アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【覚せい剤・違法薬物】なぜ芸能界にはピエールが蔓延しているのか漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20210311090603j:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 【覚せい剤・違法薬物】なぜ芸能界にはピエールが蔓延しているのか漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

www.youtube.com

刑務所でも「クスリやりてえ!」が本音だった。田代まさしが赤裸々に明かす薬物依存

「逮捕されてもやめようって思わないんですか?」「毎回思う、それは。毎回」

NHK
 

マーシー先生こと田代まさしさん

 
 

元タレントの田代まさしさんが、薬物依存症に苦しんだ実体験を赤裸々に語る「教えて★マーシー先生」が7月4日、11日の2週連続でNHK Eテレで放送されます。

覚せい剤取締法で過去3度逮捕され、計6年半服役した田代さん。

 
 

1週目は、刑務所での暮らし、薬物依存の実態を語ります。

NHK
 
 
 

「刑務所にテレビとかあるんですか? 」という質問には

あるよ。1チャンネルしか見られないんだけど。……言っていいのかな? NHKだけね。

と回答。刑務所の日常をコミカルに話しつつ、服役してもなお薬物を求め続けていた心境を明かします。

(薬物で)捕まって刑務所にいるのに「ダメ。ゼッタイ。」のポスターが貼ってあるの。わかってるからね、ここにいるやつはみんな。

 

田代まさしが刑務所での暮らしを語る【バリバラ 教えて★マーシー先生1限目】

 
 

――刑務所の中にいた時の本音はどうだったんですか?

クスリやりてえ!

「断(た)ってる」んじゃないんだよ、「やめさせられてる」だけなんだよ。コントロールできないのが依存症なんです。

捕まる度にファンをがっかりさせた、家族に心配をかけた、もう二度とやってはいけないって強い意志を持つんだよ。それでもね、目の前に(クスリを)出されたり辛いことが起きると、大切なものよりも(クスリを)魔力が勝っちゃうんだ。

薬物依存症に詳しい精神科医の松本俊彦さんは、「刑務所にいても依存症は回復しない」「『気を引き締めて』『強い意志を持って』というのは無理な話」と患者の実態を説明。克服するには適切な治療が必要と語ります。

 
 

2週目は、田代さんが通うリハビリ施設「日本ダルク」にカメラが潜入

予告動画の中では、薬物依存症の当事者同士でざっくばらんに話し合う「ミーティング」の様子が紹介されています。誰が何を話しても、互いに意見しない、否定しないのがルールです。

僕は若い頃シンナーを吸ってたけど、シンナーも時が来たらやめられたから、覚醒剤も同じようにやめられると頑なに強く思ってたの。でも全然、やめられなかった。こんなにやめられない病気にかかると思ってないよね。

世間では自業自得って言われるんだな。

メディア報道で苛烈なバッシングを受け、孤立感を深めていた当時の心境も。

「クスリを使っている人は見るけどやめてる人を見たことがなかった。施設に通ってやめている人がいるのをもし早く知っていれば」と過去を振り返ります。

「あしたはどうなるか分かりません」

田代さんは今回の番組にあたって、以下のようにコメントしています。

もちろん、僕の話は全員に納得してもらえる話ではないでしょう。それでも正直に自分の思いを話したつもりなので、依存症のことを知らない人とか、いま悩んでいる人とかいろいろな人に届いたらいいなー。

それともうひとつ、ここまで元気になって話せるようになった僕ですが、あしたはどうなるか分かりません。これからも一日一日を積み重ねて、依存症から回復している姿を見せていきたいです。

www.buzzfeed.com

ピエール瀧被告、コカイン使用は「ストレス解消のため」

コカインを使ったとして麻薬取締法違反の罪に問われたミュージシャンのピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)=東京都世田谷区=の初公判が5日、東京地裁であった。起訴内容を認めた瀧被告は「仕事が過密すぎた」と述べ、ストレス解消のために使用したと説明。検察側は「常習性がある」として懲役1年6カ月を求刑し、弁護側は執行猶予を求めて結審した。判決は6月18日に言い渡される。

