アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【ヤラセの泉】オーラの泉が打ち切りになったとんでもない理由(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20210410093458j:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

 

www.asitanowadai.com

 

【ヤラセの泉】オーラの泉が打ち切りになったとんでもない理由(マンガで分かる)@アシタノワダイ

www.youtube.com

他にもテレビ局が番組を捏造・ヤラセをした出来事

www.asitanowadai.com

www.asitanowadai.com

www.asitanowadai.com

www.asitanowadai.com

www.asitanowadai.com

www.asitanowadai.com

www.asitanowadai.com

www.asitanowadai.com

 

 

テレ朝「オーラの泉」が苦境 フジ「江原番組」は有識者から集中砲火

フジテレビが公式サイトで、スピリチュアル番組に問題があるとした有識者の意見を十分に活かすと約束していることが分かった。これは、カウンセリングを受けた女性が抗議した問題を受けての言明だ。今後は、テレビ朝日の同じスピリチュアル番組「オーラの泉」の行方に、注目が集まりそうだ。すでに、番組打ち切りか、といった憶測が飛んでいる。

 

「非科学的、荒唐無稽な霊視が番組の中核」

江原啓之さんの公式サイト
江原啓之さんの公式サイト
 

   フジテレビに対しては、2007年7月28、29日放送の「FNS27時間テレビ」で、意に反してスピリチュアル・カウンセラー江原啓之さん(43)のアドバイスを受けさせられたと秋田県の女性が抗議。これを受けて、「放送倫理・番組向上機構(BPO)」が「人間の尊厳を傷つけかねない」とする意見書を出していた。

   公式サイトで08年4月2日に公表したのは、その意見書を踏まえて社内で議論した結果の報告書全文。それによると、プロデューサー間でアンケート、勉強会を行い、それを元に番組制作ハンドブックを改定した。改定部分は、出演者の人権に配慮するなどの内容で、スピリチュアル番組を止めるかは明言していない。が、プロデューサーや外部有識者からは、かなり厳しい意見があった。

   例えば、プロデューサーアンケートでは、「非科学的な根拠の薄いテーマを題材にした番組制作に対する一層の注意喚起が不可欠であることを実感した」「構成を立てる段階で、江原さんありきから始まっていたのではないか」との声が出た。

   外部有識者では、フジテレビ顧問の清水英夫弁護士が、「一番の問題点は、スピリチュアル・カウンセリングと称する非科学的、荒唐無稽な霊視を番組の中核に置いたことである」と断言。そして、「問題は、今後の番組作成において、『羹に懲りて膾を吹く』ことなく、それが遵守されることであろう」とクギを刺した。

   これに対し、フジテレビは、報告書の中で、「有識者の方々からいただいたご意見を、今後の番組作りの中で十分に活かし、放送番組の質の向上に努めることをお約束いたします」と宣誓したのだ。これで、もし視聴率に目がくらんで今後スピリチュアル番組に手を出すことがあれば、「約束はウソだった」との批判が噴出しそうだ。

   一方、江原さんは、J-CASTニュース1月25日付記事のように、公式サイトでフジテレビの番組作りを批判していたが、スピリチュアル批判を活かすというフジの「約束」をどうみるのか。

   しかし、江原さんは、J-CASTニュースの取材に対し、「誤認報道もあったようですので、フジテレビ制作番組に関しましては、フジテレビ広報にお問い合わせいただけますよう、お願い申し上げます」とコメントを寄せたのみだった。

「オーラの泉」視聴率低下でパワーダウン

   同じスピリチュアル番組として、江原さんが出演しているのがテレビ朝日「オーラの泉」。フジテレビの「約束」をどのように受け止めるのか。

   テレビ朝日の広報部は、J-CASTニュースに、「フジテレビの公式サイトや新聞報道は拝見していますが、対応は特にありません。それについて、どうこう言うことはないからです」と答えた。

   日刊ゲンダイは、3月19日付記事で、キー局編成マンの話として、状況次第で7月、遅くとも秋の改編で番組が打ち切られる方向と報じた。その背景には、江原さんへのバッシングとBPOの見解があるという。これに対して、テレビ朝日広報部は、「打ち切りの予定はありません。いつまで続けるかも未定です」としている。

