アシタノワダイ削除動画@ホンネとタテマエ

新聞やメディアが報じていることは本当に真実なのか?

(実話)天才!志村動物園の放送されない闇を漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

f:id:neko7773:20201009192745j:plain

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

 

www.asitanowadai.com

www.asitanowadai.com

 

(実話)天才!志村動物園の放送されない闇を漫画にしてみた(マンガで分かる)@アシタノワダイ

www.youtube.com

 

 

(不適切飼育を告発)「天才!志村動物園」の白井家”飼い犬に殺処分危機

バラエティ番組「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)の人気コーナー「白井家」で、動物飼育の不適切な実態が「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

「天才!志村どうぶつ園」は番組放送開始から15周年を迎えた人気番組だ。志村けん(69)が園長役、嵐の相葉雅紀(36)が飼育係を務め、毎回動物にまつわる企画を放送している。2012年には「保護者が子どもに見せたい番組」(日本PTA全国協議会)で2位に選ばれた。

 そんな同番組で現在人気なのが「白井家」コーナーである。静岡県浜松市で暮らす白井家は母親の白井由紀子氏、由紀子氏の実母、長女、長男、次男、次女の6人家族。そして由紀子氏が中心になって、身寄りのない動物を引き取り育てており、現在37匹もの犬やヤギ、ウサギや馬などを飼育している。

「2018年9月に、DAIGOや森泉が白井家を訪ね、家の中で放し飼いされている動物たちが紹介されました。白井家のテニスコート8面分の庭や家では盲導犬になれなかったラブラドールレトリーバーなど犬4頭、飼育放棄されたヤギ5頭にウサギが4羽、飼い主の事情で殺処分寸前だった馬など計18頭の動物がのびのびと暮らしていて、かつての“ムツゴロウ動物王国”を彷彿とさせるようでした」(番組関係者)

 

行き場を無くした動物を育てる“神”

 行き場をなくした動物たちを保護し、飼育しているのが由紀子氏だ。その慈悲深い行動から、子供たちは由紀子氏を冗談交じりに“神”と呼んでいる。

「“神”はすごいですよ。朝6時に起床して動物たちの餌やりをし、その後経営する英会話教室に出勤。一日に何度も掃除して、動物の散歩をしてと、息つく暇もない。家族に指示を出しながら、女手一つで白井家を切り盛りしているんです。そして白井家で特に人気なのが、イケメン大学生兄弟の鴻明くんと迅くん。鴻明くんのインスタには13万人近いフォロワーがいるほどです。彼らはヤンキーっぽい見た目ですが、素直に動物の面倒をみている。その姿に好感を持っている視聴者は多い。

 視聴率も上々で、準レギュラーコーナー化し、現在は頻繁に放送されています。白井家には30台もの固定カメラが設置され、撮影スタッフは近くのホテルに泊まり込んで通っている」(同前)

 

 しかし、現地で記者が取材を進めると、テレビには映らない白井家の本当の姿が浮かび上がってきたのだ。

 白井家の近隣住民Aさんが語る。

「テレビ出演前から、白井家のトラブルはありましたが、出演後に急増したんです。以前はなんとかできる範囲で動物を飼育していたようですが、当初18匹だった動物がこの1年で37匹に倍増し、明らかにキャパシティを超えてしまっている。有名なイケメン兄弟の動物への扱いも悪すぎます」

bunshun.jp

「志村動物園のタブー告発」白井家が死んだ愛馬を庭でバラバラに違法解体

志村けん(69)が園長を、嵐・相葉雅紀(36)が飼育係を務める「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)に出演中の白井家で、“馬の違法解体”が行われていたことが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

「白井家」は、子どもたちから“神”と呼ばれる母親の白井由紀子氏が中心となり、家族5人が浜松市にある自宅で約40匹の動物の飼育に悪戦苦闘する様子が人気を博している、「天才!志村どうぶつ園」の準レギュラーコーナーだ。なかでも長男・鴻明氏、次男・迅氏は「イケメン大学生兄弟」としてファンも多い。

 

白井家に新たに浮かび上がった“愛馬の違法解体”疑惑

 しかし今までにも白井家が多くの問題を抱えていることが明らかになっている。「不適切飼育」や「近隣トラブル」、「疑惑の蹄鉄販売」など、その飼育姿勢には疑問を禁じ得ない。

そこで今回持ち上がったのが“愛馬の違法解体”だ。白井家をよく知るAさんが、ショックを隠せない様子で語る。

「由紀子さんに呼び出されたボランティアの人々が白井家に着くと、あたり一帯に異臭が漂っていたそうです。そして彼らの目の前にあったのは白井家の愛馬のバラバラ死体。由紀子さんの指示で、ボランティアがその遺体を運搬させられたそうです」

 その死体は白井家で長年飼育されていたオス馬のフルハートだという。

 

「元々競走馬だったのですが、引退して殺処分寸前だったところを10年前に白井家に引き取られました。フルハートは30歳で、人間で言うと100歳以上の高齢馬でした。白井家の動物の中でも古株で、白井家を象徴するような存在です。人懐っこい性格で子ども好きの優しい馬でした。白井家のみなさんも『志村どうぶつ園』で『家族のようだ』とたびたび語り、可愛がっているようにみえました」(同前)

 

 しかしフルハートは転倒して負った複雑骨折が原因で、1月17日に死亡。フルハートが天国へ旅立つ様子は、2019年2月16日の「天才!志村どうぶつ園」でも放映された。自分たちの成長を家族のように見守ってくれたフルハートの死を、長男の鴻明氏や次男の迅氏がカメラに向かって涙ながらに語っている。

bunshun.jp