 被告人質問で瀧被告は、「ミュージシャンが中心だったが、最近は映画やドラマなど多様な仕事が来るようになった。ありがたいことだが、時間的、精神的に追い詰められた」と、薬物をやめられなかった経緯を説明。早朝に家を出て深夜に帰る生活の中、薬物以外にストレス解消法を見いだせず、「非常に自分が甘かった」と述べた。

 逮捕を受けて出演番組やライブが中止になったことについては「僕を信用してくださった皆さんに申し訳ない気持ち」と謝罪。今後も音楽活動は続けたいとし、「バンドもやらせてもらえたら」と語った。

 今は専門機関で治療を受けており、出廷した担当医は「依存症には当たらない軽症。やめられる可能性は非常に高い」と証言した。瀧被告も家族や友人の存在に触れ、「なんとしてでもここから先やっていかなければ」と語った。

 起訴状などによると、瀧被告は3月12日、自宅とは別の世田谷区のマンションで、前日に知人の女=同法違反(譲渡)の罪で起訴=から買ったコカインを使ったとされる。(新屋絵理)

www.youtube.com

www.asahi.com

あのシャブ漬け国会議員のヤバすぎる奇行…怒号の嵐、議員室に鍵かけ引きこもり

 国会議員の秘書の仕事は、選挙に限らず何かとストレスがたまります。

 政治資金パーティを控えていれば、その売り上げが目標額に届くかどうかプレッシャーで押し潰されそうになりますし、「テレビ入り」(NHKの国会中継)の質疑の準備なども大変です。

 なかでも法律の改正や新しい法律の策定過程などでは、いろいろな立場の団体からの要望も受けますから、利益が相反する団体の仲介をしなくてはならないこともあります。

 もちろん、一番大変なのは議員本人ですが、議員から八つ当たりをされることもしばしばあるのが、私たち秘書のつらいところです。そのため、弱音を吐いたり、辞めていく秘書も珍しくありません。

「シャブでもやれば楽になるのかな」などと、本気で考えたという秘書の話を聞くこともあります。シャブとは、もちろん覚せい剤のことです。

 時には、自殺するおそれのある仲間を24時間交代で、監視するために一緒に過ごしたこともあります。

 実は筆者自身もストレスによる突発性難聴になり、左耳が聞こえなくなった時期もありました。内臓が痙攣し、救急車で運ばれた経験もあります。

 そんなにまで追いつめられることもあるのに、なぜ秘書を続けるのかと家族や友人から問われることも多々ありますし、自分でも「なぜだろう」と考え込んでしまうこともあります。

 筆者の場合は、「『正義感』が秘書業を続けている支えになっている」というのが、現在の結論です。

 自分が、「一国民」としての声を議員たちの周囲で伝えていくことの意義、自分の普通の生活の中で感じる法律の不具合、女性として感じ続けている永田町の不合理などを議員たちに「おかしい」と伝え続けることで、もしかしたら変わるかもしれない、現に少しは良い方向へ進んでいると、自分を納得させながら仕事をしているのです。

覚せい剤使用で逮捕された議員
 そんな毎日ですから、有名人の覚せい剤使用による逮捕などのニュースを耳にするたびに、以前、私たちの周囲にいた小林憲司元衆議院議員とその秘書たちのことを思い出します。

 調べてみると、小林氏が覚せい剤所持で逮捕されたのは2005年9月18日で、今から11年も前の事件です。筆者自身の記憶はまだはっきりとしているので、そんなに時間がたっているとは思いませんでした。

この小林氏は感情の起伏が激しく、会議の最中に突然、怒鳴りだすこともよくありました。委員会中の野次も大声で下品で、多くの女性秘書たちから嫌われていました。
 実は、逮捕の前に小林事務所にいた女性秘書仲間から「議員の奇行で苦労している」と聞かされたことがありました。一緒に逮捕された秘書と小林氏が、2人で議員室に鍵をかけて引きこもってしまうことが何度もあったのだそうです。「その時に電話や来訪者の件で声をかけると、ものすごい剣幕で怒るから怖い」と言っていました。

