アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

【先手必勝】ガチで喧嘩が強くなる方法を漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20210330091949j:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 【先手必勝】ガチで喧嘩が強くなる方法を漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

www.youtube.com

強そうな人を喧嘩で負かす方法

時として殴り合いを避けられない状況に陥る場合があります。 自分よりも体格があり腕力もありそうに見えれば「強い」人だと感じるのが一般的な反応です。喧嘩を吹っかけようと企む人の多くは、自分よりも弱そうな人に狙いを定める傾向にあります。ですから体格のいい人に言いがかりをつけられることがあるかもしれません。しかし、そんな不利な状況でも勝負を五分五分にできる方法があります。人に街で襲われても、ライバルに挑戦状を突きつけられても上手く切り抜けられるでしょう。

 

生きるか死ぬかの危機的状況に対処する

  1.       
    Beat a "Tough" Person in a Fight Step 1というタイトルの画像
    1
    先手を打つ 相手に先手を打たせてはいけません。危険を感じたら躊躇なく強いパンチで先に攻撃しましょう。相手の不意をつくことで勝負を五分五分にすることができるでしょう。[1]
    • 自分の行動の法的影響を考えましょう。行動を起こす前に、自分は本当に危険に晒されているか、相手を攻撃する以外に逃げる術がないかを真剣に考え確信する必要があります。そうでなければ自分の行動を自己防衛として正当化できず、民事訴訟を起こされれば相手が勝訴する可能性があります。[2]
     
  2.       
    Beat a "Tough" Person in a Fight Step 2というタイトルの画像
    2
    目を攻撃する 相手の目を指で突きましょう。痛みを与えることはもちろんですが、相手は反射的に目を覆うためその隙に強打を与えることができます。あるいは、相手が武器を落とす可能性もあるでしょう。
    • 相手の耳を掴み目の近くを親指で強く押しましょう。かなりの力を込めて押し込みましょう。単に目を突くよりも痛みを与えることができ、その隙に逃げられるかもしれません。[3]
     
  3.       
    Beat a "Tough" Person in a Fight Step 3というタイトルの画像
    3
    背後から襲われたら鼻またはすねを攻撃する 相手を背後から襲って驚かせようとする無法者がたくさんいます。背後からの攻撃は自分にとって不利ですが、それを逆手にとって相手の最も弱い身体部位に強打を加えましょう。押さえつけを跳ね除けて逃げられるでしょう。
    • 頭を後ろに大きく逸らし相手の鼻に頭突きをしましょう。頭の骨は鼻の軟骨よりもはるかに密度が高く驚くべきダメージを与えることができます。鼻梁は最も痛みを感じる場所です。そこを目指して頭突きを加えましょう。
    • 相手のすねを思い切り引っ掻きましょう。こういう時にハイヒールは非常に効果的です。または、相手のすねめがけて後ろ向きで蹴りを入れる方法もあります。すねは鼻梁よりも痛みに鈍感ですが、簡単に蹴りを命中させることができます。
    Beat a "Tough" Person in a Fight Step 4というタイトルの画像
    4
    他の脆弱な部位に焦点を合わせて攻撃する 相手の脆弱な部分をめがけて攻撃すると良いでしょう。例えば、目、耳、こめかみ、鼻、あご、喉、首、鼠径部などです。[5] パンチあるいは蹴りが命中すれば相手を無力化できます。その方法を次に紹介します。
    • あごの下にアッパーカットを加えれば相手の頭を捻らせることができるため、相手は意識を失うことになるでしょう。[6]
    • こめかみへのジャブは相手をノックアウトするのに最も確実な方法です。こめかみは非常に脆いため、簡単に内出血を起こす可能性があります。ただし、こめかみへの強打は相手を深く傷つけたり、最悪の場合殺してしまう可能性があることを覚えておきましょう。
    1. Beat a "Tough" Person in a Fight Step 5というタイトルの画像
      5
      自分の体の脆弱部分をガードする 自分の脆弱部位を攻撃される可能性があることを覚えておきましょう。相手の手を自分の顔や首などに近づけさせないように注意しましょう。[8]
       
    2.     
      Beat a "Tough" Person in a Fight Step 6というタイトルの画像
      6
      動き続ける 何よりも相手に触れさせないことが重要です。じっと立っていてはいけません。変則的に左右に動き相手を混乱させましょう。相手を攻撃するよりも相手の攻撃を回避することが優先です。相手が足を踏み外したりパンチをし損ねたら、逃げるチャンスです。[9]
      専門家情報
      Adrian Tandez
      ADRIAN TANDEZ
      護身術専門家

      相手とは1〜1.5メートル程の距離をとる 攻撃の準備が整うまでは相手と距離をおき動き続けましょう。体格のある強い相手をブロックしようとしても簡単に突き破られてしまいます。相手とは距離をとり機敏に動き回ることが重要です。

