アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【女子高生コンクリート詰め殺人事件】少年法に守られた未成年凶悪犯の実態を漫画にしてみた(胸糞注意)

f:id:neko7773:20200528172015p:plain

www.youtube.com

【女子高生コンクリート詰め殺人事件】少年法に守られた未成年凶悪犯の実態を漫画にしてみた(胸糞注意)

youtu.be

 

信じるか信じないかはあなた次第 

女子高生コンクリート詰め殺人事件

1988年(昭和63年)11月から1989年(昭和64年)1月の間に発生した猥褻略取誘拐・監禁・強姦・暴行・殺人・死体遺棄事件の通称である。

 

1988年11月25日夕方に埼玉県三郷市内の路上で被害者女子高生(事件当時17歳)が不良少年グループに拉致された。

約40日間にわたってグループのたまり場だった東京都足立区綾瀬の加害者宅に監禁されて暴行・強姦を受け続け、1989年(昭和64年)1月4日に加害者グループから集団リンチを受けて死亡、遺体をコンクリート詰めにされて東京都江東区内の東京湾埋立地に遺棄された。

1989年(平成元年)3月以降、別の強姦事件で逮捕された加害者少年らが事件を自供したためにその全容が判明した。

 

刑事裁判における事件番号は第一審・東京地方裁判所では平成1年(合わ)第72号、控訴審・東京高等裁判所では平成2年(う)第1058号である。

 

本事件は非常に残忍・凶悪な少年犯罪として日本社会に大きな衝撃を与え、加害者少年宅に被害者少女が長期間監禁されていたにも拘らず、その加害者の両親も含めて少女の命を救えなかった点に激しい非難・疑問の声が上がった。

【あの現場は今】「鬼畜」の所業40日間 女子高生コンクリ詰め事件 加害者はもう40代 生かされない教訓 (2/3ページ) - 産経ニュース

 

加害者

本事件の刑事裁判で犯行への関与が認定され有罪判決を受けたのは以下、いずれも犯行当時少年の4名である。

この4人は足立区内の同じ中学校出身の先輩・後輩関係で、いずれも1988年夏頃には在学していた高校を中退・離脱して監禁・殺害現場となった足立区綾瀬地区を中心とした無為な不良行為を続けていた。

 

加害者少年C宅の2階には監禁・殺害現場となった少年Cの部屋、及びCの兄(G)の部屋がそれぞれあったが、C宅は両親が共働きで帰宅が遅かった上、Cによる家庭内暴力が激しかったことから両親がCを監督していなかったため、Cの部屋は不良少年たちの溜まり場となっていた。

 

1988年8月以降、加害者少年B・CはCの兄Gを通じてつながりを持ったことをきっかけにCの部屋を中心に不良交友を始めた。

少年Aは1988年10月頃、Gの盗難バイクの捜索に協力したことを契機にG・C兄弟に接近し、C宅に出入りするようになり、更にはDも中学の同学年で見知っていたB・Gを通じてC宅に出入りし、それぞれ不良仲間に加わるようになった。

 

少年らの先輩には足立区を根城にしている暴力団の組員がおり、加害者少年Aらはその組の青年部組織を気取って「極青会」と名乗っていた。

1988年10月ころから不良グループ4人は少年Aを中心として順次、女性を狙ったひったくり・車を利用した強姦事件などを繰り返し起こすようになった。

またB・C・Dの加害者少年3人は少年Aを通じ、被害者少女を監禁中の1988年11月から12月頃にかけて順次、暴力団関係者の経営していた花屋の仕事手伝い、街頭での花売りなどに関わるようになり、12月中旬ごろには暴力団の忘年会・組事務所の当番にも駆り出されることがあった。

 

被告人・少年A(犯行当時18歳)

足立区在住の無職

第一審・東京地裁(1990年7月19日判決)にて懲役17年(求刑・無期懲役)、控訴審・東京高裁(1991年7月12日判決)にて懲役20年の判決を受け確定した。

出所後の2013年1月頃振り込め詐欺を起こして逮捕されたが、事件から約2週間後、検察側は元少年Aを不起訴処分とした。

被告人・少年B(犯行当時17歳)

足立区在住の無職。

第一審・東京地裁と控訴審・東京高裁にてそれぞれ「懲役5年以上10年以下の不定期刑」(求刑・懲役13年)の判決を受け確定した。

出所後の2004年に三郷市逮捕監禁致傷事件を起こして逮捕・起訴され、懲役4年の実刑判決が確定した。

被告人・少年C(犯行当時15歳 - 16歳)

第一審・東京地裁で「懲役4年以上6年以下の不定期刑」(求刑・懲役5年以上10年以下の不定期刑)、控訴審・東京高裁で「懲役5年以上9年以下の不定期刑」の判決を受け確定した。

出所後、2018年8月19日に埼玉県川口市内の路上で通行人男性を襲撃した殺人未遂事件を起こしたとして埼玉県警察武南警察署に緊急逮捕された。

綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人の“元少年”が、今度は殺人未遂で逮捕されていた! | デイリー新潮

懲役1年6月、保護観察付き執行猶予3年の判決を受けた。

被告人・少年D(犯行当時16歳 - 17歳)

第一審・東京地裁で「懲役3年以上4年以下の不定期刑」(求刑・懲役5年以上10年以下の不定期刑)、控訴審・東京高裁で「懲役5年以上7年以下の不定期刑」の判決。

4人の中で唯一上告し「懲役3年以上4年以下の不定期刑」が確定した。

 

