アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【AVの見過ぎ?】初体験時に女がガチで感じていることを漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20210823095714j:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 【AVの見過ぎ?】初体験時に女がガチで感じていることを漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

www.youtube.com

初体験が痛いのは当たり前⁉エッチを「気持ちいい」と感じるまでの3ステップ

彼との初体験(初エッチ)。楽しみにしていたはずなのに、痛いだけで良い思い出にならなかったってコも多いのでは? その後、彼とエッチをしても「気持ちよくない」、「痛いからエッチしたくない」など、ラブタイムそのものが憂鬱で嫌な行為になってしまうコも。では、彼とのエッチが気持ちいいと感じるためにはどうすればいいの?

念願だった彼との初体験。 あんなに楽しみにしていたはずなのに、良い思い出にならなかった...。

というコも多いのではないでしょうか。

エッチ・ラブタイムについてのアンケート

【女性に質問】エッチを気持ちいいと感じたのは何回目からですか?

最初から  ... 22.8% 2回目    ... 12.3% 3~5回目 ... 41.2% それ以上 ... 23.7%

©ラブリサーチ

アンケートの結果で1番多かった回答が「3~5回目」の41.2%、次に「それ以上」の23.7%でした。

【みんなの声】初体験から何回目のエッチで気持ちいいと感じた?

『最初から』『2回目』はコメント数も少なく、コメントが多かった『3回~5回目』『それ以上』の中からピックアップしてみました!

『3回~5回目』と答えたコのコメント

・「慣れてきて堪能できる余裕ができたから」 ・「最初は緊張していて、行為自体に集中できなかったし、恥ずかしくてどこが気持ちいいのかも言えなかったから」 ・「慣れないうちは恐怖心が強くて、痛みばかり感じていたから」 ・「初体験の時はドキドキ感はあったけど、挿入されると少し痛くて終わってしまいました。4回目にホテルでお泊りした夜、疲れてたこともあったのですが、力を抜いた状態で。エッチってこんなに気持ちいいのだとわかりました。今はエッチをすると必ずイクように」

『それ以上』と答えたコのコメント

・「最初のうちは緊張もしてるし、痛いのが勝ってた」 ・「1人エッチをしたこともなく、始めのうちはくすぐったいだとかしか感じなくて嫌だなと思っていた。彼がそれなりに経験豊富で、優しくしてくれたけど、それでも慣れるまで時間がかかった」 ・「最初は痛みばかりだったので、気持ちいいとはとても思えませんでした。ある日、このままだと夜が苦痛だと思ったので、旅行の時を狙ってお酒と潤滑ゼリーの力を借りて、自分も動いてみようと思ったら、とても気持ちよくなりました」

初体験で痛いのは当たり前!女性が気持ちいと感じるには時間必要

女性がエッチを気持ちいいと感じるまでには、男性に比べて時間が必要と言われています。潤滑油である愛液が緊張によって分泌されにくい、そもそも膣が何かを挿入されてる感覚に不慣れなために力んでしまっている、などの理由が考えられます。

では女性が気持ちいいと感じるラブタイムを過ごすためにはどうしたらいい? 今回は、エッチを気持ちいいと感じるための3ステップを紹介します♡

Pick up01

 

リラックスできる環境を整える

緊張や力みはストレスと感じているサインです。ストレスを感じないような環境をつくることで、徐々に緊張もほぐれていきます。 耳から緊張をほぐすなら、リラックス効果の高い音楽をチョイス♫ 触感から緊張をほぐすなら、彼に緊張していることを伝えて、時間をかけてゆっくりと愛撫してもらいましょう。

男性だって初体験は緊張のど真ん中です! 女性から「緊張してるの...」と告白されたら、自分だけではないという安心感が生まれて、お互いの緊張をほぐす手段にもなります♡

Pick up02

プレ初体験を済ませておく

触られる感覚に慣れていないことも、気持ち良さへの妨げに! 彼との初体験を迎える前に、陰部を触られるとはどんな感覚で、どんな気持ちになるのか、知っておきましょう。

筆者のオススメは、ひとりエッチで『プレ初体験』を済ませておくこと♡ エッチしたことで得られる快感や気持ちを先に知ることで、気持ちに余裕ができます! 余裕ができた分、意識を彼に向けられるようにも♡

Pick up03

円滑ゼリーやラブローションを使ってみよう

回数を重ねれば緊張もほぐれ、愛液も分泌してくるようになります。しかし、それまでの過程で感じた痛みが憂鬱だと感じれば、ラブタイムそのものが、嫌な行為と位置づけられてしまう可能性も!