       
    3.     
      Beat a "Tough" Person in a Fight Step 7というタイトルの画像
      7
      周辺の物を武器として使う 護身用の催涙スプレー、ナイフ、掌サイズのスティックなどを持っている場合はそれらを使って強打しましょう。何も持っていない場合は近くに武器として使えそうなものがないかを探しましょう。固くて先の尖った物、例えば車のキーや石などは即席の武器になります。
      • ハイヒールは即席の武器に打ってつけです。ハイヒールを履いていたらすぐに脱いで武器として使いましょう。[10]
      • 砂場、泥の上、砂利道で襲われたら、地面上の掴めるものは何でも(砂、泥、砂利など)掴み相手の顔目掛けて投げつけましょう。目に異物が入り込めば一時的に視力が失われます。相手が視力を取り戻そうとしている隙に逃げられるでしょう。
      • 夜間懐中電灯を持って歩くことがあるかもしれませんが、比較的大きな懐中電灯も優れた即席の武器になります。相手の目に直接光を当てて視力を失わせて時間を稼ぎましょう。逃げるのに十分な時間がなければ懐中電灯で相手を強打しましょう。
      1. Beat a "Tough" Person in a Fight Step 8というタイトルの画像
        8
        長い髪を引っ張る 相手の髪が長ければできるだけ強く引っ張りましょう。それだけで痛みを与えることができます。また、引っ張ることで、自分に有利な位置に相手を追いやることができ、態勢を整えて強打を加えられるでしょう。ポニーテールや三つ編みなどを掴んだら決して離してはいけません。
         
      2.    
        Beat a "Tough" Person in a Fight Step 9というタイトルの画像
        9
        逃げる機会を逃さない どんなことがあっても喧嘩が終わったらその場をすぐに離れましょう。相手が一瞬いなくなったとしても、致命的な武器を携えて、または数人の友人を連れて戻ってくるかもしれません。自己防衛が正当化されるのは、回避できない差し迫った危険に際して理に叶った常識的な方法で相手を攻撃した場合のみであることを覚えておきましょう。相手が地面にひれ伏したら、すでに危機的状況とは言えません。すぐに逃げましょう。無力になった相手に攻撃を加えれば、仮に相手から攻撃されたとしても民事訴訟では不利になります。
      方法2

      自分よりも体格のある相手と戦う

      1.   
        Beat a "Tough" Person in a Fight Step 10というタイトルの画像
        1
        逃げることを優先する どんな喧嘩においてもほとんどの場合、攻撃回避が基本です。トリックや武器を使わない体格の良い強い相手に対しては尚更逃げることが重要です。タフなファイターはパワーの面で非常に優っているため相手を強打して即争いを終えることができます。即その場を去り攻撃を回避しましょう。
         
      2.   
        Beat a "Tough" Person in a Fight Step 11というタイトルの画像
        2
        体捌きを使う 体捌きとは日本の武道に見られる一連の動きです。格闘家は体捌きで相手の攻撃をかわしながら、自分に有利な位置に移動して反撃を仕掛けます。より大きな対戦相手との試合ではカウンターパンチが自分を有利に導くための最良の選択肢です。次に、体捌きの基本的な動きを紹介しましょう。
        • 流し – これは単純な動きですが、正面からの不意打ちに対抗するのに最適です。体を前に向け、左足を軸にして左後ろへ弧を描くように体を滑らせ(流し)ます。ドアが開くような動きです。体を滑らせ足を踏み込んだら腕を上げて攻撃を加えます。
        • 開き – この技は近い距離からの不意打ちに最適です。相手と正面から向き合い、一方の足を相手と直線上、出来るだけ遠くにスライドさせます。もう一方の足を最初の足に近づけたらその足を相手の方に向けます。両足を動かしつつ腰を相手の正面に向けて腕を振り上げて攻撃を加えます。
         
      3.   
        Beat a "Tough" Person in a Fight Step 12というタイトルの画像
        3
        相手のキックには背を逸らして対処する ムエタイなどキックを伴うスタイルで戦う場合、上背のある相手の高いキックは背を逸らしてかわしましょう。相手が自分の頭上に脚を上げキックしようとする時、瞬間的にバランスを崩すため反撃を加えるのに最高のタイミングです。[13]
         
      4.   
        Beat a "Tough" Person in a Fight Step 13というタイトルの画像
        4
        対戦相手のリーチ(腕のを伸ばして届く距離)を無効にする 背の高いファイターのもう1つの利点はリーチが長いことです。上背のある対戦相手との間には相手のパンチは当たっても、自分のパンチが相手に届かないゾーンができます。そのゾーンに入らないことが重要です。戦いの間は相手から十分な距離をとって相手のパンチが当たらないように動き回るか、相手にパンチが届く距離に近づきましょう。遠くへ、近くへと動き回っている間、自分をガードすることも忘れてはいけません。[14]
         