少年たちのその後

少年Dは、1996年(平成8年)に刑務所を出所したが、出所後は自宅に引きこもるようになった。

『毎日新聞』東京社会部記者・井上英介は、2001年(平成13年)1月から少年D(当時29歳)と同居する母親と接触を図り、同年春ごろから取材を開始、2001年4月8日朝刊にて少年Dの当時の状況を記事として発表した。

記事には50通を超える反響があったが、その内容は共感・批判が相半ばし、批判には「加害者に同情的すぎる」「被害者遺族の心情を逆なでするものだ」などといったものが多かった。

一方、井上自身も「遺族の痛みは想像を絶する。取材前に裁判記録・事件を記録したルポ・過去の新聞記事などを可能な限り調べたが、事件の惨たらしさから目を背けたかったし、取材を終えてもまだ迷いがある。今は読者の皆様からいただいた批判を読みつつ、『罪を償うことの難しさ』を実感している」と綴った。

 

主犯格少年A以外の少年たちは、出所あるいは退院後にそれぞれマスコミのインタビューを受けている。

 

少年Bは1999年(平成11年)に刑務所を出所してから保護観察関係者の女性と養子縁組を結び姓を変えた。受刑中にパソコンのスキルを学び、出所後はIT関連の仕事をしていたが、前科が知られ人間関係に行き詰まり、退職後は暴力団の構成員になった。

綾瀬コンクリ殺人の元少年ら4人 監禁致傷や詐欺など3人が再犯 - ライブドアニュース

2004年(平成16年)5月19日に再び同じ足立区や三郷市で男性に言いがかりをつけ監禁し負傷させた事件(三郷市逮捕監禁致傷事件)を起こし、しかも当事件を脅し文句に使うなど更生した様子を見せず、6月4日に警視庁竹の塚警察署に逮捕され、懲役4年が確定した。2009年(平成21年)に2度目の出所をした。

 

主犯格の少年Aは川越少年刑務所で一定期間を過ごし、後に千葉刑務所へ移送された。

元無期懲役受刑者・金原龍一(2009)は同じ千葉刑務所に服役していたころの少年Aについて以下のように述べている。

 

「明るく屈託がなく調子のいい男で、とてもあのような残虐な犯行ができるようには思えず、親子ほど年齢の離れた自分にも積極的に声を掛けてきた。本来あれだけ酷い性犯罪を犯した者は他の受刑者からいじめられることが多いが、Aは世渡り上手だった」

「千葉刑務所に来てから約10年後の2004年ごろには模範囚だったことから仮釈放が予定されていたが、結局は刑務所側から『お前はもう満期(まで服役)だ』と通告されて落胆していた。

法務省が性犯罪者への世論を鑑みて厳罰化のお触れを出したことに加え、共犯者の男(少年B)が別の刑務所を出所後に再び凶悪事件を起こしたことが影響したためだろう」

元受刑者Aは2009年(平成21年)に刑務所を出所した後、養子縁組をして名前を変えた。Aはキックボクシングのジムに通い、よく後輩をバーベキューやキャバクラに連れて行っていた。BMWを乗り回して高級腕時計やブランド品を身に着けていた。「暴力団とつながりがある」「都内の振り込め詐欺グループには知り合いが多い」と吹聴し、マルチ商法で儲けていた。セックスの話が大好きで、「100均の縄で女を縛るのが好き」と語っていた。

2013年(平成25年)1月、加害者元少年Aが振り込め詐欺で警視庁池袋警察署に逮捕された。

無作為に全国の個人宅に電話をかけ、『パチンコ必勝法』の情報料名目で現金を騙し取る詐欺グループの一員として、池袋の銀行で金をおろす「受け子(出し子)」をしていたとみられるが、完全黙秘を貫いたため、詐欺グループの解明が出来ないまま2013年(平成25年)1月31日付で不起訴処分となり釈放され、その後は消息不明となった。

 

三郷市逮捕監禁致傷事件から14年3か月後となる2018年(平成30年)8月19日夕方、犯行グループのメンバーだった男(元少年C)が埼玉県川口市内の路上で通行人の32歳男性に対し、肩を警棒で殴る・首をナイフで刺すなどして殺害しようとした殺人未遂容疑で、埼玉県警察武南警察署に緊急逮捕されたことが『デイリー新潮』(新潮社)の同月21日配信記事、およびその続報に当たる『週刊新潮』2018年9月6日号(8月30日発売)にて報道された。

綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人の“元少年”が、今度は殺人未遂で逮捕されていた! | デイリー新潮

『デイリー新潮』および『週刊新潮』は、その被疑者元少年を実名報道した上で「今回逮捕された元少年は両親が日本共産党党員で、29年前の事件では監禁場所として自宅を提供した人物。

刑事裁判では懲役4年以上6年以下の不定期刑判決を受けた」即ち元少年Cであること、元週刊文春記者の勝谷誠彦のコメントを報道している。

なお『デイリー新潮』『週刊新潮』以外の報道機関(『朝日新聞』および共同通信社配信の『産経新聞』・『日本経済新聞』両紙・JNNニュース)においては、被疑者・元少年Cの実名報道こそ行われたものの、本事件の前科については一切触れられていない。

路上トラブルになり男性刺す、殺人未遂容疑で男を逮捕 TBS NEWS

2019年(令和元年)11月22日、さいたま地方裁判所から懲役1年6月、保護観察付き執行猶予3年の判決を受けた。

 

主犯以外の少年で他にも覚醒剤で逮捕された者もいる。

女子高生コンクリート詰め殺人事件 - Wikipedia

 

アシタノワダイは見つかりましたか?