アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

(実話)笑ってはいけないで放送されなかった事故について漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20201203095436j:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

 

www.asitanowadai.com

 

 (実話)笑ってはいけないで放送されなかった事故について漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

www.youtube.com

 

佐野史郎『笑ってはいけない』での全治2カ月の骨折事故に日テレ側が提示した「誠意」とは?

アベベネクスト公式サイトより

 俳優の佐野史郎が、大みそかに放送される『ガキの使いやあらへんで!! 年末スペシャル(仮)』(日本テレビ系)の収録で、全治2カ月のケガを負ったことがわかった。

「佐野が出演していたのは、年末恒例の『笑ってはいけない』シリーズのロケでのこと。同局によると、上部をくりぬいた高さ約90センチのドラム缶の中に、500ミリリットルの液体窒素を入れた容量2リットルのペットボトルを縦に置き、その上に板と座布団を敷き、佐野が座っている状態で破裂。手にラーメンを手にした佐野が破裂の衝撃を受けても、ラーメンを食べ続けられるかを試し、それをダウンタウンら出演者が笑わずに見届けるという企画だった。爆発したはずみで、佐野は腰を痛め、病院では第3腰椎骨折と診断されたそうです」(スポーツ紙記者)

 撮影に際しては、スタッフによるリハーサルを何度も重ねたというが、収録中の事故はテレビ局がもっとも恐れることの一つ。日テレ上層部も相手がベテラン俳優とあって顔面蒼白になっただろうが、佐野のほうは「私の負傷で笑えない状況にならないよう放送されることを心より願っております」と健気に語っている。

 その舞台裏をテレビ関係者はこう明かす。

「第3腰椎骨折とは、背骨が骨折したということ。一部報道では専門家が『完全に元の形には戻らない』『腰が曲がるなどの原因になる』との見立てをしているように、実はシビレなどの後遺症が残ってもおかしくはない重傷のようです。本来なら局に佐野の事務所から猛クレームが来てもおかしくはないし、罰ゲームが趣旨の番組での事故は青少年に与える影響も大きいため、番組打ち切りの可能性もあった。日テレサイドは“誠意”として佐野に対して、今後10年間『笑ってはいけない』への出演を約束したと聞いています」

 ともあれ、佐野のケガが「笑えない」状態にならないよう祈るばかりだ。

www.excite.co.jp

 

「ガキつか」事故の真相⁉︎

ツイート上。

TBSラジオのナイツさんの番組「ナイツのチャキチャキ大放送」で、放送作家の高須光聖さんが、今回の「ガキつか」での事故前、僕が「もっと思い切ってやりたい」と、積極的に現場でドラム缶爆破にアプローチしていたというような発言をなされていた…のツイートを見て、「そんなことは一言も言ってません」とリツイート。
でも、これは、高須さんに対してではなく、ラジオのリスナーの方へのツイート。
ラジオそのものを、僕が聴いたわけではないので。
とはいえ、まあ、ラジオの娯楽番組で、ちょいと盛って話すのは良くあることだし、いや、そりゃ、言ってないこと言ってたかのように放送されたら「オイオイ!」とはなりますよ!
でも、高須さんはその時、現場にいらっしゃらなかったみたいですし、スタッフのどなたかから聞いた印象をお話しなさったんでしょう。

明智小五郎的推理によると下記のようなことかな?と。

事前打ち合わせで、企画を聞かされた時、「絶対に安全です」とは、確かに言われました。
それは信じたよ。
絶対安全神話などないことは、311の原発事故でも学習したはずなんだけどな〜>_<

で、現場で、ドラム缶に液体窒素を入れ蓋をし、その上でラーメンを食べるシーンになりました。
最初にアインシュタインの稲田直樹さんがやって、とんでもない爆発だとは思ったけど、吹っ飛んで、何事もなかったようではありました。
笑えてたかな〜?
みんな唖然としてたような…。
ただ、僕がやることになった直前に彼から「腰にきますよ!」とアドバイスは受けました。
そこで、「じゃ、やめた!」とは言えないッスよ〜>_<

で、実はさすがに躊躇し、助手役のケンコバさんからも「やめてもいいんですよ」とは言われ、助け舟は出されていました。
あ、僕はノーベル賞を狙う博士役、ケンコバさんが助手で。
でもまあ、打ち合わせもして、引くに引けないのがこの世界!
「大事な映画のクランクインを前にして大丈夫か?」のやりとりも。
何かあったら稲田さんが僕の代役を務めるとの進言も。
少しでも危険を察知していたら、お仕事自体をご辞退するべきだったとは、たらればで、言ってもせんかたないこと。

ドラム缶の上に乗る時、「なるべく前へ!(座れ)」のアドバイスは、衝撃を考慮してのことだったのでしょうね?
ギリギリまで、前に座ったんだけどなあ。
でも、ダメでした。

爆破直後、マットに飛ばされ横に倒れ、痛いというより、直後、腰に力が入らない!
現場の空気は、こちらはよくわからなかったけど、しばらくそのまま横たわって、立てそうかな?と思い、身体を反転して、衝撃予防のマットの上から降りて立ち上がると、歩けるし、痛くないし。
きっと、脳内から妙な物質が出てたんですかね〜?
もうワンコーナーあることが、気になって、番組収録に迷惑かけられない…という神経が、自分の身体の心配より先に立ってしまったんでしょうねえ〜。

「大丈夫、大丈夫、次のコーナー、やっちゃいましょう!」と、確かに僕が先導して、収録を再開したことは事実です。
これが、僕が、「もっと思い切ってやりたい!と発言していた」と、高須さんがスタッフから聞いた言葉の真相ではなかったかと、推理するのです。
いかがでしょう?
高須さんは、現場にいらっしゃらなかったので、スタッフからそのように聞かされたならば、そのままラジオで発言なさるのは、まあ、流れの中で仕方がないことだとは思いますが、それでもね、僕が「やる」と言わなければこんな事故は起きなかったのに…というニュアンスには傷つきますが。
確かに、「仕事受けたんだから、何があっても覚悟しろよ!」という昭和なプロの世界の意識は、僕の中にもありますけれど。

一番の問題は、国会答弁での言った言わない〜記憶にない〜などの問答同様に、ラジオ番組で聞いた情報を、そのリスナーさんが、どう受け止め、解釈し、発言するか…というところだと思うのです。
そこには、他者の事故なり、事件なりについて語る時、今回で言えば、ラジオで発言されている人物の奥底に流れる本心を読み取ろうとして、実は、それは、発言者の本心から離れてでも、受け止めている本人の願望が映し出されているのかもしれないと思ってしまうのです。
「佐野が自分でやりたいって言ったんだから、自業自得だろ‼︎」とでもいうような?
また、確かに、そうした一面も否定できませんし。

自分以外の周りで起きていることをどう受け止めているか…を自覚する時、ささやかな日常の中からも、今の世の中の実相が浮かび上がってくるのだなあ〜と思わされた夜(ナイツ)でした。

以上、ホントはどうなのよ〜⁉︎ 

www.kisseido.co.jp