そうなる前に、滑りを助長してくれる『潤滑ゼリーやジェル』や『ラブローション』を使うのも、ひとつの方法です。「痛い」→「慣れてきて愛液が十分に分泌される」→「エッチが気持ちよくなる」の順番を守ることは、絶対ではありません!

「潤滑ゼリーを使い、滑りをよくして痛みを和らげる」→「エッチが気持ちいいと知る」→「愛液が十分に分泌される」→「痛くなくなる」。こんな風に順番が入れ替わっても、なんの問題もないのです‼ 大切なのは、彼とのエッチが気持ちいいと知ること。

緊張以外にももうひとつ、気持ち良さを妨げるものがあります。それは痛みです。痛みは怖さになり、怖いと感じれば拒否するのは、当然の心理。 彼との気持ちのいいラブタイムを過ごせるようになるまで、たくさんのハードルを超えなければなりません。それは大変なことですが、ゴールは確実にあります! そして、ゴールしたときには、間違いなく楽しくて気持ちがいいラブタイムが待っています♡ 諦めずにひとつづつ、ハードルを超えてくださいね♪

ray-web.jp

初めてのセックスが不安な人へ贈る「初体験」のアドバイス

 

酔っ払ってムラムラ!?

「正直、全然ロマンチックではなかった…。むしろその逆だったと思う。ライブでお酒を飲んでかなり酔っ払っていて、うっかり友達以上恋人未満だった気になる彼に電話をかけてしまったんです。車で迎えに来てもらったのですが、途中でムラムラしてきてしまい、結局カーセックスが初体験に! 酔っ払っていたし、かなり乱れていたと思います…」--ビアンカ(23歳)

親友と同時に処女卒業!

「ハロウィンパーティで酔っ払った勢いで、なんと幼馴染の男の子と初セックスに至りました。翌日知ったことですが、私の親友もその日に処女を卒業したらしいです! それ以来、10月30日はお互いに”卒業”祝いのメッセージを送り合うんです」--トリー(24歳)

親がいない時を狙って…

「17歳だった私と彼は、両親が家にいない時間を見計らっていたのですが、ついにクリスマスイブに絶好のチャンスが! しかしいざその日を迎えると、お互いあまりにも緊張してしまい、キャンドルを灯して少しリラックスすることに。肩の力を抜いて行為が始まったのですが、予想以上の痛みに正直驚きました! それ以外は、かなり完璧だったと思います」--デビー(22歳)

気付いたら終わってた…

 

「学校のイベント後、二人で彼の家に行って、とても自然な流れで行為に至りました。でも、処女なのに痛みもなかったどころか、何も起きていないのではないかと疑うくらい、無の感覚でした。そんなことを思っていると、気付いたら終わっていたんです」--ジャスミン(21歳)

痛みに耐えきれず…

「想像を絶する痛みに耐えきれず、行為を途中で止めざるを得ませんでした…。思うようにいかず、とても恥ずかしい思いをしたのを覚えています。彼を失望させてしまったのではないかと不安でしたが、『私の体を第一に優先したい』と言ってもらえて、理解してくれました。ハプニングは起きたものの、彼の優しさに触れることができた貴重な体験です。あの日から半年経った今でも、ずっと仲良しですよ♡」--ケイティ(24歳)

友達の方が大喜び!

「私のことを大切に思ってくれている彼に、心も体も許したわ。気まずくはなかったけれど、特別な瞬間って感じでもなかった。翌日、グループチャットで親友たちにセックスをしたと伝えたら、みんな大興奮! 多分、私よりも喜んでいたと思うわ」--ティファニー(21歳)

彼氏に無理やり…

「私にとっては最悪な思い出です。私は心の準備がまったくできていなかったのに、彼は自分の欲望を押し付けてきたんですよ。私には選択肢が与えられなかったんです」--アレックス(22歳)

シーツが血まみれ!?

「14歳のときに、彼氏の家の真っ白なシーツを血まみれにしてしまいました。思い出すだけでも恥ずかしい…!」--ケルシー(22歳)

couple lying and hiding under white blanket
interstidGetty Images

卒業旅行で♡

「友人たちと一緒に卒業旅行へ行ったときのことでした。ホテルの部屋は、もちろん男女別々。しかし、当時恋人未満の関係だった人と部屋を抜け出して、なんとバルコニーで初セックス! まったく予想外の出来事でしたが、後悔はしていません。彼とは友人として今でも仲良しです」--ケルシ―(23歳)

夜中に忍び込み…!?