 なので、小林氏逮捕のニュースを聞いた時には「覚せい剤が原因だったのか」と納得したことを覚えています。小林氏は、本当はとても臆病な性格だったとの話もあります。特に選挙期間中は、自分の当落におびえ、覚せい剤の使用頻度が増していたようです。極端に短い睡眠時間でスタッフを振り回していたかと思うと、突然所在不明になったこともあったといわれています。選挙期間中に、秘書が候補者と連絡が取れなくなるということは、一般的にはあり得ません。

 しかも、議員会館勤務の秘書は、選挙期間中は宿泊費を浮かせるために、小林元議員の自宅で家族と同居させられていたようです。秘書のひとりが「ゆっくり休めないし、24時間候補者と一緒で変になりそう」と愚痴を言っていたのを覚えています。

 元議員は、目がぎょろっとして演説も鬼気迫るものがありましたが、当時は国会議員が覚せい剤を使用しているとは夢にも思わなかったので、「選挙の勝利に対する執着心は、恐ろしいな」としか感じていませんでした。

 これは極端な例ですが、身近にこのように恐ろしい例があっても、疲労困憊して精神的に追い詰められると、「いっそ死にたい」「ドラッグでもやったら楽になるかな」などと弱音を吐く議員や秘書がいるのも事実です。

 ほとんどは、弱音を吐いて仲間と悩みを共有することで癒され、また翌日からがんばっていますが、なかには本当に危ない議員や秘書を見かけます。何かしらの疑惑がある事務所については、「ただ敬遠しておくのが得策」とされています。

 余談ですが、こういった愚痴を言い合える親しい仲間内の飲み会に、甘利明元経済産業大臣の政策秘書だったS氏がいました。以前は、なよなよしていたS氏ですが、フィリピンパブで豪遊させてもらったことで感覚が麻痺してしまい、いつのまにか「裏の秘書」になってしまっていたという裏話があります。

 近いうちに「表の秘書」と「裏の秘書」についても書きたいと思います。
(文=神澤志万/国会議員秘書)

biz-journal.jp

ピエール瀧容疑者がコカイン使用の疑いで逮捕 東スポWebの記事と新井浩文被告の過去ツイートに注目集まる

3月13日、ミュージシャンで俳優としても活躍しているピエール瀧こと瀧正則容疑者がコカイン使用の疑いで逮捕されたと報じられた。
現在放送中のNHKの大河ドラマ「いだてん」をはじめ、多くの映画・ドラマなどに出演しており、今後多大な影響が出ることは必至かと思われる。

ネット上では、3月6日に『東スポWeb』に掲載された下記の記事に注目が集まっているようだ。

新井浩文被告だけじゃない!捜査当局が大物芸能人3人をマーク

記事では、俳優Aが交際女性へのDVで、俳優Bが薬物で、人気アイドルCが反社会勢力と組んでの詐欺話などで捜査当局にマークされていると明かす。

Aと同じく俳優として数多くのテレビや映画に出演している大物俳優Bも捜査線上に浮かんでいる。その理由は、違法薬物だ。2009年に酒井法子ら芸能人が立て続けに逮捕されたことを受けて、芸能界は薬物撲滅に向けて本格的に動きだしたが、それでもBは違法薬物に手を染めている可能性が高いのだ。
「BはNHK大河ドラマにも出演した現役バリバリの大物です。誰かって? これ以上は何も言えませんよ」と別の捜査関係者は声を潜めつつも、こう続けた。
「まだ内偵中のため詳しくは話せませんが、当局はかなりの確信を持って捜査を進めているという話です」

とあり、このBが瀧容疑者だったのではとみなされているようである。
ネットユーザーは「となると、AとCは誰なのであろう」ということでいろいろと議論になっていたりもするようである。

また、新井浩文被告の2017年9月23日のツイートにも注目が集まっている。
新井被告、山本美月さん、瀧容疑者と3人で写っている画像がアップされ

64続編まだか。。。両脇犯罪者じゃないよ。

とツイートしているもの。
瀧容疑者の逮捕が報じられた後、リツイートされ多くの返信が寄せられているようだ。

※画像は『Twitter』より

getnews.jp