       
      方法3

      フェアな戦いに勝つ

      1.   
        Beat a "Tough" Person in a Fight Step 14というタイトルの画像
        1
        開始前に明確なルールを立てる 対戦相手が汚いトリックを使うなら遠慮する理由などありませんが、明確なルールに則って行う場合は、対戦前に何が許され何が反則なのかを定めて互いに同意しなければなりません。公平な立場の第三者にルールの決定を手伝ってもらい、レフリーのような役割を果たしてもらうのも1つの方法でしょう。
         
      2.   
        Beat a "Tough" Person in a Fight Step 15というタイトルの画像
        2
        拳を正しく作る パンチを放つ前に完璧な拳を作りましょう。手の指を全て内側に丸めましょう。親指は外に出し人差し指中指薬指の第一関節あたりに当てましょう。[15] 親指を拳の中に入れると骨を折ってしまう可能性があります。
         
      3.   
        Beat a "Tough" Person in a Fight Step 16というタイトルの画像
        3
        対戦相手のパンチをかわす ストリートファイトとは異なり、フェアな戦いでは相手に先手を打たせるのが理に叶った戦略です。可能な限り相手のパンチを回避して、勢いよく反撃しましょう。体を動かし続けることが重要です。そうすれば相手がパンチの狙いを定めにくくなります。また正しい構えをとれば相手にとってターゲットエリアが小さくなるため、パンチを正確に放つのが難しくなります。相手に肩を並行に向けて真っ正面に立つのではなく、自分の利き手側を前に出して斜めに構えましょう。
         
      4.   
        Beat a "Tough" Person in a Fight Step 17というタイトルの画像
        4
        パンチをかわせない場合はダメージを最小限に抑える すべてのパンチをかわすことはできません。かわせないパンチはその衝撃をできる限り吸収して体へのダメージを最小限に抑えましょう。
        • ボディブロー(腹へのパンチ)を受ける時は腹筋を締めて衝撃を吸収しましょう。相手の拳が内臓の真上ではなく、脇腹の筋肉に当たるように体をシフトしましょう。
        • 頭にパンチを受ける場合は、首の後ろの筋肉を縮め顎を前に出しパンチに身を乗り出し額でパンチを受けましょう。額は頑丈です。ただし、こめかみや顎、鼻には決してパンチを受けてはいけません。[16]
         
      5.   
        Beat a "Tough" Person in a Fight Step 18というタイトルの画像
        5
        汚いトリックや致命傷となる攻撃は行わない 明確に認識されているわけではありませんが、男性同士のフェアな戦いにおいては「股間を狙わない」ことが暗黙の了解です。股間へのパンチや蹴りは、目に指を突っ込んだり髪をひっぱったりするのと同様に汚い手口だと認識されています。そのような手を使えば、勝ったとしても友達からは正当な勝利だとは認められないでしょう。
        • 事前の合意がない限り、武器の使用も禁止です。
        • フェアな戦いで顔、頭、首へのパンチは正統な攻撃ですが、公式に認可された試合以外では行わない方が良いでしょう。あごへのアッパーカットやこめかみへのジャブは即勝利をもたらすことができます。しかし永久的な脳の損傷を引き起こす可能性もあります。ファイターのダウンに備えて医療従事者が準備している場合を除き、そのようなテクニックを使うのは考え直すべきでしょう。
         
       

      ポイント

      • 実際の状況を想定してトレーニングすることが重要ですが、ストリートファイトはカオス状態になります。どんなに1人でトレーニングを積んでも実際の場面では役に立ちません。実践に役立つトレーニングをしたい場合は護身術のクラスを取るか、武術の稽古に参加しましょう。[17]
      • ストリートファイトでもフェアな戦いでも勝利を納めるには良いコンディションをキープしておくことが大切です。筋肉モリモリの体を作る必要はありませんが、機敏な動きやある程度のダメージを与えるのに十分な力が重要です。週に数回、エアロビクスと軽い筋力トレーニングの両方を行いましょう。
      • 背の低い格闘家は本質的に背の高い格闘家よりも機敏に動けるという神話がありますが、まともに信じてはいけません。背の低いプロの格闘家が実際により「機敏に」動き回れるのは、自身の身長の低さを補うために日頃から訓練しているからです。
      • フットワークを巧みに使うことがファイトで勝つための鍵です。足を絡めて相手をつまずかせましょう。パンチとキックをブロックするには、両腕で頭の左右両側をガードしましょう。
      • ジムに行けない場合は、ヘッドギア、手袋、マウスピースを準備して友人と(軽く)スパーリングを行いましょう。あなたも友人もおそらく平均的なファイターかもしれませんが、実際の喧嘩の相手も似たようなスキルしか持ち合わせていないでしょう。ただし、スパーリングを実践に役立つ適切なトレーニングと混同してはいけません。間違いなくスキルに鋭さは加わるかもしれませんが、決してプロのファイターになれるわけではありません。それを肝に命じ賢く戦いましょう。
       

       

www.wikihow.jp