「交際して数カ月が経つ彼氏がいました。彼は実家暮らしだったので、彼のご両親が眠った夜中に部屋で落ち合うことに! 心の準備はできていたものの、彼の前で全裸になることは初めてだったうえに、こっそりと会っているという事実が私をさらにドキドキさせて、正直全然集中できませんでした…。後悔は一切していませんが、緊張感のある状況でリラックスなんてできませんよね」--マギー(19歳)

初めてが女性!

「普段から母とセックスについてオープンな会話をしていたので、不安はありませんでした。でも、母から教えてもらったことは男性との性行為についてで、女性とのことに関してはほぼ無知! 結局、ぶっつけ本番状態で挑みました」--ブルックリン(22歳)

待ち望んでたはずなのに…

「当時の私は18歳で、早く処女を卒業したいと思っていました。そんなとき、小学生の頃からの知り合いとデートへ行くことに! 事前にセックスをしようと二人で話し合っていたので、モーテルで初体験を迎えました。待ち望んでいたはずなのに、行為後は翌朝まで体調不良が続き、虚しくなって1時間くらいずっと泣いたのを覚えています 」--アリ(21歳)

庭のキッズハウスで…!?

「17歳だった私は、21歳の男友達と初体験を迎えました。彼とは家族ぐるみで仲が良くて、かなりイケメンだったのにも関わらず、異性として惹かれることはありませんでした。でもある日、彼が私にキスをしてきたんです! 年上の彼とのキスは、今までに経験した同年代とのキスと比べ物にならないくらい、優しくて大人っぽくて、ドキドキしてしまいました。

それ以来、私たちは友達の枠を超えて、セックスについて話し合うように。彼は私が18歳になるまで待つと言ってくれました。

ついに私の18歳の誕生日を迎え、彼と彼の家族はうちに招待されました。私たちは両親にバレずにセックスをするため、裏庭にある遊具のキッズハウスに忍び寄り、おもちゃに囲まれながら行為に至りました。セクシーな雰囲気は皆無だったうえに、残念ながら最後までできず失敗に終わりました。何よりありえなかったのが、ただでさえ気まずかったのに、失敗の原因は私にあると彼が責めてきたことです! 最初は大人な魅力に惹かれたけど、今思うと本当に未熟ですよね」--ナオミ(21歳)

信頼を確かめ合えた

「16歳だった私は、セックスについての知識がなくて不安でした。なので、事前に彼氏とよく話し合い、お互いの信頼を確かめ合いました。実際は思っていたより痛くなくて、今までにない特別な感情が生まれました。私からの初体験に関するアドバイスは、本当に信頼している人とすること。最初のぎこちなささえも楽しめるはず!」--カリナ(19歳)

失敗から学ぶ

「大学入学前にどうしても処女を卒業したかった私は、デートサイトで出会った男性にアプローチ。彼は私を自宅に招待してくれて、やっと初めてのセックスを体験しました。自ら望んでいたはずなのに、行為後の私の心に残ったのはモヤモヤとした気持ちで…。初体験は心から愛する人とするべきだったと、後悔したんです。この失敗から、セックスはもっと幸せな行為で、大切にするべきだということを学んだわ」--フィービー(23歳)

自分を認めてもらうために…

「付き合って1カ月も経たない彼から、『このまま君と一緒にいるためには、セックスをして二人の間の絆を確認したい』と言われました。当時18歳だった私はセックスを一度体験しておきたかったし、何より彼のことが好きだったので、彼の提案に同意したんです。

行為を終えて、彼は確かな絆を私に感じてくれたそう! 不安だった私は、それを聞いてすごく安心したのを覚えています。彼が理想の男性のように思えたし、結婚まで夢見たわ。でも、別れた今わかるのは、自分を認めてもらうためにセックスをする必要なんてなかったということです」--ミカイラ(20歳)

思ったより普通!

「実際は、思っていたよりも気持ちよくなかったわ。それに、セックスを経験すれば自分に自信がついて、大人に近づけるって思っていたことが、とんだ勘違いだったと気付いたの。初体験は、みんなが思っているよりも普通なのよ!」--クリスタ(19歳)

※この翻訳は抄訳です。

www.cosmopolitan.com