アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【島根女子大生バラバラ事件】犯人究明までに7年掛かった凶悪事件の真相@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20200902181253p:plain


信じるか信じないかはあなた次第

 

 

8月にアシタノワダイで投稿された動画をまとめてます

 

「山ピーの女子高生お持ち帰り」「三浦春馬の自殺」「アメリカの闇」

などすでに削除されて見れなくなった動画もまとめてます。

 

 

www.asitanowadai.com

 

【島根女子大生バラバラ事件】犯人究明までに7年掛かった凶悪事件の真相@アシタノワダイ

youtu.be

 

島根女子大生死体遺棄事件

 

2009年(平成21年)11月6日に発覚した死体遺棄事件。

浜田事件、浜田学生遺棄事件、島根女子大生殺害事件、島根女子大生バラバラ殺人事件と記載されることも場合もある。

 

www.youtube.com

2012年10月26日の死体遺棄罪単体での公訴時効成立後も容疑を殺人罪に切り替えて捜査が行われた。

 

長らく未解決であったが事件から7年が経った2016年12月、捜査機関は事件直後に事故死していた人物が被疑者であると特定することができた。

 

事件の概要

2009年11月6日、広島県と島根県の県境に近い広島県北広島町の臥龍山(がりゅうざん)山頂付近で、女性の頭部が発見される。

 

DNA鑑定の結果、島根県浜田市で10月26日から行方不明になっていた19歳の女子大生

(平岡 都さん)と確認された。

 

死亡時期は約1週間前から2週間前。

広島県警・島根県警は合同捜査本部を設置して残りの遺体発見、被疑者特定などの捜査を開始。

 

11月7日に左大腿骨の一部、11月8日に両手足の無い胴体部分、11月9日に左足首、11月19日に爪が発見された。

 

被害者

被害者の女子大生は出身地の香川県の商業高校を卒業後、浜田市にある島根県立大学に進学。

学業やサークル活動、アルバイトなどまじめで特定の異性交遊はなかった。また目立ったトラブルはなかった。

 

被害者は殺害の約半年前まで出身地である香川県の坂出市に居住し、事件当時は両親も同地に在住していた。

 

そのため、香川県は事件現場と隣接も近接もしていないが、香川県内のテレビ(同じ放送エリアである岡山県のテレビ局も含む)・新聞といったマスメディアは、全国ニュース以外のローカルパートでもこの事件を盛んに報道し、周辺住民や元教諭がインタビューに答えるなどした。

 

また、被害者は前年度まで高松市の香川県立高松商業高等学校英語実務科に在籍していたことから、同校では緊急の全校集会を開いて全員で黙とうを行い校長が生徒らに事件の説明したり、その後元担任が記者会見を開いて行方不明後の心配や当時の心境を語ったりするなど、事件は遠く離れた地元・香川県でも大きな衝撃を与え、異例の扱いとなっている。

 

その影響は坂出市の実家周辺にも及び、過熱する報道に対して両親が遺族らへの取材自粛を求めるコメントを広島・島根両県警を通じて発表したほどであった。

 

被疑者

捜査は難航していたが、2016年の頭から過去に性犯罪歴のある人物を捜査し直していた所で事件当時益田市に在住していた被疑者(矢野 富栄容疑者)が浮上。

 

男(矢野 富栄容疑者)は事件から5年前の2004年に通りかかった女性にわいせつな行為をしようとしてけがをさせるなど3つの事件を起こし、懲役3年6ヶ月の判決を受けていた。

被疑者(矢野 富栄容疑者)と被害者との間に接点は無かった。

 

また、被疑者(矢野 富栄容疑者)の遺品であるデジタルカメラとUSBメモリーから死亡直前に削除されていた画像を復元し、行方不明後の被害者の遺体や包丁など57枚の画像が確認された。

 

被疑者(矢野 富栄容疑者)の特定に至った決定打とされる画像は複数枚あるが、中でも被疑者(矢野 富栄容疑者)宅の壁や風呂場を背景に被害者が撮影されていた画像データが揺るがぬ証拠となった。

 

2016年12月20日、島根県警察・広島県警察合同捜査本部は、被疑者を殺人・死体損壊・死体遺棄罪で、松江地方検察庁に事件を送致。

 

2017年1月、松江地検が被疑者(矢野富栄容疑者)死亡で不起訴処分。

 

 

www.sanspo.com

 

friday.kodansha.co.jp