アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【白戸家】ソフトバンクのCMに隠された本当の意味@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20200729091432p:plain

 

信じるか信じないかはあなた次第

 

 【白戸家】ソフトバンクのCMに隠された本当の意味@アシタノワダイ

youtu.be

 

wadainonewsarekore.blog.fc2.com

 

 ソフトバンクのCMを検証してみた

日本人をあざ笑う、ソフトバンクのCM検証日本人は見事にダマされている!?

 

マスコミの情報操作は巧みであり、知らない内に日本人の心の風向きを、良からぬ方向に変えている。 

また、悪意に満ちた行為を、分からないように私たち日本人に仕掛け、あざ笑っている者もいる。

 

ソフトバンクのCMなど代表的なものだ。

デタラメな反日教育を受けた韓国人の失笑の的になっている。

 

しかし、日本人の主人を犬にしたソフトバンクのCMが、日本人に高感度の高いCMになっている。

 

これは完全にメディアの術中にはまっている。(理由はこの後述べます)

 

「日本文化チャンネル桜」の社長である水島聡氏が、月刊『WiLL』の中でこう述べています。

 

『ソフトバンクのTVコマーシャルについて、対馬在住の人から興味深い話を聞いた。日本人はあのコマーシャルを観て笑っているが、南北朝鮮人はもっと大笑いしている。ただし、彼らの笑い声は「嘲笑」だというのである』

 

 この事について、触れていく。

 

日本人を犬にしたCMに込めた、孫正義の反日精神

 

ソフトバンクの孫正義氏のまずは生い立ちですが、孫一族は1947年に南朝鮮から密航船で日本へ密入国し、サラ金、密造酒、パチンコを家業とした。

孫正義氏は1957年三憲・李玉子の次男として、佐賀県鳥栖市の朝鮮部落で生まれた。

 

朝鮮半島では、犬の子を「ケセッキ」といい、他人を犬の子にたとえたり、犬の子呼ばわりすることは最大級の侮辱にあたる。

朝鮮では、相手を犬の子呼ばわりすると取っ組み合いのケンカになる。

 

ソフトバンクのCMは、『日本人の主人が犬』『日本人は犬の子』という設定になっている。

 

さらに韓国では外国人差別が酷(ひど)く、中でも黒人を特に嫌っている。黒人を人間として見ない。その黒人を日本人の兄と設定している。

 

朝鮮は儒教社会であり、儒教の考え方では、兄というのは絶対的に偉い。つまりこのCMの設定は、日本人は犬の子(ケセッキ)、かつ、人間と思わない黒人の兄に従う、下の兄弟姉妹となる。

 

さらにソフトバンクのCMを深めていくと

 

白州次郎と言う人物がいる。

白州氏は、日本の官僚、実業家で、終戦直後、首相・吉田茂の側近として連合国軍最高司令官総司令部と渡り合い、「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめた、日本の為に生きた傑物だ。

 

戦後、日本の治安を守るために、在日朝鮮人の帰国に尽力した人物である。

戦後の日本では、連日、在日朝鮮人による強盗殺人が多発していた。

日本人の土地(駅前の一等地も、もちろん)、物品が朝鮮人に奪われた。(アメリカの統治時代だったので、日本の警察は手が出せなかった)

そんな事もあり、白州次郎は在日朝鮮人の敵とみなされたのです。妻は白洲正子。

 

 

それでは、ソフトバンクのCMの話に戻る。。

 

犬の一家の主人は、白戸次郎。妻は正子

 ソフトバンクのCM一家は白戸家。犬のお父さんは、『白戸次郎』、妻は『正子』という設定である。(明らかに白州次郎・正子両氏をもじっている)

 

そして、このCM製作を担当しているのが、韓流ブームを捏造(ねつぞう)した在日韓国人、成田豊率いる「電通」である。

白い犬に赤い首輪は、日の丸を表していると言われている。

 

このCM製作において、すべてに孫氏が関わっているのは、もちろんのことです。

 

日本人は、あまりにお人よし過ぎる

 

以下、前出の「日本文化チャンネル桜」代表、頑張れ日本全国行動委員会幹事長である水島聡氏の言葉です。

 

 『・・・それに気づかず、このコマーシャルを喜んで観ている日本人たちは、それこそ侮蔑(ぶべつ)と嘲笑の的なのである。

 

 在日韓国人で帰化した孫正義氏が「犬」の意味を知らぬはずがない。家族が日本人から民族差別を受けたと話している孫氏にとって、このCMは日本人社会への侮蔑と嘲(あざけ)りの密かな「復讐」メッセージだと言ってもよい。

 

 ソフトバンクは在日朝鮮韓国人に限り、モバイル料金を日本人より安くしている。これも孫氏の在日同胞への共感と反日侮日の思いのあらわれなのだろう。

 

 このソフトバンクのCMは、日本最大の広告代理店「電通」が取り仕切っている。その電通のトップ成田豊最高顧問は、韓国生まれ、中3まで韓国で過ごした大の親韓国派である。昨年2月長期にわたる日韓文化交流事業を後援したとして、韓国政府から「功労修交勲章光文化章」を送られている。

 

 彼がソフトバンクの人気CMを見ないはずがなく、韓国人にとって「犬」の形をとった人間がどんな意味を持つか知らないはずがない。この意味する処は深く重い』

 

 

 日本人の目を欺き侮辱するCMを垂れ流すソフトバンクを、許しておけないと思い、今日は検証し紹介した。

 

 

 

www.asitanowadai.com