   ただ、「オーラの泉」は、次第にパワーダウンしているようだ。

   ビデオリサーチ社の公式サイトなどによると、08年1月まで15%前後の高視聴率を時々出していた。が、ゲンダイは前出の記事で、3月に入って2週連続で1ケタを記録するようになったと報じた。また、テレビで「オーラの泉」を見ると、江原さんの霊視と言える場面が少なくなった印象を受ける。また、「オーラ」「前世」「守護霊」といった言葉も少なくなっている。

   これに対し、テレビ朝日広報部では、視聴率低下について、「受け止め方によります。低下が一時的かどうかは分かりません。対応も特にありません」と述べた。霊視の場面・言葉減少については、「それも受け止め方の問題だと思います。番組の内容や企画意図は、特に変わっていません」とした。

   とはいえ、「オーラの泉」への風当たりは強まっている。宮城県の東日本放送は、2~3月の番組審議会で、放送中の同番組を審議した。そこでは、委員から「江原さんのコメントは断定的で、ゲストの過去と交信したような言い方は霊能者としての自分を強調し過ぎている」「子どもたちが目に見えないものの力を信じることにならないか心配だ」と疑問が相次いだ。これには、招かれた「オーラの泉」のプロデューサーが、「子どもたちへの影響を考え、あくまでも娯楽番組であることを番組内で告知している」と防戦一方だった。

www.j-cast.com

江原啓之の霊視に疑惑? 檀れいの「死んだ父親」は生きていた。

人の「オーラ」を見極め、守護霊や先祖と語り、前世を覗くことができるという、不思議な力を持つスピリチュアルカウンセラー……とされている江原啓之。テレビ朝日系の「オーラの泉」をはじめ、テレビ番組にも多数出演、悩める相談者(芸能人、一般人問わず)にアドバイスを送り続けているなりが、語られる内容や、そもそも「オーラ」の存在を懐疑的に感じている視聴者も多く、批判の対象となることもしばしばなりよね。ファンも多いなりが、アンチファンも多い。江原啓之に対する評価は真っ二つといった感じなりよ。

そんな江原啓之に、現在発売中の「週刊文春」が「江原啓之『インチキ霊視』 檀れい『死んだ父親』が生きていた」との記事で疑問を投げかけ、ネットで騒然としているなりよ。

「週刊文春」が報じているのは、2006年12月20日に放送された「オーラの泉」とその後日談。この回のゲストは宝塚から女優に転身し、現在はサントリーの「金麦」のCMが評判の女優・檀れいだったなりよ。檀れいは番組出演時に父親を亡くしていると冒頭で語っており、話が進む中で、江原啓之は亡くなった父親が宝塚音楽学校の受験を「(天国から)寡黙に見守っていた」と発言。江原啓之を通じて「亡き父から愛の言葉が届く」という流れで番組は進行していったなりね。

ところが。実は、檀れいが番組冒頭で語っていた「亡くなった父親」は、母親の再婚相手(義理の父)のことで、本当の父親は今も健在。そして宝塚音楽学校を受験した時点ではまだ両親は離婚しておらず、「父親」にあたるのは「本当の父親」しか該当しないというなりよ。つまり、「亡き父」(=義理の父)が「宝塚受験のエピソード」を語れるわけがない、と。

「週刊文春」は檀れいの出身地である兵庫県美方郡新温泉町まで飛び、地元で取材を敢行。「『死んだ父親』を霊視しているのでびっくりしました。檀さんのお父さんは、元気にこの町で生活していますよ」(高校の同級生)、「お父さんが亡くなったと言われていたことを人伝てに聞いて、びっくりしました。近所からは『あら、お父さんが殺されちゃってるわ』と言われています」(檀れいの祖母)との証言を得ているなりね。

また、2人の父親は性格も生き様も全く異なるタイプの人物像であることから、江原啓之の霊視を檀れいが混同するはずがないため、檀れい本人にも取材を実施。でも、檀れい自身は「涙が止まらない状態だったので細かい部分は覚えていないんです」「(オーラの泉は)ゲストがどういう風にキャッチして、自分の糧として歩んで行こうかなというものだから、周りがガタガタいうことでもないと思うんです」と、全く問題視していないようなりよ。

霊視の内容と現実が異なっていると、ハッキリと分かってしまった今回の疑惑。江原啓之の霊視の信憑性はいかに。

www.narinari.com