからもクレヨンしんちゃんの物語を見守っていきましょう!

bibi-star.jp